ニュースリリース

宿泊・外食・中食・給食産業向け合同専門展示会「HCJ2015」


2015年01月23日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会 産業振興センター

宿泊・外食・中食・給食産業向け合同専門展示会「HCJ2015」

「外客対応・対策EXPO」新設 2月17日から東京ビッグサイトで開催します


 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)と宿泊・飲食関連8団体は、2015年2月17日(火)〜20日(金)に、東京ビッグサイト(東京都江東区)で、食とホスピタリティの専門展示会『HCJ2015《エイチ シー ジェー 2015》』を開催します。
 本展は、宿泊/レジャー産業(ホテル、旅館、ブライダルなど)・外食/中食産業(レストラン、居酒屋、惣菜など)・給食産業(病院・福祉・産業・学校施設など)を対象とした国内最大級の展示会で、「第43回国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN《ホテレス・ジャパン》)」「第36回フード・ケータリングショー」「第15回厨房設備機器展」の3つで構成されています。

 2014年、訪日外国人旅行者数が年間1,340万人に達しました。今後もビザの緩和や消費税免税制度などの政策により、人数の増加はもちろん、国籍も多様化することが予想されます。宿泊・飲食業界にとっては、大きな追い風になると同時に、外国人旅行者の対応が喫緊の課題となっています。こうした中、今回新たに外国人旅行者対応に向けた「外客対応・対策EXPO」を初開催します。

 全体では、747社(1,831小間)が出展します(1月23日現在)。厨房設備・機器ゾーンをはじめ、客室備品・家具・インテリア・エクステリア、衛生・クリンリネス・食中毒対策、テーブルウェア、ITシステム・機器など、カテゴリーごとのゾーンで、最新の製品・サービスを展示します。
 会期4日間で、業界関係者約5万5,000名の来場を見込んでいます。

 現在、公式ホームページhttp://www.jma.or.jp/hcjで展示会への入場登録料3,000円が無料になる来場事前登録、また招待状請求を受け付けています。


第一線で活躍するシェフが実演! 製品の特長をわかりやすくアピール
 最大のゾーンは、約160社が出展する「厨房設備・機器ゾーン」。2020年に向け、飲食業界も新たな機器導入に積極的になっています。各厨房機器メーカーもそれに応えるべく、最新の設備・機器を展示。第一線で活躍するシェフらが実演を通じ、製品の良さをアピールします。
◆「省エネ+高効率」が今年もキーワードに
 レンジ、オーブン、スチーム・コンベクションオーブン、炊飯器、冷凍・冷蔵庫をはじめ厨房に関するあらゆる製品が揃います。各社とも「省エネ+高効率」で涼しくて快適に作業ができる厨房機器に力を入れています。
◆食材や調理における高度な衛生管理を可能にする各種機器も必見
 食材の運搬や保存に際しての保冷・保温ボックス、丸洗い可能なラック・盛りつけ台、食材の洗浄機器、浄水器など、安心・安全な食の提供に欠かせない製品が紹介されます。

外国人に向けた“おもてなし”ノウハウ(便利なアイテム)が一堂に!
「外客対応・対策EXPO」初開催!
 今回初開催の展示。翻訳システム、無線通信システムなど、26社が出展。外国人旅行者がストレスを感じずに情報収集やコミュニケーションが可能になる製品・サービスが揃いました。
<主な出展企業・製品>
◎多言語翻訳関連
 ソフトバンク・テクノロジー(iPad専用メニュー多言語化アプリケーション)
 アビリティコンサルタント インバウンド事業推進室、インフォキュービック・ジャパン、八楽(多言語ホームページ制作)
 エクスウェア(日本語で作成したメニューを多言語に翻訳、電子メニューやメニューブック印刷)
 エジソンハードウェア(4カ国語で使用できる避難誘導メガホン)
 エニドア、Gengo、ビーコス(クラウドソーシング人力翻訳サービス)
 NTTドコモ(店舗接客向け多言語翻訳アプリケーション)、野毛印刷社、T.J.Promotion
 セカイメニュー、大日本印刷(多言語対応セルフオーダーシステム)、クロスランゲージ
◎外国人旅行者向け情報提供
 昭文社(英語、中国語[簡体字、繁体字]、韓国語、タイ語の5言語対応の観光アプリ)
◎通信システム関連
 アサヒ飲料(Wi-Fi搭載型自動販売機<フリーモバイル>)
 エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(Wi-Fiクラウドサービス)
 ビーマップ(公衆無線LAN関連ソリューション)
◎専門人材派遣・研修関連
 キャプラン
◎両替、免税販売関連
 J&J事業創造(訪日外国人向けの免税販売における書類作成システム)
 日本シーディーアール(自動外貨両替機、紙幣鑑定機)
 BOSTEC(外国語対応券売機)ほか


