ニュースリリース

『チームマネジメント革新“研修プログラム体験会”』(無料)開催


2009年07月06日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

『チームマネジメント革新“研修プログラム体験会”』(無料)開催

卓越したリーダー育成と元気な組織創造を支援

景気の底打ち感が引き続き予測される中で、企業の閉塞感を打破していくには、さらなる卓越したリーダーの育成とチームによる組織創造が重要な経営課題のひとつです。
社団法人日本能率協会(JMA、理事長:中村正己)は、課題解決のナビゲーターになればと、新プログラムを採用し、リーダー育成、チームによる組織創造のためのノウハウやヒントを学んでいただく『チームマネジメント革新“研修プログラム体験会”』(無料)を7月29日(水)に開催します。
日本能率協会は、このほど組織成果を高めるためのチームリーダーに必要な4つの基礎力(信頼力、価値観探求力、対話力、ビジョン構築力)アップを図るための新コンセプトによる研修プログラムを開発いたしました。このプログラムは、最新の4つの人材開発手法「コーチング」「ビジネスエニアグラム」「即興劇手法」「実践心理学:NLP」融合させたもので、強いリーダー育成、チームによる組織創造を容易にします。
本研修会では、参加者に専門の講師がプログラムの特長、導入のポイントなどを説明しながら課題解決のヒントやアドバイスを提供していきます。
ナビゲータ役の専門講師6人は、日本能率協会・経営ソリューション本部長や企業の第一線で組織成果に取り組んでいる経験豊富なコーチ、ファシリテータがあたる実践的体験会です。

*コーチング=人材開発のための技法のひとつで、コーチングを受ける人を目的に導く技術。
*ビジネスエニアグラム=ギリシャ語の数字9が語源。人間の性格は9つのタイプのいずれかに属するというのが基本的な考え方。スタンフォード大学の医学者や心理学者によって研究・整理され、理論化、体系化され自己診断ツールなどに導入された。
*即興劇手法=リーダーとメンバー間の信頼関係形成やコミュニケーション力のアップに有効的な手法。
*NLP=(Neuro Linguistic Programming)1970年代カリフォルニア大学の言語学者と心理学者によって共同開発された実践的心理学手法。

【『チームマネジメント革新“研修プログラム体験会”』の効果】
最新の人材開発プログラムで、専門講師から
1.「チームの絆づくり:チームボンディング」のノウハウのヒントが学べる
2.やる気になるチームビジョンを構築できるノウハウのヒントが学べる
3.明日からすぐ実践できるノウハウのヒントが学べる

【日時】
2009年7月29日(水)13:30〜16:30
【会場】
社団法人日本能率協会 研修室
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 Tel:03-3434-6211(代表)
【募集定員】
40名(無料、1社2名様以内)*定員になり次第締め切らせていただきます。
【問い合せ先】
社団法人日本能率協会 経営ソリューション本部(担当:伊藤)
Tel:03-3434-6616(直通)
※取材のお問い合わせは、本紙下記の広報室までご連絡ください。
【参加対象】
経営幹部及び人事部・総務部の研修企画スタッフの方々
【スケジュール】
13:30(はじめに)・課題解決ナビゲータについて
14:00(チームマネジメント革新研修プログラム4つの体験)
1.実践心理学(NLP)の体験→ビジョン構築力アップ
2.コーチング体験→対話力アップ
3.即興劇の体験→信頼力アップへ
4.ビジネスエニアグラム→価値観探求力アップへ
15:30(チームマネジメント革新 フォローシステム)
16:00(チーム力強化に関する自由討議)・質疑応答 個別相談
16:30(終了)
                                
 ニュースリリース全文 -->  (25.1KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
社団法人日本能率協会(JMA)
広報室(担当:亀山・丸田)
Tel:03−3434−8620/Fax:03−3433−0269
※ご取材希望がありましたら、事前に上記までご連絡ください。
※記事掲載の際は、見本誌を一部上記宛にお送りくださいますようお願い申しあげます。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。