ニュースリリース

『KAIKAシンポジウム』 「大きなうねり」と「小さな兆候」を捉える

資料配布先:報道関係
2013年10月16日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

『KAIKAシンポジウム』 「大きなうねり」と「小さな兆候」を捉える

10月23日(水) 10:30〜15:30  於・イイノホール&カンファレンスセンター

日本能率協会では、次世代に向けた経営の考え方、人・組織づくりをKAIKAという考え方で普及・支援する活動を進めています。その過程においては、いかに人・組織・経営が“感度高く”あることができるか、が重要だと考えています。“感度高く”とは、社会の潮流の中に将来市場があると捉え、社外との様々なつながりを重視するなど、開かれた姿勢を持つことから始まると考えています。
また、数年前に珍しかったもの・ことが今は当たり前になっていることを考えると、今、起きている事象の中で、当たり前になっていくもの・ことは多くあるはずです。どのようにそれを捉え、または当たり前になるようにリードしていくか、そうした視点が一層経営にとって重要になってきています。
こうした問題意識への示唆を得られるシンポジウムを以下の概要で開催いたします。

■日時 :2013年10月23日(水)
午前セッション 10:30〜12:30
「大きなうねりを捉える―社会感度の高い組織づくりと経営思想」
パネリスト:
江口泰広 学習院女子大学・大学院教授/学習院大学兼任講師
鎌田恭幸 鎌倉投信株式会社 代表取締役社長
コーディネータ:出馬幹也 フロネシス経営研究所 主宰

午後セッション 13:30〜15:30
「変わる当たり前を読み解く―小さな兆候を見逃さない人・組織の共通項とは」
パネリスト:
前刀禎明 株式会社リアルディア 代表取締役社長(元・アップル日本法人代表取締役)
原田曜平 株式会社博報堂 博報堂ブランドデザイン 若者研究所 リーダー
コーディネータ:佐藤勝彦 フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社
シニアバイスプレジデント/多摩大学大学院 客員教授

■場所 :イイノホール&カンファレンスセンター4F・Room A1+A2(東京都千代田区内幸町2-1-1)
■参加料:午前・午後各1,000円/人(税込)
■申込み:ホームページ http://www.kaikaproject.com/ より
 ニュースリリース全文 -->  (218.7KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
ご関心の向きにはぜひ取材にお越しいただきたくご案内申しあげます。
なお、お手数ではございますが事前に広報室(亀山/TEL:03-3434-8620)へご連絡ください。

一般社団法人 日本能率協会 KAIKAプロジェクト室(山崎・長沼)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 
TEL:03-3434-6270 /Email:kadai@jma.or.jp

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。