ニュースリリース

日本能率協会が、兵庫県青少年本部の婚活事業に研修コンテンツを提供

資料配布先:神戸市政記者クラブ・神戸経済記者クラブ
2010年09月09日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

日本能率協会が、兵庫県青少年本部の婚活事業に研修コンテンツを提供

10月9日、11月20日に兵庫県民会館にて独身男女対象のコミュニケーションセミナー開催

 社団法人日本能率協会(JMA 、会長 山口範雄)は、公益財団法人兵庫県青少年本部 ひょうご出会いサポートセンターと連携して、兵庫県在住/在勤の20歳〜40歳の独身男女を対象に『「また逢いたい」と思われるコミュニケーション実践セミナー』『「信頼感を高める」コミュニケーション実践セミナー』を2010年10月9日(土)、11月20日(土)の2回にわたって兵庫県民会館(神戸市中央区)にて開催します。
 1942年の設立以来、日本能率協会は企業のマネジメント改革や産業振興を支援してまいりました。人口の減少に伴う国力の低下、国内市場の縮小という日本社会が直面する問題に対して、JMAが68年にわたって培ってきた「人の活性化」というノウハウを活かし、実践心理学を用いた企業向けコミュニケーションスキル研修のコンテンツを、地方自治体の婚活支援事業に提供いたします。

 現在、人口減少と高齢化の要因として、進行する未婚化・晩婚化と歯止めのかからない少子化が挙げられています。特に、婚姻関係を出産の前提と考える傾向の強い日本では、未婚化が出生率の低下に直接的な影響を及ぼしていると予想されています。また、若年層にとっては、雇用不安や地域共同体の弱体化などから、「結婚へ踏み切れない」「出逢いの場がない」といった声が聞かれ、結婚そのものの難易度が上がっていると考えられます。
 同じ認識のもと、納税者の定住化を図るため地方自治体によってさまざまな「婚活」サービスが展開されています。JMAが2010年1月29日から2月15日までに全国の都道府県・市区町村を対象に行ったアンケート調査では、男女の出逢いや婚活支援事業について、3割の自治体からパーティーやイベントなどを開催しているとの回答が得られました(「積極的に行われている」27.2%、「企画計画中」6.4%)。
 しかし、そのほとんどが「婚活=出会いの場づくり」にとどまり、成婚率やマッチング率といった事業成果へは踏み込めていないのが実態です。同アンケート調査で支援事業の成果が出ていると回答した自治体は49.3%(「成果は非常に出ている」5.3%、「出ている」44.0%)ですが、成果が出ていないとの回答が34.1%(「あまり出ていない」26.7%、「出ていない」7.4%)を占めました。また、「何を成果とするか明確でないため把握できない」とする回答も目立ちました。一方、成果が出ていると回答した自治体からは、「独身者を対象としたコミュニケーション講座を実施し、出会いの機会が有効に活用されるようサポートを行っている」「イベント後のフォローをきめ細かく行っている」などの施策が挙げられました。

 また、大手結婚情報サービス会社などの調査でも、独身男女の異性に関する悩みとしてコミュニケーションに関する項目が多く挙げられています。 そこでJMAでは、地方自治体による出逢いの場の提供といった婚活支援がより効果を上げられるように、JMAが通常はビジネスパーソンに向けて提供しているコミュニケーションスキルアップのための研修コンテンツを、半日のダイジェスト版にしたセミナーを企画いたしました。講師には、大手企業や自治体で「リーダーシップ」「ビジネスリーダー育成」「経営幹部育成」「メンタリング&コーチング」「NLP」など多数の研修を実施している、日本能率協会 教育・研修事業ユニット経営ソリューションチームシニアエキスパートの中島克紀が指導にあたります。
 『「また逢いたい」と思われるコミュニケーション実践セミナー』では、ビジネスシーンでも大切な“相手に好感をもたれるため”の印象のメカニズムを学びます。『「信頼感を高める」コミュニケーション実践セミナー』では、より実践的な内容で相手との絆を深めるためのステップを学びます。本セミナーでは、単に服装や身だしなみといった表層的な指南にとどまらず、実践心理学(NLP)をベースにしたコミュニケーションスキルを会得できることが特長です。
 現在、JMAではセミナー参加者の申込を各回の1週間前まで受け付けています(ただし、各回定員30名に達し次第締切り)。つきましては、貴紙・誌を通じて本催しをご紹介いただきたくよろしくお願い申しあげます。

開催日:2010年10月9日(土)、11月20日(土)
※両日とも午前(ベーシック編)、午後(アドヴァンス編)を開催いたします。
時間:
9:30〜12:00
「また逢いたい」と思われるコミュニケーション実践セミナー
 〜実践心理学(NLP)ベーシック編〜
13:30〜16:30
「信頼感を高める」コミュニケーション実践セミナー
 〜実践心理学(NLP)アドヴァンス編〜


プログラム内容
〜実践心理学(NLP)ベーシック編〜
 実践心理学(NLP)によると、人間の認知は、話し方や聴き方など些細な事が人の第一印象を決め、「その人との関係を継続するか」が決まるといわれています。
 本セミナーでは、婚活などのイベント後に「また逢いたい」と相手に思われるよう、自身の印象を高める基本的スキルを学びます。
【実習例】
・好感を持たれる立ち居振る舞いとは?
・安心感を与える距離感の作り方とは?
・声や話し方の重要性とは?
・相手の共感を引き出す聴き方とは?
上記の内容をペア/グループワークや演劇メソッドを通じて体験的に学びます。

〜実践心理学(NLP)アドヴァンス編〜
 実践心理学(NLP)によると、相手との信頼関係を深め、継続していくには、「その人の考え方、価値観を尊重し、なにげない行動を承認していくことが重要」といわれています。
 本セミナーでは、出逢いを継続的なつながりに発展させるため「信頼関係を高める」スキルを学び、自身の魅力・印象・存在感のアップを図ります。
【実習例】
・信頼感を深める技術とは?
・相手の価値観を引き出す技術とは?
・自己を開示する技術とは?
・絆を深めていく技術とは?
上記の内容をペア/グループワークや演劇メソッドを通じて体験的に学びます。


■参加対象 兵庫県在住/在勤の20歳〜40歳の独身男女
■会  場 兵庫県民会館 会議室902(兵庫県神戸市中央区下山手通4-16-3)
■定  員 各回30名
■参加費用 各回3,000円 (同日実施の午前・午後の各セミナーを通しでお申込みの場合は計5,000円)
■参加方法 公益財団法人兵庫県青少年本部ホームページ(http://www.seishonen.or.jp/deai/deai.html) より申込書をダウンロードのうえ、Emailにて社団法人日本能率協会宛(hyogo2010@jma.or.jp)にお申込みください
■申込締切 2010年10月1日(10月9日開催分)、11月12日(11月20日開催)。(先着順、定員に達し次第締切)
■連 絡 先 社団法人日本能率協会 教育・研修事業ユニット
TEL:03-3434-6616
 ニュースリリース全文 -->  (290.3KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
社団法人日本能率協会
教育・研修事業ユニット 経営ソリューションチーム(担当:馬場)
TEL:03-3434-6616 / FAX:03-3434-1275
Email:hyogo2010@jma.or.jp
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
※取材のお問い合せは、広報グループ(担当:亀山/TEL:03-3434-8620)へお願いいたします

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。