ニュースリリース

「FOODEX美食女子」グランプリ2014 出品製品を募集します


2013年08月08日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会 FOODEX JAPAN事務局

「FOODEX美食女子」グランプリ2014 出品製品を募集します

“売れる”食品・飲料を女性目線で発掘!

 アジア最大級の国際食品・飲料展「FOODEX JAPAN(フーデックス ジャパン)」を主催する一般社団法人日本能率協会(会長:山口範雄、JMA)ほか関連4団体は、女性目線でヒット商品を発掘する『「FOODEX美食女子」グランプリ2014』の出品製品を募集します。

 本グランプリは、食品・飲料消費の鍵を握る女性に好まれる製品事例を発信することで、食のトレンドを牽引するとともに、関連産業の商品開発・マーケティングの一助としていただくことを目的に、2012年に創設され、今回が2回目となります。
 モデル・女優、フードコーディネーター、栄養士などを含む20〜40代の女性たち約50人で構成される“食のトレンドセッター”「FOODEX美食女子」が、女性ならではの視点でテイスティングや審査を行い、「グランプリ」「金賞」「銀賞」の製品を選出します。発表は2014年3月4日(火)から幕張メッセで開催する「FOODEX JAPAN 2014(第39回国際食品・飲料展)」会場で行います。
 FOODEX JAPANは、世界70カ国・地域の「食」と、国内外から73,000人のバイヤーが集う、アジア最大級の食品・飲料の専門展示会で、食のトレンド発信地として国内外の業界関係者に広く知られています。

 出品料金(税抜)は、1製品あたりFOODEX JAPAN出展者10万円、一般は18万円。他にオプションとして、評価フィードバックが5万円。2製品目からはグランプリ出品料が半額になります。申し込み締切は2014年1月10日(金)。2013年10月18日(金)までに申し込んだ場合は、早期申し込み特典として、評価フィードバック料金が無料になります。
 お申し込みは日本能率協会 FOODEX JAPAN事務局(TEL:03-3434-3453)まで。

         ◆◆「FOODEX美食女子」グランプリ概要◆◆

1.応募対象
日本国内で現在販売中の食品・飲料、もしくはFOODEX JAPAN 2014会期中に実施予定の表彰式にて発表・公開展示することができる食品・飲料

2.審査方法
「FOODEX美食女子」が次の7つの項目で、各5ポイント満点で評価・テイスティングします。
  味/食べやすさ/パッケージ・ビジュアル/オリジナリティ
  売価・コストパフォーマンス/ボリュームの適正/口コミ・つぶやき適性
全審査員の評価結果に基づき総合判断により、「グランプリ」(4.5ポイント以上)「金賞」(4.0ポイント以上)「銀賞」(3.5ポイント以上)が決定します。

3.審査費用(税抜)と応募の締切
FOODEX JAPAN出展者:10万円/商品 一般:18万円/商品 ※2品目からは半額
フィードバック(オプション):5万円/商品
※2013年10月18日(金)までに申し込んだ場合は、早期申し込み特典として、評価フィードバック料金が無料
最終応募締切は2014年1月10日(金)

4.受賞のメリット
◆受賞製品へ公式ロゴマーク無償提供
 受賞製品は、原則として1年間(2015年3月まで)、製品パッケージや販促物にロゴマークを使用でき、競合製品との差別化や消費者の目を引く効果が期待できます。受賞ロゴマークには「グランプリ」「金賞」「銀賞」の3種類があります。
◆圧倒的なインターネットPR、メディア掲載
 20を超える国内大手ポータルサイトにリンクする消費者向けニュース配信ネットワーク(modelpress)に関連ニュース記事を掲載し、合計3,000万ページビュー規模のPRをします。併せてツイッタ―、フェイスブックによる情報配信、専門誌とのタイアップなどを通じて受賞商品の露出を図ります。
◆商談促進
 「FOODEX美食女子」の公式ホームページ(http://www.foodex-beauty.jp/)に年間を通じた関連情報を掲載、会期中専用コーナーに受賞製品を展示する他、リアルタイムでの取材動画配信を行うなど、来場したバイヤーに対し、積極的に受賞製品を告知します。
 ニュースリリース全文 -->  (359.2KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
FOODEX JAPAN事務局 (担当:小原・吉田 )
一般社団法人日本能率協会 産業振興センター内
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
TEL:03-3434-3453/E-mail:foodex@jma.or.jp

※取材のお問い合せは広報室(TEL:03-3434-8620、担当:斎藤)へお願いいたします。

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。