ニュースリリース

国際物流総合展2010

資料配布先:東商記者会、国土交通省記者会、国土交通省交通運輸記者会、環境省記者クラブ、環境記者会、自動車産業記者会
2010年02月01日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

国際物流総合展2010

アジア最大級の物流・ロジスティクス専門展示会

社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)他、関連6団体は、「国際物流総合展2010」を2010年9月14日(火)から4日間、東京ビッグサイトにおいて開催する。本展は経済活動における重要な役割である物流・ロジスティクスに関する日本で唯一の総合展示会。事務局では、最新の物流システム機器・ソフトウェア・サービスなどを対象に、現在出展者を募集しており、出展申込締切は2010年4月23日(金)となっている。
1994年から隔年で開催し、第9回目を迎える今回は、メインテーマを“豊かな未来を拓くロジスティクスイノベーション〜環境調和とグローバリゼーション〜”とし、企業が抱える「環境対応」と「グローバル化対応」などの課題解決を支援する多数のソリューションを提案する。
今回は、以下の3つの集中展示コーナーとアジアの物流事情に関する講演会の開催を予定している。

1.集中展示「環境にやさしい包装システム」:環境にやさしいをキーワードにした包装に関するコーナー/2.集中展示「グローバルロジスティクスソリューション」:企業活動のグローバル化を支援するコーナー/3.集中展示「安全で環境にやさしいトラック輸送」:安全かつ環境にやさしいトラック輸送を支えるコーナー/4.国際会議「アジア物流事情の講演会」:アジア物流事情の情報発信

予定展示規模は400社/1,800小間でアジア最大級。製造業・流通業を中心に、幅広い業界から経営者層やロジスティクス関係者など、125,000名の入場を予定している。

展示会概要(2010年2月1日現在)
名称:
「国際物流総合展2010(隔年開催)
会期:
2010年9月14日(火)〜 9月17日(金)10:00〜17:00
会場:
東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)東2・3・4・5・6ホール
主催:
社団法人日本産業機械工業会/社団法人日本産業車両協会/社団法人日本パレット協会日本運搬車両機器協会/一般社団法人日本物流システム機器協会/社団法人日本ロジスティクスシステム協会/社団法人日本能率協会
委員会組織:
組織委員会 委員長 張 富士夫 氏(トヨタ自動車株式会社取締役会長)
実行委員会 委員長 昼間 祐治 氏(株式会社IHI代表取締役副社長)
予定展示規模:
400社/1,800小間(前回08年度:406社/1,991小間)
予定入場者数:
125,000名(前回08年度:140,576名)
出展料金(1小間):
357,000円(税込)
※1小間:間口3.0m×奥行き3.0m×高さ2.7m
出展申込期限:
2010年4月23日(金)
 ニュースリリース全文 -->  (232.4KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
社団法人日本能率協会 産業振興本部:共田、山本
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL.03-3434-1988/FAX.03-3434-8076
E-mail:logis-tech2010@convention.jma.or.jp

社団法人日本ロジスティクスシステム協会
普及開発部:松井、星野
〒105-0014 東京都港区芝2-28-8芝2丁目ビル
TEL:03-5484-4021/FAX:03-5484-4031
E-mail:logis-tech@logistics.or.jp

【その他の問合せ先】
広報室:亀山、丸田
TEL.03-3434-8620/FAX.03-3433-0269

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。