インフォメーション & トピックス

今日の日本の経営において“倫理的思考の欠如”が原因で引責辞任を迫られる経営者が
後を絶ちません。
これからの経営を考えるうえで、組織のトップからボトムまでが倫理的思考を常識として
身につけておかなければ、企業の存続自体が危ぶまれます。

そこで、本コースではビジネスの倫理を「理論」「実践」「制度」の3つの側面から捉え、
学びます。
この3つの側面は決して一つの方向で語られるものではなく、相互に関連しあうことで
深みを増します。
2日間のコースを通して、まずは“ビジネスの現場で役立つ”倫理的思考の醸成をはかり、
それに基づいた経営判断力を養います。
日常的に難しい判断を迫られている管理職層の方々におすすめです。

さらに、これらビジネス倫理を制度として社内に浸透させ、よりよい風土を実現する、
“組織的に学習するためのポイント”を習得できるため、その役割を担う部門の方にも
おすすめします。


http://www.jma.or.jp/edu/leader/course03/course02.html