ニュースリリース

「アグロ・イノベーション」来場者 緊急アンケート調査結果


2013年09月18日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会

「アグロ・イノベーション」来場者 緊急アンケート調査結果

農業生産者、5年後「規模拡大する」が過半数を占める

 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、小会が主催する農業の展示会「アグロ・イノベーション」に来場した農業生産者・経営者を対象に、農業経営における課題や今後の見通しについてのアンケート調査を行いました(2013年8月23日〜9月10日実施、103人回答)。
 TPP交渉が進む中、農業への関心が高まっています。今回の調査では、回答者の過半数が5年後に規模が拡大、TPPの影響についても、同様に半数近くが自農園の作物の売上に影響はないと回答するなど、農業経営に対して前向きな姿が見られました。
 しかしながら現場では、人材不足、円安による燃料・肥料価格アップ、作業の効率化が進まない、流通経路の開拓ができないといった悩みも抱えており、いっそうの効率化やコストダウン、流通経路開拓が課題として読み取れます。また、これらをIT技術の活用により解決したいという期待も多数寄せられました。
 これらの結果を受けて小会では、2013年10月23日(水)〜25日(金)に東京ビッグサイトで開催する農業生産と流通の展示会「アグロ・イノベーション2013」にて、農業生産者・経営者が抱える課題解決を支援する製品・サービスをご紹介します。

アンケート概要          ※回答は小数点第2位を四捨五入
調 査 対 象:農業生産と流通の展示会「アグロ・イノベーション」過去3年間の来場者(農業生産者・経営者)
調 査 方 法:Web・FAX調査  調査期間:2013年8月23日〜9月10日 有効回答数:103人
回答者属性:[生産作物]施設野菜(37.9%)露地野菜(27.2%)穀物(12.6%)果樹類(10.7%)花き類(4.9%)その他(6.8%)/[経営体]主業農家(63.1%)準主業農家(9.7%)副業的農家(17.5%)生産者外(9.7%)

1.5年後の農園規模「拡大する」が過半数、1/4が「1億円プレーヤー」めざす
・5年後の農園規模を聞いたところ、「拡大すると思う」が52.4%、「現状を維持すると思う」が35.9%と、あわせて約9割を占めた。5年後にめざしたい農業販売額を聞いたところ、1,000〜3,000万円が30.1%と最も多かったが、1億円以上との回答が25.2%と1/4にのぼるなど、規模や売上拡大に前向きな姿がうかがえる。

2.TPPによる自農園への影響は「ない」が約半数、しかし、日本の農業全体の将来の見通しは割れる
・TPPによる自農園への影響について聞いたところ、「自農園の作物の売上には影響はないと思う」が47.6%となった。
・一方、日本の農業の将来について聞いた問いでは、「日本の農業は衰退すると思う」が38.8%と最も多く、次いで「日本の農業は活性化すると思う」(29.1%)、「わからない」(21.4%)、「日本の農業には影響がないと思う」(10.7%)と続いた。

3.半数近くが農産物の海外輸出に前向き
・海外への輸出の取り組み状況は、「すでに海外に輸出している」(1.0%)、「輸出に向けた検討・準備中」(7.8%)、「今後検討したい」(36.9%)があわせて44.8%と半数近くにのぼった。
・海外へ輸出を増やすために必要だと思うことを聞いたところ、1位「海外市場のマーケティング」(41.7%)、2位「農産物のブランド化」、「輸出ノウハウの習得」(各34.0%)となった。輸出先のニーズに合った付加価値をいかに見いだすかが輸出の鍵であることがうかがえる。

4.農業経営の悩みは「人材」「コストダウン」「作業の効率化」「流通経路開拓」
・農業経営で現在悩んでいることを聞いたところ、1位「人材(後継者含め)が不足」(42.7%)、2位「円安による燃料・肥料価格アップ」(39.8%)、3位「作業の効率化ができない」(31.1%)、4位「流通経路が不足」(30.1%)であった。

5.ITに期待することは「コスト管理」「作業の効率化」
・IT(情報通信技術)の農業への応用で期待することを聞いたところ、「コスト管理がしやすくなること」(55.3%)、「作業が効率的になること」(54.4%)が過半数となり、「新しい販売経路を開拓すること」(41.7%)、「他の農業経営者と情報交換がしやすくなること」(37.9%)が続いた。

「アグロ・イノベーション」事務局コメント
 このアンケートから、将来の日本の農業について危機感を抱きながらも、自農園経営に関しては、意欲的な農業生産者・経営者の姿が見えてきました。
 安倍政権は農業の競争力強化と所得倍増を掲げましたが、経営規模拡大については前向きな回答が多数を占めました。輸出についても、半数近くが意欲的であり、海外市場のマーケティング、農産物のブランド化、輸出ノウハウの習得に対する関心も集まっています。生鮮品輸出の物流インフラも整いつつあり、本アンケート調査の回答者の主な生産作物である野菜についても、今後輸出が増えていくと考えています。
 一方、農業経営における大きな課題である「人材」「作業の効率化」「コストダウン」があらためて浮き彫りになりました。「作業の効率化」「コスト管理」についてはITの活用で解決したいという回答が過半数となり、期待の大きさがうかがえます。

□■「アグロ・イノベーション2013」概要□■
会  期 :2013年10月23日(水)〜25日(金)10:00〜17:00
会  場 :東京ビッグサイト 東展示棟
主  催 :一般社団法人日本能率協会/展示規模:121社・203小間 (9月18日現在)
来場対象:農業生産者・経営者、農業団体、商社・卸・小売、メーカー 他
      (予定来場者数:10,000人)
同時開催:アグリビジネス創出フェア(主催:農林水産省)
      世界農業ドリームプラン・プレゼンテーション
      (主催:世界農業ドリームプラン・プレゼンテーション実行委員会)

<イチオシ!!>
集中展示「農業×物流〜アグロジ」 海外展開や物流改善を提案・展示
「アグロ・イノベーション2013」注目セミナー 【海外輸出】
10月23日(水)10:30〜13:05 攻めの農業〜物流戦略、販売戦略〜セミナー
10月24日(木)15:00〜16:15 ANAとヤマト運輸が提供する国際保冷輸送サービスを紹介!
「スマートアグリ!生産・農産向情報技術コーナー」 関連製品・サービスをご紹介
「アグロ・イノベーション2013」注目セミナー 【IT】
10月25日(木)10:30〜13:20 農業とIT(スマートアグリ)セミナー
富士通、ソフトバンクモバイル、NECの3社によるプレゼン決定!
 ニュースリリース全文 -->  (480.2KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
アグロ・イノベーション事務局 (担当:水沼、橋本)
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL:03-3434-1988/FAX:03-3434-8076
E-mail:ai-e@jma.or.jp
※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。