ニュースリリース

「IoT」「データセンター」「画像、光学機器・部品」「日本の匠技術」に関する専門展示会を初開催します。関連製品・サービスの出展を募集


2014年12月11日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

「IoT」「データセンター」「画像、光学機器・部品」「日本の匠技術」に関する専門展示会を初開催します。関連製品・サービスの出展を募集

〜2015年5月、TECHNO-FRONTIER2015と同時開催〜

 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、2015年5月20日(水)〜22日(金)に、幕張メッセ(千葉県千葉市)で、「IoT(Internet of Things、モノのインターネット)」「データセンター」「画像、光学機器・部品」「日本の匠技術」のテーマで、新たに5つの専門展示会を開催します。

 これらは、電子・機械部品の専門展示会「TECHNO-FRONTIER 2015(テクノフロンティア)」と同時開催します。TECHNO-FRONTIER は、「モータ技術展」「電源システム展」など、要素技術の10の専門展示会などで構成され、研究開発や設計、生産、製造に関わるエンジニアなど、毎年約3万人が来場しています。
 製造業に加え情報通信、医療、インフラなど、業界を超えての技術情報交流を見込んでいます。また、同時開催により、展示規模の拡大による来場動員の強化を図ります。


IoT Tech2015 (http://www.jma.or.jp/iotdata

 あらゆるモノに通信機能を持たせて付加価値を高めるIoT(モノのインターネット)。製造業のみならず、医療、防災、環境、教育などさまざま生活の場面での活用が期待されています。
 本展は、センサ、ネットワーク、データベースデータサーバ、データウェアハウスなど、IoTのキーテクノロジーとなるデータ収集・解析に必要な技術・製品・サービスを一堂に集めた展示会です。

●出展対象:各種センサ、有線・無線ネットワーク、データベースデータサーバ、データウェアハウス、
      サポートサービス、各種ソフトウェア、M2M、セキュリティ、ストレージ、クラウド、コンサルティング

●来場対象:各種機器・装置メーカ、インフラ、医療、システムインテグレータ、システムベンダ、通信サービス、他


データセンター設備機器展2015 (http://www.jma.or.jp/iotdata

 ICTの進展に伴い、デジタルデータが増大しています。また、クラウド化への対応に向け、より処理能力の高いデータセンターの需要が高まっています。
 一方、データセンター稼働にかかるエネルギー効率の向上や、災害やリスク対策が課題となっています。
 本展は、データセンターの新設、移設、分散、リニューアルに必要不可欠な、設備機器・サービスを一堂に集めた展示会です。

●出展対象:◆設備機器(ラック、電源、UPS、空調機器/冷却装置・機器、自家発電装置、各種省エネ機器、
       免震装置、スイッチ/ルータ、ネットワーク関連製品、他)
      ◆運用管理サービス(コンサルティング、運用管理、データ処理、セキュリティソリューション)
      ◆データセンター誘致

●来場対象:システムインテグレータ、ゼネコン、各種機器・装置メーカ、通信、ICT、インターネットプロバイダ、
      電機、ユーザ(金融、通販等)、他


マシンビジョンテクノロジー展2015 (http://www.jma.or.jp/visionopt

 部品の検査やプロセス制御など、マシンビジョン技術は、自動車や半導体製造などの産業用途はもちろん、ライフサポートやセキュリティ、社会インフラへの活用が期待されています。
 本展は、画像などの撮像、認識、情報処理、記録、伝送といったマシンビジョン技術・製品・サービスを一堂に集めた展示会です。

●出展対象:◆撮像(画像センサ、画像出力装置、画像検査装置、産業用カメラレンズ、画像入力ボード、
       各種ディスプレイ装置)
      ◆認識(画像認識、文字認識、音声認識、空間認識)
      ◆情報処理(画像処理装置・ソフト、画像解析、構築ツール)
      ◆画像記録装置(画像保存システム、画像圧縮装置・ソフト、ディスクレコーダー)
      ◆画像伝送機器(遠隔監視システム、通信システム、通信ボード)

