メールマガジン

2016/02/11 新年度を迎える前に・・・管理職向け2・3月開催セミナーのご案内/日本能率協会

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           部長のための組織変革実践コース(宿泊付)

   会  期:2016年2月25日(木)〜26日(金)
   会  場:日本能率協会研修室(港区・芝公園)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

≪ねらい≫
 上級管理者は、部門の業績向上の最高責任者であると同時に、鋭い経営感覚を持った
戦略立案・推進の担い手でなければなりません。そのためには、トップが掲げる経営方針
や変革ビジョンを受け、内外の環境変化を見据えた資源分析、事業構造の見直し、組織戦
略、人材育成戦略、資源投資戦略などを総合的に組み立てていく必要があります。
 本セミナーでは、経営感覚を高めるためのビジョン策定の思想法から部門目標達成のた
めの戦略ストーリーの立案までのスキルをトータル的に習得いただけます。

≪対象≫
部長、事業部長、部門長およびその候補者

≪学習のポイント≫
1.ビジョン設定と改革ストーリーの策定のための思考法を習得する
2.改革ストーリーによる人づくり・組織づくりの推進方法を習得する
3.ケーススタディによる実習と自社の展開を繰り返し考えることで、実践するための
具体的な手法を習得する

≪プログラム≫
【1】 部長の役割マップ
 1)部門改革の進め方(L PW GW)
 2)ビジョンマネジメントの重要性

【2】 ビジョンを策定する
 1)組織改革のプロセスについて
  ・組織改革のプロセスと阻害要因
 2)ケースに学ぶ(PW GW CD)
  ・ビジョン策定演習
 3)ビジョン設定の意義とビジョン策定のプロセス
 4)自部門の中期ビジョンを策定する
  (L PW GW)
  ・自らの部門のビジョンを設定する
  ・部門の中期ビジョンの響き方をグループで点検、意見交換する

【3】 DISCによる自己理解(PW GW CD)

(1日目夜夕食懇親会 19:00〜20:00)

【4】 ビジョンを実現する戦略ストーリーを考察する
 1)ケースに学ぶ(PW GW CD)
  ・戦略ストーリー考察演習
 2)自部門の戦略ストーリーを策定する(L PW GW)

【5】 戦略ストーリーの重要課題を探る
 1)ケースに学ぶ(PW GW CD)
  ・重要課題の掘り下げ演習
 2)重要課題をマネジメントする
  ・戦略ストーリーにおける人の側面、業務の側面(QCDの側面)の重要課題を計画に落とし込む(L PW GW)

【6】 まとめ

PW:個人演習 GW:グループ演習 CD:クラス討議 L:講義

▼申込・詳細はこちら▼
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=2432&mmgn=5700


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             管理能力開発コース(宿泊無)

   会  期:2016年3月2日(水)〜4日(金)
   会  場:日本能率協会研修室(港区・芝公園)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

≪ねらい≫
1.組織における管理者の役割と認識
 組織における管理者の立場と役割、果たすべき機能について認識を深めます。
2.管理者必須の5つの能力を習得し、2つの使命を認識する
管理者の業務遂行・組織運営に必要な5つの能力についての基本的考え方と、管理職としての2つの使命を認識し、業務と人の両側面から自己革新を図ります。なお、5つの能力と2つの使命は、以下の能力を指します。
 (1)目標設定能力
 (2)計画能力
 (3)組織化能力
 (4)コミュニケーション能力
 (5)動機づけ能力
 (6)部下育成
 (7)自己革新

≪対象≫
・各部門の課長相当職およびその候補者 
・管理の基本をきちんと身につけたい管理者
・管理の基本を見直し、再度きちんと整理したい管理者

≪プログラム≫
(1)研修の目的と進め方
(2)自己紹介
★V‐CAT診断

【1】管理者に必要なマネジメント能力
 (1)管理者の役割
 (2)管理者が取り組むべき課題
 (3)マネジメントとそのプロセス
 (4)管理者のための5つの能力+2つの使命

