ニュースリリース

日本から世界へ、和食の魅力を発信〜「和食産業展 2015」 3月4日より幕張メッセで初開催


2015年01月28日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会 産業振興センター

日本から世界へ、和食の魅力を発信〜「和食産業展 2015」 3月4日より幕張メッセで初開催

<FOODEX JAPAN 2015(第40回国際食品・飲料展)と同時開催>

 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、3月4日(水)〜6日(金)の3日間、幕張メッセ(千葉県千葉市)で、「和食」に関連する食品・飲料、調理機器、食器などを集めた展示・商談会「和食産業展2015」を初開催します。
 本展は、歴史と伝統のある和食文化の継承と発展、および海外への和食文化の普及を通し、わが国の食品・飲料をはじめとする関連産業のさらなる振興を図ることを目的として、初めて開催するものです。

 2013年に和食がユネスコの無形文化遺産に登録され、今、世界的に和食や日本の食文化に対する関心が高まっています。また、2014年の訪日外国人旅行者は1,340万人を超え、訪日外国人に向けた和食ビジネスにも追い風が吹いています。
 こうした背景から、今回は52社が、農産品、水産・畜産品、調味料、厨房機器、調理器具、食器などを紹介します。
 あわせて、和食の分野の第一線に立つ料理人や専門家らが、和食の魅力と最新動向などを披露する「和食ステージ」を開催します。
 会期3日間で、国内外の商社・卸、外食、ホテル、旅館関係者ら7,500人の来場を見込んでいます。

 現在、現在、公式ホームページ http://www.jma.or.jo/washoku で展示会への入場登録料5,000円が無料になる来場事前登録、また招待状請求を受け付けています。


≪展示会のみどころ≫

1.和食に関する製品が一堂に!食材からお客様のおもてなしまで
2.一流料理人のこだわりと研ぎ澄まされた技を披露、
  和食文化の継承と海外への普及を考える場「和食ステージ」



※詳細は下記全文PDFをご覧ください。

<開催概要>

展示会名:和食産業展 2015
主  催:一般社団法人日本能率協会
企画協力:一般社団法人国際観光日本レストラン協会
開催期間:2015年3月4日(水)〜6日(金) 10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
会  場:幕張メッセ 10ホール
展示規模:52社・70小間 ※共同出展含む
来場対象:国内外の商社・卸、外食、ホテル、旅館関係者
     ※本展示会は、食品業界関係者を対象としています。一般の方はご入場できませんので予めご了承ください。
来場方法:¥5,000(税込)
     ※ホームページ( http://www.jma.or.jp/washoku )からの事前登録証または招待状持参者は無料
同時開催:◆FOODEX JAPAN 2015(第40回 国際食品・飲料展)/幕張メッセ 1〜8ホール
     ◆中国食品飲料展2015/幕張メッセ 9ホール
     ◆フードパック&ロジスティクス2015/幕張メッセ 10ホール
 ニュースリリース全文 -->  (547.8KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
和食産業展事務局(担当:富浦)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 一般社団法人日本能率協会 産業振興センター
TEL: 03-3434-1377/FAX: 03-3434-8076/E-mail : washoku@ jma.or.jp
※取材の問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。