●来場対象:各種機器・装置メーカ(自動車/車載機器、エレクトロニクス機器、通信、工作機械、医療/福祉機器、
      電力・重電関連機器、FA機器、ロボット、他)


オプトエレクトロニクステクノロジー展2015 (http://www.jma.or.jp/visionopt

 あらゆるモノを画像として正しく認識し、電気信号として処理するためには、光源、レンズ、カメラといった部品の性能をいかに高めるかが重要です。
 本展は、オプティクス(光学)とエレクトロニクス(電子工学)の融合技術であるオプトエレクトロニクス技術・製品を集めた展示会です。

●出展対象:◆光源(各種レーザ(半導体、YAG、ファイバ等)、LED、有機EL)
      ◆光素子/部品(レンズ/フィルタ、ミラー/プリズム、各種光ファイバ、光コネクタ、光受動部品、
       光ディスク媒体、スキャナ、光集積回路)
      ◆材料(結晶、ガラス、セラミックス、シリコン、プラスチック/有機材料、化合物半導体)
      ◆光機器/装置(光測定器、光応用計測器、光伝送機器/装置、分光/分析装置、光学機器、
       光ディスク装置、カメラ/ディスプレイ機器/装置、画像処理機器/装置、レーザ応用生産装置、
       除振台/光学テーブル、位置決め装置、光実験機器/装置

●来場対象:各種機器・装置メーカ(自動車/車載機器、エレクトロニクス機器、通信、工作機械、
      医療/福祉機器、電力・重電関連機器、FA機器、ロボット、他)


日本の匠技術展2015 (http://www.jma.or.jp/takumi

 高品質・高付加価値なものづくりの実現には、主に中堅・中小企業が保有する極小、極薄、超軽量といった特殊製品や、微細加工、射出形成、めっきなどの高い加工技術なくして成り立ちません。
 本展は、特殊製品や、加工技術、素材・化学など、日本のものづくりをさらに強化するための製品・技術を一堂に集めた展示会です。

●出展対象:◆製品(極小・極薄・超軽量などの特殊製品、小ロット・短納期製品、金型用部品等)
      ◆加工技術(微細加工、射出形成、熱処理、鍛造・鋳造・転造、ダイカスト、切削加工、めっき、プレス加工等)
      ◆素材・化学(金属、繊維、樹脂、セラミック、添加剤、塗料等)
      ◆計測・試験機器・技術
      ◆解析・分析機器・技術
      ◆検査・評価機器・技術、他

●来場対象:各種機器・装置メーカ(自動車/車載機器、エレクトロニクス機器、通信、工作機械、医療/福祉機器、
       電力・重電関連機器、FA機器、ロボット、他)

会  期:2015年5月20日(水)〜22日(金)10:00〜18:00
会  場:幕張メッセ
主  催:一般社団法人日本能率協会
予定規模:出展者数:100社/来場予定者数:10,000人(5展あわせて)
出展料金:日本能率協会会員:410,400円/1小間(間口2.97m×奥行2.97m×高さ2.7m)
(税8%込)会員外     :464,400円/1小間(間口2.97m×奥行2.97m×高さ2.7m)
              ※2小間以上出展の場合は、小間単価の割引があります。
申込締切:2015年1月16日(金)
同時開催:TECHNO-FRONTIER2015
     第33回 モータ技術展       第24回 モーション・エンジニアリング展
     第 8回 メカトロニクス技術展   第24回 組込みコンピュータ展
     第30回 電源システム展      第 7回 バッテリー技術展
     第 6回 エネルギー・ハーベスティング技術展
     第28回 EMC・ノイズ対策技術展 第17回 熱設計・対策技術展
     第10回 設計支援システム展
     TECHNO-FRONTIER2015技術シンポジウム

なお、各展示会への入場登録料はいずれも、3,000円(税込)を予定しています。(ただし招待状持参者、事前登録者および学生は無料)
 ニュースリリース全文 -->  (387.9KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター (担当:和田、山本、中野)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 TEL: 03-3434-0587/FAX: 03-3434-8076
※取材に関するお問い合せは、広報室(担当:斎藤/TEL:03-3434-8620)へお願いします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。