【2】目標設定能力を高めるには
 (1)組織関係者の期待とゴールを明確にする
 (2)ゴール(目的・目標)と課題を定義する
 (3)はじめに評価を考える
 (4)振り返りを行う
【演習】ケーススタディ

【3】計画能力を伸ばすには
 (1)スケジュールは納期から逆算する
 (2)行動をシナリオ化する
 (3)時間で品質とコストを定義する
 (4)計画の手順を意識する
【演習】ケーススタディ

【4】組織化能力を高めるには
 (1)スケジュールにメンバースキルを合わせる
 (2)スキルアンマッチを課題化する
 (3)役割を分担する
 (4)働きやすい環境を作る
【演習】ケーススタディ

【5】コミュニケーション能力を高めるには
 (1)場面に応じたコミュニケーションをとる
 (2)実施メンバーも含めて、スケジュールをレビューする
 (3)仕事の指示と受けを確実にする
 (4)報告・連絡・相談を徹底する
 (5)進捗をチェックする
 (6)コミュニケーションを十分にとり、トラブルを未然に防ぐ
 (7)周囲を説得する
【演習】ケーススタディ

【6】動機づけ能力を伸ばすには
 (1)動機づけする
 (2)他律的にも自律的にも動機づけする
【グループ討議】

【7】部下育成能力を高めるには
 (1)部下育成を意識する
 (2)OJT(On the Job Training)を行う
【演習】ケーススタディ

【8】管理者としての自己革新
  研修を各自振り返る
  「研修のまとめシート」の作成


※本コースには事前課題があります。

▼申込・詳細はこちら▼
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=10&mmgn=5700


☆★ *:..:*::☆★*:..:*::☆★*:..:*::☆★*:..:*::☆★*☆★*:..:*::

■社内研修のおすすめ
小会で公開セミナーとして開催しておりますセミナーのほとんどが社内研修として
実施可能です。また、貴社の課題に対応したカスタマイズ等も可能です。
お気軽に下記サイトよりお問合せください。
https://school.jma.or.jp/inquiry/form.php?pid=3

☆★ *:..:*::☆★*:..:*::☆★*:..:*::☆★*:..:*::☆★*☆★*:..:*::

★☆ *:..:*::★☆*:..:*::★☆*:..:*::★☆*:..:*::★☆*★☆*:..:*::

■法人会員入会のおすすめ
小会のセミナー・大会・シンポジウムの参加申込みには、
・年間まとめ参加(1コース5名以上の正式申込)
・早期割引
・カフェテリア方式でのセミナー受講
など、セミナーをより有効にご利用いただくサービスがございます。
これらのサービスは、小会法人会員にご入会いただくとさらにお得になります。
この機会に小会法人会員へのご入会を是非ご検討ください。
詳細は:http://www.jma.or.jp/membership/

★☆ *:..:*::★☆*:..:*::★☆*:..:*::★☆*:..:*::★☆*★☆*:..:*::


中止・配信ジャンルの変更・e-mailアドレス変更について
--------------------------------------------------------------
今後、Eメール配信ジャンルを変更したい場合、
Eメール配信を中止したい場合は、
http://school.jma.or.jp/mailmag/user.php?mladdress=XXXXXX
にアクセスしてください。

e-mailアドレス変更の場合は、
http://school.jma.or.jp/mailmag/user.php?mladdress=XXXXXX
で一旦古いe-mailアドレスを削除していただき、
新たにe-mailアドレスを
http://school.jma.or.jp/mailmag/mail_entry/form.php
でご登録ください。


--------------------------------------------------------------
【個人情報のお取り扱いについて】
小会の個人情報保護方針をご覧下さい。
http://www.jma.or.jp/privacy/
--------------------------------------------------------------
問い合わせ先 一般社団法人 日本能率協会 JMAマネジメントスクール 
東京都港区芝公園3-1-22 〒105-8522
Tel: 03-3434-6271 Fax: 03-3434-5505

プログラムに関するお問合せ
経営・人材センター 担当:新井・平井
Tel:03-3434-1955