ニュースリリース

「第1回 駅と空港の設備機器展」「バス車両と運行システム展」 「TECHNO-FRONTIER 2016集中展示次世代モビリティ展」 2016年4月20日より幕張メッセで初開催


2016年03月09日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会 産業振興センター

「第1回 駅と空港の設備機器展」「バス車両と運行システム展」 「TECHNO-FRONTIER 2016集中展示次世代モビリティ展」 2016年4月20日より幕張メッセで初開催

〜注目の「第2回国際ドローン展」 同時開催〜


 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、2016年4月20日(水)〜22日(金)の3日間、千葉市・幕張メッセで、「駅と空港の設備機器展」「バス車両と運行システム展」および「次世代モビリティ展」(TECHNO-FRONTIER 2016集中展示)を初開催します。
 また、昨年初めて開催し、注目を集めた「国際ドローン展」も規模を拡大して同時開催します。

 小会ではこれら分野の技術革新と製品・システムの普及促進を図り関係者相互の交流や商談を通じ、産業発展の一助となるべく、上記展示会を開催することといたしました。
 ユーザ側のさまざまなニーズや課題について、出展企業の保有する技術・サービスにより課題解決が実現することが期待されます。

 会期3日間で3万2,000人の来場を予定しています。

               ドローン(無人航空機)の産業利用に焦点をあてた専門展示会
               「第2回国際ドローン展」
               〜初開催の前回を上回る規模の約70社が出展〜

 ◆「国際ドローン展」は、物流・輸送、警備・監視、巡視・点検、災害対応、計測・観測、農林水産など多岐にわたる
  産業分野におけるドローン(無人航空機)の利用に焦点を当て、ドローン本体、構成技術、産業応用事例までを一堂に
  紹介するショー&カンファレンスです。
 ◆69社/124ブース(前回:50社/67ブース)と、初開催となった前回を上回る規模で開催。
  ドローンの産業利用に焦点を当て、実際のビジネスとしてドローンが活用されている事例を紹介します。
 ◆大好評企画「ドローン飛行デモンストレーション」では、スラム(Simultaneous Localization And Mapping)
  搭載機体によるインフラ点検デモ、ジオラマを持込み会場での空撮測量による3次元マッピングなどを行います。
 ◆4月22日(金)には、特別講演会「ドローンセッション」を開催。(展示ホール4)
  国家戦略特区としてドローンを活用した都市活性化が注目を集める千葉市長 熊谷俊人氏による講演、
  十勝岳火口調査におけるUAV活用の事例、航空法改正にて注目の集まる無人航空機の安全ルールの講演、
  ドローンの普及とともに安全利用が求められる電波利用についての講演の4テーマで行われる予定です。


               <新規開催>駅と空港の施設・設備・システムの専門展示会
               「第1回駅と空港の設備機器展」「集中展示バス車両と運行システム展」

 ◆「第1回駅と空港の設備機器展」は国内旅客や訪日外国人の、駅や空港ターミナルの利便性とサービス向上のための
  設備・システムの普及促進のため今回新たに開催します。
 ◆駅と空港に焦点をあて、駅構内や空港ターミナル内で利用される最新の設備・システムを紹介します。
 ◆旅客・観光需要を担う「バス」にも注目し、車両技術と運行に関する設備・システムも集中展示します。
 ◆42社/60ブース(うち集中展示 バス車両と運行システム展:7社/7ブース)の規模で開催します。
 ◆渋谷のまちづくり、新宿駅南口整備事業、成田国際空港の取組みなどのテーマで特別講演会を開催します。



             メカトロニクス・エレクトロニクス分野の要素技術と製品設計を支援する専門技術展
             「TECHNO-FRONTIER 2016」
             集中展示(初開催)「次世代モビリティ展」

 ◆今年のTECHNO-FROTNIERは・・・・・・
  国内外の業界を代表する各種部品、ソフトウェア、材料メーカなど、併設展も合せると総勢約500社が出展予定。
  本年は、センサ、モーション関連の製品が充実しています。また、パワー半導体や、ワイヤレス給電、
  エネルギー・ハーベスティング技術の製品展示も増えており、新しい技術動向や製品紹介が活発に行われ、
  年度の初めに事業展開を考える技術者必見の催しとなっています。
 ◆集中展示「次世代モビリティ展」に注目!
  環境対応、高齢者・移動制約者のサポートなど、小型電動車両への社会的ニーズが高まっている中、今回新たに
  「次世代モビリティ」に関する集中展示を行います。
  <集中展示「次世代モビリティ展」のみどころ>
   小型モビリティ、パーソナルモビリティに代表されるモビリティの展示と活用シーンを想定したデモンストレーションを
   会場内(展示ホール4)で行います。(企画協力 東京大学生産技術研究所 須田研究室)
 ◆自動車カットモデル展示コーナー
  トヨタ「アクア」、日産「リーフ」、ホンダ「フィット」の車両ハーフカットモデルのほか、
  フォルクスワーゲン、マツダ、日野のエンジン単体カットモデル展示を実施します。
                                (企画協力 埼玉自動車大学校)
 ◆企画展示 IoTが拓く次世代のものづくりの世界
  「つながる」をキーワードとして、装置の相互連携と工場など、複数拠点の連携による生産性向上、
  装置の予防保全にも活用可能な、次世代のものづくりの世界をCNCなどの実機を展示し再現します。
                                 (企画協力 ファナック)

■全体概要■

開催期間 :2016年4月20日(水)〜22日(金) 10:00〜17:00
展示会構成:第1回駅と空港の設備機器展(初開催) 集中展示 バス車両と運行システム展(初開催)
      第2回国際ドローン展         第2回IoT Tech
      TECHNO-FRONTIER 2016
      第34回モータ技術展 、第25回モーションエンジニアリング展、第9回メカトロニクス技術展
      第25回組込みコンピュータ展、第31回 電源システム展、第8回バッテリー技術展
      第7回エネルギー・ハーベスティング技術展、第29回EMC・ノイズ対策技術展
      第18回熱設計・対策技術展、第11回設計支援システム展、第2回マシンビジョンテクノロジー展
      <集中展示>次世代モビリティ展(初開催)
            センシング技術ゾーン、ワイヤレス給電技術ゾーン
      <特別企画>産学官交流技術移転フォーラム、日本の匠技術展
会  場 :幕張メッセ(幕張・千葉) 展示ホール4〜8 
主  催 :一般社団法人日本能率協会 協  賛 関連81団体
展示規模 :497社/987ブース ※全展示会合計(2016年3月4日現在)
予定来場登録者数:32,000人 ※全展示会合計(2015年実績:32,698人)
来場方法 :¥3,000(税込)
      ※ホームページ( http://www.jma.or.jp/tf )からの事前登録証または招待状持参者および学生は無料
同時開催 :TECHNO-FRONTIER 2016 技術シンポジウム/第2回国際ドローンシンポジウム
 ニュースリリース全文 -->  (579.5KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
 TECHNO-FRONTIER他各展示会事務局(担当:和田、山本、中野)
 一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内
 〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22  TEL: 03-3434-0587 / FAX: 03-3434-8076
 E-mail: tf@convention.jma.or.jp / ホームページ: http://www.jma.or.jp/tf/
 ※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。