ニュースリリース

第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(英語力)結果

資料配布先:経済産業記者会、経済産業省ペンクラブ、財界記者会、東商記者クラブ
2015年03月24日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(英語力)結果

外国人と働くには「英語のコミュニケーションが最重要」と考えるも、実践できる人は1割にとどまる

企業の人材育成やものづくり革新、調査・システム開発などの経営支援サービスを提供する日本能率協会グループは、このたび、全国のビジネスパーソン1000人に対して意識調査を行いました。この調査は働く人びとに焦点を当て、その時々の旬の話題をデータで紹介するシリーズです。

今回の調査から、外国人と一緒に働くには「英語でコミュニケーションをとれる」ことが重要と考えている人が最多(37.2%)なものの、実践できている人は1割(12.4%)にとどまることが分かりました。9割は仕事で英語を使う環境におらず、また、8割は英語力の維持・向上のためには何もしていないという、英語力と学習意欲に関しては心もとない結果が得られました。ただし、外国人同僚のいる人は総じて英語への意識が高く、過半数は「英語を使って仕事の幅を広げたい」と考えています。

経営のグローバル化が叫ばれる一方、現場のビジネスパーソンの意識が追い付いていません。グローバルに活躍するには、意思疎通のための英語が欠かせないのも現実です。企業側は、継続的なスキルアップ支援による語学力の底上げに加え、仕事で実践する機会を与える、外国人を採用し職場に刺激を促すなどのモチベーションを引き出す工夫も求められます。

■ニュースリリース全文はこちらから

1)4割近くが外国人と働くうえで重要なのは「英語でコミュニケーションをとれること」と考えるも、
実践できる人は1割にとどまる。外国人同僚のいる人は、5割が英語を重視。


2)2.9割の人は「仕事で英語を使っていない」。
英語使用者の割合は、勤務先の従業員規模、年収に比例する傾向


3)外国人同僚がいる人の半数は「英語を使って仕事の幅を広げたい」。
一方、外国人同僚がいない人の半数は「英語を使って仕事の幅を広げたいと思わない」


4)8割の人が英語力の維持・向上のためには「何もしていない」。
取り組んでいる人の学習法は「教材や書籍で独学」「英語でテレビ・映画視聴」など


※「第4回ビジネスパーソン1000人調査」(調査期間2014年12月1日〜8日)の結果は、下記3テーマでニュースリリースを発表いたしました。
「仕事の生産性」(2015年1月22日発表)

「ダイバーシティ」(2015年2月10日発表)

「英語力」(2015年3月24日発表)
 ニュースリリース全文 -->  (868.5KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
日本能率協会グループ 広報委員会(担当:亀山 TEL:03-3434-8620)
〒105-8522東京都港区芝公園3-1-22 一般社団法人日本能率協会内
Email:jmapr@jma.or.jp

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。