メールマガジン

2016/02/03 新事業開発担当部署に配属予定の方、新商品開発担当の方のための定石を学ぶセミナー【日本能率協会】

新事業・新商品開発の進め方は、社内で身に付けにくいスキルの1つです。
そこで、日本能率協会では、

 新事業・新商品開発の進め方の基礎を体系的に習得する

ことを目指して、特に、事業開発部門、商品企画・マーケティング部門の方々に
向けて、『新事業開発・新商品開発の進め方セミナー』を開催いたします。
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=2508&mmgn=5684


講師は、新事業・新商品開発をリアルタイムで支援している現役のコンサルタント陣。
豊富な経験から知恵と事例を提供し、複数の実習を通じて理解いただく
実践的な内容となっております。

新年度からのスタートに向けてぜひ、参加してみてはいかがでしょうか。


╋■╋■╋□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┏■
■╋■╋□┛ 2月16日(木)〜17日(金) 【2日間】         ┏□╋
╋■╋□┛                  ┏□╋■
■╋□┛   新事業開発・新商品開発の進め方セミナー        ┏□╋■╋
╋□┛                            ┏□╋■╋■
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □╋■╋■╋

■特 徴:新事業・新商品開発の定石である基本要素と進め方を学びます
     新事業・新商品開発の特性を理解し、簡単な演習を通じて成功のポイントを学びます
     演習を通じた経験交流により、多様なものの見方、感じ方を体感し、新事業開発・新商品開発のための視野を広げます。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
次のような課題をお持ちの方は特にご参加をおすすめします。

□ 商品開発をする際のプロセスが分からない
□ インパクトのある事業コンセプト作りの方法を習得したい
□ 市場ニーズの事業性に関する評価の方法や、事業化に向けてのステップを
いかに習得するか
□ 多数のアイデアの中から、1つのアイデアに絞り込む方法が分からない
□ 成熟している顧客市場にどのようなソリューションを打てば成功するのか


▼プログラムの詳細・お申込みはこちら▼
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=2508&mmgn=5684


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  開催間近のおすすめセミナー ご案内
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

        ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


┏┓・・・実際にグループ・インタビューをライブで見学します!!・・・
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ 3. グループ・インタビュー活用セミナー
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会 期:2016年1月21日(木)〜1月22日(金) 【2日間】

・・・・・こんな課題をお持ちの方に参加いただいているセミナーです・・・・・・・

◇経験がなく不安であったが全体像がつかめたので出てよかったと思う。実際の
 グループ・インタビューの様子を見て、自分でまとめることができたので、
 実務にすぐに活用できると思った。
◇調査後の報告書のまとめ方や、調査フローの作成方法など、とても参考になった。
◇定性調査の経験はあったが、調査目的の明確化の重要性、モデレーターとしての
 話の回し方など、気付きの多いセミナーであった。
◇モデレーターをする際の注意すべきポイントを学べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■特 徴:
・実際にグループ・インタビューを“その場”で見学し、その結果を活用して
 コンセプト・ワークを体得することができます。
・新商品・サービスのコンセプト開発につながる「気づき」を得るために、
 どのようにインタビュー調査を、企画・設計したら良いのかを体系的に
 学ぶことができます。

▼プログラムの詳細・お申込みはこちら▼
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=2513&mmgn=5684


┏┓・・・実務に役立つ演習をまじえて講義を進めます!・・・
┗■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃    “自分ごと化”と“物語”マーケティング入門セミナー
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会 期:2016年1月26日(火)〜1月27日(水) 【2日間】

・・・・・こんな課題をお持ちの方に参加いただいているセミナーです・・・・・・・

□ 機能は素晴らしいのに、何故か売れない現状を打開したい
□ お客様に価値を感じていただくための考え方、アプローチをどう図ればよいか
□ 感性的価値をどう訴求していくか知りたい
□ モノは作るが売れない。自己満足にならない技術力、お客様の期待に
  こたえる技術の開発、訴求の仕方につ
□ 「欲しい」と思わせる仕掛け作り、エモーショナルなマーケティング、
  販促についての手法がわからない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■特 徴:
「これまでのマーケティング」を否定する必要はないが、
それだけでは「思わす買いたくなる」消費サインサイトに踏み込むことは困難です。
マーケティングの究極の理想形は「自分ごと化を実現して、思わず買いたくさせること」
であり、そのツボを発見し具現化させるうえで、「物語マーケティング」は
大変に有効だと考えます。
「自分ごと化」を促進するうえで極めて有効な2つの視点、

