ニュースリリース

「INCHEM TOKYO 2013」 「ものづくりNEXT↑2013」 10/30開幕!


2013年10月21日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

「INCHEM TOKYO 2013」 「ものづくりNEXT↑2013」 10/30開幕!

2展示会 同時開催で790社出展・3万7千名来場

 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、10月30日(水)〜11月1日(金)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)において、化学・環境エンジニアリングの展示会「INCHEM TOKYO 2013」(インケム東京)と、工場・社会インフラの見える化技術と設備保全の展示会「ものづくりNEXT↑2013」(ものづくりネクスト)を同時開催します。
 工場・プラント・設備や、道路・橋・トンネルなどの社会インフラに関する課題を解決するための製品・サービスを一堂に展示。設計者やエンジニアなど3万7,000人の来場を予定しています。


          << 注 目 ポ イ ン ト >>

【ものづくりNEXT↑】
高所・閉所でも活躍するロボット点検機器!タブレットなどを用いて遠隔操作

 道路・橋・下水道などの社会インフラの老朽化が大きな課題となっています。しかしこうした設備は、高所や立入禁止箇所にあることが多く、点検に非常に手間がかかります。
 そこで、ロボット技術やセンサー技術などを活用して、遠隔操作でも確実に検査できる機器が登場。 社会インフラの点検はもちろん、化学プラントや発電所などでも高経年設備が増えており、産業用途としても期待されています。
事故や故障を未然に防いで設備の安定稼働を実現!最新の計測・診断システム
 プラントなど生産設備の老朽化への対応が、いま日本のものづくり企業の大きな課題となっています。
 この課題解決の第一歩が「見える化」。設備の現状を最新の技術を使って計測・診断することで、突発トラブル、歩留まりの悪化、工期の遅れなどを回避することができます。
 会場では、設備の安定稼働に欠かせない最新の設備診断・保全システムが揃います。

【INCHEM TOKYO】
アジアの専門家が日本の水処理技術に期待!関連製品も必見

 いまアジアをはじめとする新興国から、日本の高い水処理技術に対する期待が高まっています。
 会場では、国際連合工業開発機関(UNIDO)が海外で取り組んでいる水関連事業の紹介をはじめ、インドネシア、カザフスタン、ミャンマーの専門家から各国事情の紹介やプレゼンなどを予定。
 10月30日(水)には、各国の政府高官らを招き「海外水ビジネスセミナー」を開催します。
最新の省エネ技術が多数紹介されるECO-MAnufacture
 ECO-Manufactureには、製造業に向けた環境・省エネルギー対策製品が展示紹介されます。
 実際に出展される製品は、工場設備の断熱材、エネルギー管理システム(FEMS)から、汚泥処理装置など多種多様。また、同時開催の「プラントショー」においても、関連遺品が展示されます。


見どころの詳細については、下記全文PDFをご覧ください。

INCHEM TOKYO 2013 化学、環境エンジニアリングの展示会
化学・プロセス産業用プラントの専門展
  「第29回プラントショー」
高機能材料・素材の専門展
  「第7回イノベーション・プロダクツ」
製造業向けエネルギー・環境対策の専門展
  「第10回ECO-MAnufacture」
水処理関連製品・サービスの専門展
  「第3回水イノベーション」
(企画展示)産学官マッチングフォーラム
       アカデミックコーナー
<展示規模>432社/1100小間 (前回412社/1040小間)

ものづくりNEXT↑2013 工場、社会インフラの見える化技術と設備保全の展示会
工場の設備管理・保全技術に関する専門展
  「第37回メンテナンス・テクノショー」
非破壊検査・モニター・評価・診断に関する専門展
  「第6回非破壊評価総合展」
道路、橋梁、トンネルなどの検査・点検、診断技術展
  「第5回インフラ検査・維持管理展」
人・モノ・設備・情報の見える化を支援する専門展
  「第5回生産システム見える化展」
(集中展示)製造業向け営業&マーケティング支援フェア
       3Dプリンタの未来<初開催!>
       プラント・インフラのための防食塗装コーナー
<展示規模>255社/410小間 (前回211社/291小間)


開催概要

開 催 期 間:2013年10月30日(水)〜11月1日(金)10:00〜17:00
会      場:東京ビッグサイト 東2〜6ホール
来 場 業 種:化学、薬品、食品、機械・精密機器、電機・電子部品、自動車、その他製造業、建設・エンジニアリング、商社、情報通信・IT 他
来場予定者数:37,000人(INCHEM TOKYO 2013:25,000人/ものづくりNEXT↑2013:12,000人)
<同時開催>愛知・名古屋産業交流展 in 東京2013(主催:愛知県・名古屋産業立地プロモーション事業実行委員会)


取材のご案内

●ご取材に際しては、プレスルームにて「プレス登録」をお願いします。(名刺2枚ご準備ください)
●テレビ・ラジオ媒体のご取材は、事前に広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へご連絡をお願いいたします。
●プレスルーム:【場所】東6ホール【開設時間】10/30〜11/1 10:00〜17:00(初日は9:30オープン)
 ニュースリリース全文 -->  (867.2KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL: 03-3434-1988/FAX: 03-3434-8076
INCHEM TOKYO事務局(担当:瀧浪、上沖)
E-mail : inchem@convention.jma.or.jp
ものづくりNEXT↑事務局(担当:草柳、香川)
E-mail : mono@convention.jma.or.jp
※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。