ニュースリリース

電子・機械部品の展示会「TECHNO-FRONTIER 2015」今年は5月20〜22日、幕張メッセで


2015年04月24日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

電子・機械部品の展示会「TECHNO-FRONTIER 2015」今年は5月20〜22日、幕張メッセで

IoT、ワイヤレス給電、ロボティクス技術など、注目の企画も目白押し!

一般社団法人日本能率協会は、2015年5月20日(水)〜22日(金)に幕張メッセ(千葉県千葉市)で、電子・機械部品の展示会「TECHNO-FRONTIER2015(テクノフロンティア)」を開催します。

本展示会は、33回目を迎える「モータ技術展」をはじめ、「電源」「EMC・ノイズ対策」「モーション・エンジニアリング」など10分野で構成される展示会です。
約500の企業・団体が出展するスケールの大きさと、最新の技術動向が学べる技術シンポジウムが同時開催されるイベントとして、研究開発や設計、生産、製造に関わるエンジニアから支持を得ており、毎年約3万人が来場します。

現在、ホームページhttp://www.jma.or.jp/tflで展示会入場料¥3,000が無料になる来場事前登録を受け付けています。

<テクノフロンティア2015 今年のみどころ>
 会場を東京ビッグサイトから幕張メッセに移して開催する今年は、約500社が出展。新規出展企業は約120社。また、100社以上が、本邦初公開の製品展示を予定しています。
特に、パワー半導体については、各社ともSiC、GaNなどのあたらしい材料を使った最新のパワー半導体技術とその応用製品を強化しており、本展でも数多くの新製品が紹介されます。
電力供給に関する分野では、ワイヤレス給電、USB経由の給電、直流給電などの実演、提案が行われます。
モータに関する分野では、100社を超える企業が出展。産業用途を主としたモータとモータドライブに関する新しい技術の紹介と各社の製品展開が紹介されます。
また、今年は、表面処理、材料、加工などの技術、マシンビジョンなどの話題の光学技術や部品、IoTやデータセンタなど、新しい需要を喚起する分野にも注目です。産業用途の各種機器の開発に必要な技術・製品動向を網羅的に把握できる構成となっています。

★特別講演
5月21日(木)は「IoT DAY」。あらゆるモノに通信機能を持たせて付加価値を高めるIoT(モノのインターネット)。注目の「IoT」最前線〜日本版Industry4.1への展望を解説します。
5月22日(金)は「ワイヤレス給電技術DAY」。スマートホンや自動車などで実用化が進むワイヤレス給電の注目される標準化の動向や、技術開発について紹介します。
【プログラムはこちらから】

★ロボティクス最先端技術コーナー
「自律制御」「人との共生」をテーマに、最先端技術が搭載された各種ロボットによるデモンストレーションと特別講演会を行います。
【展示内容はこちらから】

■ 開 催 概 要
TECHNO-FRONTIER 2015 (テクノフロンティア2015)
<専門展示会>
第33回 モータ技術展
第24回 モーション・エンジニアリング展
第 8回 メカトロニクス技術展
第24回 組込みコンピュータ展
第30回 電源システム展
第 7回 バッテリー技術展
第 6回 エネルギー・ハーベスティング技術展
第28回 EMC・ノイズ対策技術展
第17回 熱設計・対策技術展
第10回 設計支援システム展
<集中展示>センシング技術ゾーン、ワイヤレス給電技術ゾーン
<特別企画>産学官交流技術移転フォーラム

開催期間: 2015年5月20日(水)〜22日(金) 10:00〜18:00
会  場: 幕張メッセ(幕張・千葉) 5〜8ホール 
主  催: 一般社団法人日本能率協会
協  賛: 関連82団体
展示規模: 約500社
予定来場登録者数: 32,000人
来場対象: 各種機器・装置メーカーの開発設計者、生産技術者、資材・購買担当者、研究者等
来場方法: ¥3,000(税込)
ホームページhttp://www.jma.or.jp/tflからの事前登録証または招待状持参者および学生は無料
同時開催: TECHNO-FRONTIER 2015 技術シンポジウム (幕張メッセ4ホール)
 ニュースリリース全文 -->  (432.5KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
TECHNO-FRONTIER事務局(担当:和田)
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 
TEL: 03-3434-0587 / FAX: 03-3434-8076
E-mail: tf@convention.jma.or.jp / ホームページ: http://www.jma.or.jp/TF

※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。