インフォメーション & トピックス

  なぜ管理型マネジメントでは価値創造(イノベーション)が生まれにくいのか?
  創造色にあふれた元気で輝く職場をつくるために守るべきセオリーは何か?

 企業の本質は、“持続的に価値を生み出し続けること”です。そして、それを担うのはまさに人の集団です。したがって、価値創造は、“元気で輝く職場をつくりだせるか否かにかかっている”といっても過言ではありません。
 そこで今、経営者一管理者が守るべきセオリーは何か? 日本能率協会が実施してきた研究によれば、それは「人をモノのように管理すること」ではなく、“働くことの喜び”を職場にうみだすことが秘訣となります。
 では、どうすれば“働くことの喜び”を職場にうみだすことができるのか? 本説明会では、その基本セオリーをお示ししながら、セオリーに基づく組織活性プログラムの概要及び実践事例をご紹介いたします。
※併せて、組織活性化、組織力強化のための関連プログラムについてもご説明いたします

会期:2013年9月12日(木)14:00〜17:00
会場:一般社団法人日本能率協会 研修室
定員:先着30名様 参加無料(事前登録制)

詳細内容、申し込み等については下記URLの詳細案内をご参照下さい。

https://www2.jma.or.jp/jma-member/new/n_manage_detail.php?tbl=1&get_no=103