1.「消費者自身が今の気持ちにピッタリと思える商品の企画」
2.「消費者を主人公とする物語性があるコミュニケーション(伝え方)」

を連続して体験することで、
「自分ごと化」マーケティングの基礎を習得していただきます。

▼プログラムの詳細・お申込みはこちら▼
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=2510&mmgn=5684


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【無料レポートプレゼント】
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
一般社団法人日本能率協会(JMA)では、2014年10月〜11月にかけて、
マーケティング人材の育成に関して、JMA主催セミナー利用企業の派遣責任者、
毎年3月にJMA主催で開催されるカンファレンス『マーケティング総合大会』の
企画委員会の一部の委員にアンケート調査、ならびにインタビュー調査を行いました。


我々、日本能率協会は、マーケティングは未来の社会をよりよく変える、
創り出すことができると信じています。
この限定レポートの内容を未来のマーケターを育てる上での一助として、
重要なインプットとしていただければ幸いです。

下記2冊のマーケティングレポートを(無料)でご案内いたします。
貴社のマーケティング活動の一助となれば幸いです。


マーケティング部門に求められる人材とは?


【1】経営者がマーケターに期待する要件とは?」
▼▼▼ダウンロードはこちらから▼▼▼
http://event.jma-communication.com/lp1

【2】特別レポート「マーケティング人材の育成 5つのポイント」
▼▼▼ダウンロードはこちらから▼▼▼
http://event.jma-communication.com/lp2
----------------------------
2016 第52回マーケティング総合大会の最新情報をメールでお知らせします。
アドレスの登録はこちらから。
http://event.jma-communication.com/2016_mail
----------------------------



★☆ *:..:*::★☆*:..:*::★☆*:..:*::★☆*:..:*::★☆*★☆*:..:*::

■法人会員入会のおすすめ
小会のセミナー・大会・シンポジウムの参加申込みには、
・年間まとめ参加(1コース5名以上の正式申込)
・早期割引
・カフェテリア方式でのセミナー受講
など、セミナーをより有効にご利用いただくサービスがございます。
これらのサービスは、小会法人会員にご入会いただくとさらにお得になります。
この機会に小会法人会員へのご入会を是非ご検討ください。
詳細は:http://www.jma.or.jp/membership/

★☆ *:..:*::★☆*:..:*::★☆*:..:*::★☆*:..:*::★☆*★☆*:..:*::


中止・配信ジャンルの変更・e-mailアドレス変更について
--------------------------------------------------------------
今後、Eメール配信ジャンルを変更したい場合、
Eメール配信を中止したい場合は、
http://school.jma.or.jp/mailmag/user.php?mladdress=XXXXXX
にアクセスしてください。

e-mailアドレス変更の場合は、
http://school.jma.or.jp/mailmag/user.php?mladdress=XXXXXX
で一旦古いe-mailアドレスを削除していただき、
新たにe-mailアドレスを
http://school.jma.or.jp/mailmag/mail_entry/form.php
でご登録ください。


--------------------------------------------------------------
【個人情報のお取り扱いについて】
小会の個人情報保護方針をご覧下さい。
http://www.jma.or.jp/privacy/
--------------------------------------------------------------
問い合わせ先 一般社団法人 日本能率協会 JMAマネジメントスクール 
東京都港区芝公園3-1-22 〒105-8522
Tel: 03-3434-6271 Fax: 03-3434-5505

【セミナーに関するお問い合せ先】
一般社団法人日本能率協会
経営・人材センター  片平
TEL:03-3434-1955 FAX:03-3434-6387
E-mail:seminar@jma.or.jp
東京都港区芝公園3-1-22 〒105-8522