ニュースリリース

「INCHEM TOKYO 2013」 欧州・アジアからの参加者拡大に向け、新たに2つの国際会議を併催


2013年02月08日

報道関係各位

一般社団法人日本能率協会 INCHEM TOKYO事務局

「INCHEM TOKYO 2013」 欧州・アジアからの参加者拡大に向け、新たに2つの国際会議を併催

化学製品およびプロセス産業向け装置・システムの出展企業を募集します

公益社団法人化学工学会(SCEJ、会長:久保田隆)と一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、アジア最大級の化学・環境エンジニアリングの専門展示会「INCHEM TOKYO 2013(インケムトウキョウ2013)」を2013年10月30日〜11月1日の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催します。
今回、本展示会では国内外から業界関係者の来場を促進するイベントとして「日独先端化学技術フォーラム(仮称)」および「アジア・エンジニアリング・フォーラム(仮称)」の2つの会議を新たに誘致し、東京ビッグサイト会議棟で同時開催することが決定いたしました。
マーケットや最新技術に関するグローバルな情報発信力を高めることで、本展示会はアジアを代表する化学・環境エンジニアリング専門展示会としての役割を強化します。
2013年はこの2つのイベントにより、国内の化学・プラント関係者はもちろん、より多くの欧州・アジア地域の業界関係者の来場動員を積極化します。

「INCHEM TOKYO」は500社が出展するスケールの大きさと、学術機関から最新の研究成果が発表されるアジア最大級のイベントとして業界関係者から支持を得て、毎回約2万5,000人が来場します。
今回の展示は、下記4つのゾーンで構成します。

・ 化学・プロセス産業用プラントの専門展「第29回プラントショー」
・ 高機能材料・素材の専門展「第7回イノベーション・プロダクツ(旧・先端材料展)」
・ 製造業向けエネルギー・環境対策の専門展「第10回ECO-MAnufacture」
・ 水処理関連製品・サービスの専門展「第3回水イノベーション」

また業界動向・ニーズに合わせ「化学業界向けラボ用検査・分析機器」「素材・材料の新用途開発」「FEMS(工場エネルギー管理システム)」「排熱の有効活用」をテーマに新しい特別展示を実施予定。
化学製品および化学業界を中心としたプロセス産業向け装置・システムを拡販したい企業・団体の出展を募集しています。
出展申込締切は2013年5月31日(金)、お申込みは日本能率協会 (TEL:03-3434-1988)まで。

<開催概要>
■名  称
 INCHEM TOKYO 2013(インケム トウキョウ 2013)

■会  期
 2013年10月30日(水)〜11月1日(金) 10:00〜17:00

■会  場
 東京ビッグサイト(東京都江東区有明・東京国際展示場)東4〜6ホール

■主  催
 公益社団法人 化学工学会、一般社団法人 日本能率協会

■展示規模
 約500社/1,100小間 ※前回実績(2011年):412社/1,040小間

■出展製品
 化学製品およびプロセス産業に関連するシステム・エンジニアリング
 機器および材料・部材など

■出展料金
 36万7,500円/小間(会員外)、33万6,000円/小間(主催団体会員)
 (※別途バリューアップシステム利用料\52,500-が全出展者一律で必須)

■出展申込
 一般社団法人日本能率協会INCHEM TOKYO(インケムトウキョウ)事務局
 (TEL:03-3434-1988)

■出展締切
 2013年5月31日(金)

■来場者数
 2万5,000名(予定) ※前回実績(2011年):21,926名

■来場対象
 化学・エンジニアリング関係者、製造業における開発・生産担当者など

■WEBサイト
 http://www.jma.or.jp/INCHEM/


以上
 ニュースリリース全文 -->  (278.1KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
NCHEM TOKYO(インケムトウキョウ)事務局(担当:上沖・瀧浪)
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
一般社団法人日本能率協会産業振興第2事業ユニット内
Tel:03-3434-1988 / Fax:03-3434-8076
Eメール:inchem@convention.jma.or.jp
※取材のお問い合せは、広報室(TEL:03-3434-8620、担当:亀山)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。