ニュースリリース

製造業環境・エネルギー対策展「ECO-MAnufacture2010」9月15日より開催

資料配布先:東商記者クラブ、環境問題研究会、環境記者会、東京都庁記者クラブ
2010年08月17日

報道関係各位

社団法人日本能率協会

製造業環境・エネルギー対策展「ECO-MAnufacture2010」9月15日より開催

経済産業省、環境省、東京都環境局などによる無料講演も多数

 社団法人日本能率協会(JMA、会長:山口範雄)は、社団法人化学工学会との共催により製造業に向けた環境・エネルギー対策に関する製品・技術・サービスの展示会『ECO-MAnufacture 2010』(エコ マニュファクチャー)を、2010年9月15日(水)〜17日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東京・有明)にて開催いたします。
 環境・エネルギー分野では、2009年に鳩山由紀夫前首相が国連気候変動サミットで「2020年までの温室効果ガス25%削減(1990年比)」を国際公約として発表して以来、製造現場からオフィス、倉庫におけるまで、環境保全・循環型社会構築・地球温暖化防止などいっそうの低炭素化イノベーションが求められています。しかしながら、改正省エネ法・東京都環境確保条例などの法律や条例、カーボンオフセット・CDM検証などさまざまな取組みがはじまり、企業からは「何にどう対応すればよいか分からない」という声も聞かれます。
 そこで、『ECO-MAnufacture2010』では、情報発信・交流の場の提供を通じて、温室効果ガス削減に取り組む企業と、ソリューションを提供する関連産業間のビジネス創出をめざします。
 本展では、廃棄物・大気汚染・化学物質管理・環境適合設計などの環境対策、CO2削減につながるエネルギー対策の機器・システム・技術、環境経営支援システムが一堂に展示され、製造業(工場・オフィス・倉庫)の工場長、事業所長をはじめとする、環境保全、生産技術、設計開発、グリーン調達担当者など16,000名の来場を見込んでいます。
 また、展示会場内では、経済産業省や環境省、東京都 環境局の担当者をスピーカーに招いた講演や、出展企業のプレゼンテーション、環境・エネルギー技術の経済実効性に関するセミナーなど、無料の講演会を多数開催いたします。
 ただいま本展ホームページ(http://www.jma.or.jp/ecoma) では、展示会入場料1,000円が無料になる事前登録を受け付けています。

<今年のみどころ>
7つの特別ゾーンから低炭素化技術の今が分かる!
持続可能な発展と低炭素社会を目指すうえで重要な、7つのキーワードで特別ゾーンを展開します。改正省エネ法・東京都環境確保条例をはじめとする、温室効果ガス削減に関連する法律・条例・制度への対策技術や、低炭素経営を実現する中核技術、先進的な製品・技術・サービスが多数出品されます。

セミナー充実の『「環境」に関連する審査機関・コンサルティングファームゾーン』
今回新設した『「環境」に関連する審査機関・コンサルティングファーム ゾーン』では、温室効果ガス排出量・カーボンオフセット・カーボンフットプリント・CDMなどの検証機関、ISO14001・50001の認証機関、これらのシステム構築を支援するコンサルティングファームなどが出展します。  また、このゾーンでは、排出量取引制度などの最新動向や情報を入手できるセミナーを併設します。経済産業省、環境省 地球環境局、東京都 環境局など行政・自治体による排出量取引に関する基調講演のほか、審査機関・コンサルティングファームによるISO50001など「環境」に関連するマネジメントシステムをテーマにしたプレゼンテーションを行います。

ECO-MAnufacture 2010特別講演会
新エネルギー、省エネルギーの導入は、施設や事業所にとって本当に経済的で環境効果を発揮するのか――。この特別講演会では、「学校・教育関連」「スポーツ・福祉」「商業・環境事業所」「一般事業所・集合住宅」など施設別全23事例から、太陽光や風力発電などに関する経済性、環境性を検証した現実的な情報を提供します。 ( ※ 当日、詳細情報が満載の書籍を販売いたします。)  また、展示会初日には、東京工業大学フロンティア研究機構教授の吉川邦夫氏による、日本の環境・エネルギー技術の海外移転の可能性を探るセッションを予定しています。

ECO-MAnufacture 2010 出展者 製品・技術セミナー
出展者が来場者に向けて、展示だけでは表現しきれない新製品・技術・サービスの説明や、導入に必要な環境づくり、成功事例などの情報を明確に訴求する場として「出展者 製品・技術セミナー」を開催いたします。環境・エネルギー対策の最新情報を提供します。

■展示会開催概要
名称:ECO-MAnufacture 2010(エコ マニュファクチャー2010)
会期:2010年9月15日(水)〜17日(金) 10:00〜17:00
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東4ホール
主催:社団法人日本能率協会、社団法人化学工学会
後援:経済産業省、環境省、東京都 環境局 (以上申請中)
展示規模:約90社
来場者数:16,000名(予定)
入場登録料:¥1,000(税込)
※ただし招待状持参者、ホームページ(http://www.jma.or.jp/ecoma)からの事前登録者・学生は無料
併設行事:環境・エネルギー対策技術シンポジウム(聴講有料)、特別講演会(聴講無料)
 ニュースリリース全文 -->  (675.8KB)

 

【本件に関するお問合せ先】
ECO-MAnufacture事務局 (担当:竹生、前田)
〒105-8522東京都港区芝公園3−1−22
社団法人日本能率協会 ものづくり支援事業ユニット内
TEL:03-3434-0587 / FAX:03-3434-3593
Email:ecoma2010@convention.jma.or.jp

【報道機関からのお問合せ先】
広報グループ(担当:亀山)
社団法人日本能率協会 総合推進ユニット
TEL:03-3434-8620 / FAX:03-3433-0269
Email:jmapr@jma.or.jp

 

 Adobe Reader
Adobe ReaderPDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。