インバウンドに関するセミナーも開催

デザインで魅せる〜最新のホスピタリティデザイン〜
 首都圏を中心にホテル・旅館の新設や改装が進んでいることを受け、今年は、客室備品・家具・インテリア・エクステリア・商環境設備ゾーンが拡大。昨年から20社増の97社が出展します。
 照明関連(インテリア照明、LED照明器具など)、香り関連(客室用香りディフューザー、消臭スプレーなど)、和風インテリア関連(古民具再生、和風客室備品・インテリアなど)で、出展が増加しました。


デザインに関するセミナーも開催「ホスピタリティデザインセミナー」

洗練された「技能・技術」〜日本のおもてなしの神髄〜
 細やかで心のこもった日本のおもてなし技術・技能は、世界からも高く評価されています。
 今回は、新たに「ブライダル」のイベントを開催。洗練された “技”を競います。日々鍛錬を重ねてエントリーした出場者たちの素顔も必見です。
◎2月17日(火)
「ジャパン ラテアート チャンピオンシップ2015」
「ジャパン コーヒー イングッド スピリッツ チャンピオンシップ2015」
◎2月18日(水)
「第20回『日経レストランメニューグランプリ決勝』」 テーマは「プロが創る驚き」
◎2月19日(木)
「第9回HRSサービスコンクール2015」
◎2月20日(金)
「ブライダルイベント Cool Bridal Coordinate 2015〜ブライダル・コーディネーターのお仕事〜」


出展各社の企業情報・製品情報の詳細は、公式ホームページに掲載しております。
http://www.jma.or.jp/hcj/

<開催概要>
展示会名および主催:HCJ2015
          『第43回 国際ホテル・レストラン・ショー』
          (主催:一般社団法人日本能率協会、一般社団法人日本ホテル協会、一般社団法人日本旅館協会、
          一般社団法人国際観光日本レストラン協会、公益社団法人国際観光施設協会)
          『第36回 フード・ケータリングショー』
          (主催:公益社団法人日本給食サービス協会、一般社団法人日本弁当サービス協会、
          公益社団法人日本メディカル給食協会、一般社団法人日本能率協会)
          『第15回 厨房設備機器展』
          (一般社団法人日本厨房工業会、一般社団法人日本能率協会)
          第1回外客対応・対策EXPO ONSEN SPA&JAPAN
開催期間:2015年2月17日(火)〜20日(金) 10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
会  場:東京ビッグサイト 東1〜6ホール
展示規模:747社/1,831小間(前回781社/1,859小間)
来場方法:¥3,000(税込)※ホームページからの事前登録証、または招待券持参者は無料
同時開催:第7回国際PB・OEM開発展/男の雑貨&ライフスタイルEXPO(東4ホール)
 ニュースリリース全文 -->  (828.2KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内
HCJ三展合同事務局(担当:堀内、富浦)
〒105-8522東京都港区芝公園3-1-22 TEL:03-3434-1377 /FAX: 03-3434-8076
E-mail : hcj@convention.jma.or.jp
※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620/担当:斎藤)へお願いいたします。
※会場写真などご要望の際は、広報室までご一報ください。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。