ニュースリリース

HRD JAPAN 2010(第29回能力開発総合大会)

資料配布先:東商記者会、経産省記者会
2010年01月25日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

HRD JAPAN 2010(第29回能力開発総合大会)

今を越え、次代を切り拓く〜 変革をリードする人材マネジメントの実行

社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、アジア最大級の人事・人材育成に関するカンファレンス「「HRD JAPAN 2010(第29回能力開発総合大会)」を、2010年2月2日(火)〜5日(金)の4日間、東京国際フォーラム(有楽町)にて開催いたします。
【開催趣旨】
現在の厳しい経済環境のなかで企業が抱える経営課題を解決する一助として、企業の組織、人事、人材育成の方向性や戦略について、人と情報の交流の場を提供いたします。 本大会では経営者や専門家による講演、企業の人事・人材育成関係者による最新事例の発表、パネルディスカッションなどを通じて、これからの組織・人づくりのあり方を考えます。
【内容・特色】
『今を越え、次代を切り拓く 〜変革をリードする人材マネジメントの実行』を統一テーマに、4日間で39セッション、約70社の人事・人材開発に関する先進的な事例発表のほか、人材育成の最新ツール・情報を提供するプレゼンテーションセミナーで構成されています。
今回は、伊藤忠商事株式会社取締役会長の丹羽宇一郎氏、味の素株式会社代表取締役会長の山口範雄氏ほか、経営トップ自らが、自社の取組みを発表するセッションが数多く予定されています。その他にも、研究開発部門や営業部門の人材育成といった人事部門以外の事例発表や、16時50分から行われるイブニングセッションなど、多くの方々にご参加いただけるプログラム内容です。また、今回(29回大会)は参加者の利便性向上のため、遠方からの参加者の声を反映し、昨年までの会場パシフィコ横浜(みなとみらい)らから東京国際フォーラム(有楽町)に移しての開催となります。

HRD JAPAN 2010(第29回能力開発総合大会)概要
会期:2010年2月2日(火)〜5日(金)(4日間)
会場:東京国際フォーラム(有楽町)
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1 TEL:03-5221-9000
対象:人事・人材開発部門担当者、経営者、経営幹部、教育コンサルタント 他
主催:社団法人日本能率協会
後援:経済産業省、総務省、文部科学省、厚生労働省

 
今回のみどころ
厳しい経営環境のなかで成長し続ける企業とは―
●経営のパートナーとしての人材マネジメントのあり方を見つけるヒントが満載 !
●グローバル化・多様化する環境において個々人の能力を活かし組織力を発揮するための事例を紹介 !

2月2日(火) オープニングセッション(10:00〜13:50)
<基調講演>武田薬品工業株式会社 代表取締役社長 長谷川閑史 氏
“グローバル時代を勝ち抜く経営戦略と人材マネジメント”
<基調講演>多摩大学大学院 教授/シンクタンク・ソフィアバンク 代表 田坂広志 氏
“「目に見えない資本主義」−貨幣を超えた新たな経済原理と日本型経営の復活”
2月2日(火)〜5日(金)注目の特別講演
2月2日(火) 伊藤忠商事株式会社 取締役会長 丹羽宇一郎 氏
株式会社藤巻兄弟社 代表取締役社長 藤巻幸夫 氏
2月3日(水) 味の素株式会社 代表取締役 会長 山口範雄 氏
株式会社ポイント 代表取締役社長 石井稔晃 氏
[対談]早稲田大学 競走部 駅伝監督 渡辺康幸 氏
× 神戸大学大学院 経営学研究科教授 金井壽宏 氏
2月4日(木) 日産自動車株式会社 最高執行責任者 志賀俊之 氏
日本コーン・フェリー・インターナショナル株式会社 代表取締役会長 橘・フクシマ・咲江 氏
財団法人日本サッカー協会 名誉会長(キャプテン) 川淵三郎 氏
2月5日(金)株式会社良品計画 代表取締役会長(兼)執行役員 松井忠三 氏
株式会社菱食 代表取締役社長 中野勘治 氏
 ニュースリリース全文 -->  (211.6KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
社団法人日本能率協会 経営・人材本部 HRD JAPAN事務局
担当:小峯郁江・朝日由季
TEL:03-3434-1955(直)FAX:03-3434-6387 E-mail:hrdjapan@jma.or.jp

取材申込窓口
社団法人日本能率協会 広報室
  担当:大和、亀山、丸田

※取材についてのお願い
当日の取材をご希望の場合は、事前に事務局までご連絡ください。また、当日受付も可能です。東京国際フォーラム Hall B 2F プレス用受付 までお越しください。
なお、取材内容を紙誌面・Web上の記事にされる場合は、後日あるいは現地にて、ご講演者あるいは事務局の許可を必ずお取りいただきますようよろしくお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。