メールマガジン

2016/01/25 【お申込締切2/1迄】 人事・経営企画部門の課題解決のため、他社はどんな取り組みをしているのか[KAIKAカンファレンス2016]

ひとづくり・組織づくりの今とこれからを考える、人事・人材開発・組織開発の
大規模カンファレンス「KAIKAカンファレンス2016」を2016年2月3日〜5日に開催
いたします。
毎年、人事部門、経営企画部門の方が多くご来場されます。
他社の取り組みを知り、質問が出来る機会はなかなかありません。
ぜひこの機会にご参加ください。

************************** KAIKAカンファレンス2016 **************************
 KAIKAカンファレンスは、
    2016年 2月3日(水)・4日(木)・5日(金) 開催!

★詳細プログラム・お申込みはこちらから。各講演の聴きどころも掲載中!
http://kaika-conf.hrd-jma.com/timetable/?utm_source=KC_news_S&utm_medium=email&utm_campaign=0126
******************************************************************************


--------------------------------------------------------------------------------
≪≪外部であまり話されていない、KAIKAカンファレンス注目セッション≫≫

これからの自律人材育成の常識になっていく度:★★★★★★

【D3】2月5日15:30〜17:00(金)あすびと福島×凸版印刷

「被災地における社員研究の新たな取り組み あすびと福島 × TOPPAN
〜社会的課題を自分ごと化し、行動する人財を育てる〜」
http://kaika-conf.hrd-jma.com/d3/?utm_source=KC_news_S&utm_medium=email&utm_campaign=0126

サービスラーニングという教育手法をご存じですか?
なかなか企業は手を付けていなかったこの手法に凸版印刷はあすびと福島と
タッグを組んで挑みました。

「研修効果が持続しない」「研修をしても社員の行動変容に繋がらない」
という悩みを抱える人材開発担当者は多くいらっしゃます。

あすびと福島と凸版印刷が行っている『被災地研修』では、研修に参加した社員が、
課題を自分事化し、日々の業務への取り組み方が変わるという効果が出ています。

なぜそのようなことが出来たのか?

「被災地研修=社会貢献」ではなく、「戦略的な人材育成施策」という同社の取組
からその成功要因を探りましょう。

↓セッション詳細はこちら↓
http://kaika-conf.hrd-jma.com/d3/?utm_source=KC_news_S&utm_medium=email&utm_campaign=0125


--------------------------------------------------------------------------------

発言権のある人事担当になるために聴いておきたい度:★★★★★

【C2】2月3日(水)14:00〜15:10 レノボ・ジャパン株式会社

「グローバルマネジメントにおけるHRの役割」
http://kaika-conf.hrd-jma.com/c2/?utm_source=KC_news_S&utm_medium=email&utm_campaign=0126

貴社では人事部門が、「経営と事業部が戦略を話合うテーブル」につけていますか?
「企業内人事業務の事務局」と化していませんか?

レノボ・ジャパンでは人事部門がビジネスに積極的に入り込み、経営の片腕を担って
います。人事部門自ら、事業部が何をしているのかを知らなければ、効果的な人事戦略
が打てないからです。

グローバルに展開する企業もそうでない企業も、「私たちはここまで自社人材について
把握しているだろうか、考えているだろうか」と、人事部門の在り方について考えさせ
られるセッションです。

↓セッション詳細はこちら↓
http://kaika-conf.hrd-jma.com/c2/?utm_source=KC_news_S&utm_medium=email&utm_campaign=0126


--------------------------------------------------------------------------------

女性活躍推進等、多様性職場推進に行き詰まっている職場にヒントがある度:
★★★★★

【B8】2月5日(金)11:30〜12:40 株式会社堀場製作所

「ダイバーシティへの本気の取り組み 〜HORIBAステンドグラスプロジェクト〜」
http://kaika-conf.hrd-jma.com/b8/?utm_source=KC_news_S&utm_medium=email&utm_campaign=0126

女性活躍推進、多様性のある職場づくり・・・最近よく聴くワードです。
しかし、答えがないなか、どのように推進すればいいのか、
もがき苦しんでいる担当者が目に浮かびます。
堀場製作所の講演者、森口さんもそうでした。

「こんなことをやって何になるんだ」多くの方にそう言われました。
そう、上記のワードは、女性等の当事者に直接アプローチすることではなく、
周囲の理解醸成が不可欠なのです。

堀場製作所では、ひとりひとりがそれぞれ輝きながら一つの絵を描くステンドグラスの
ような企業を目指して、いま本プロジェクトに奮闘中です。
できあがったときにはきれいな絵かもしれませんが、創り上げるまでにはどんな困難が
あったのか、ぜひ今苦しんでいる方に聴いていただきたいセッションです。

↓セッション詳細はこちら↓
http://kaika-conf.hrd-jma.com/b8/?utm_source=KC_news_S&utm_medium=email&utm_campaign=0126



<広告欄>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     株式会社トランストラクチャ
            〜360度評価を人事インフラに〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
360度評価とは管理職研修のためのツール・・・まだまだそのような印象が
持たれがちです。しかし、360度評価は本来、適正な評価、昇格適格者判断、
適材適所配置の最良の情報源として、人事インフラとなるものです。
360度評価の効果的な活用法のポイントは次の4つです。
【ポイント1】 評価者選定の自動化
【ポイント2】 回答負担の軽減
【ポイント3】 気づきの最大化
【ポイント4】 人材の見える化
360度評価に関心がある方はお気軽にKAIKAカンファレンス出展ブースに
お越しください。
【360度評価サービス「クイックスキャンフィードバック」】
 ⇒http://www.transtructure.com/service/qsf.html


************************** KAIKAカンファレンス2016 **************************
 KAIKAカンファレンスは、
    2016年 2月3日(水)・4日(木)・5日(金) 開催!

★詳細プログラム・お申込みはこちらから。各講演の聴きどころも掲載中!
http://kaika-conf.hrd-jma.com/timetable/?utm_source=KC_news_S&utm_medium=email&utm_campaign=0126
******************************************************************************


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■社内研修のおすすめ
小会で公開セミナーとして開催しておりますセミナーのほとんどが社内研修として
実施可能です。また、貴社の課題に対応したカスタマイズ等も可能です。
お気軽に下記サイトよりお問合せください。
https://school.jma.or.jp/inquiry/form.php?pid=3

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■法人会員入会のおすすめ
小会のセミナー・大会・シンポジウムの参加申込みには、
・年間まとめ参加(1コース5名以上の正式申込)
・早期割引
・カフェテリア方式でのセミナー受講
など、セミナーをより有効にご利用いただくサービスがございます。
これらのサービスは、小会法人会員にご入会いただくとさらにお得になります。
この機会に小会法人会員へのご入会を是非ご検討ください。
詳細は:http://www.jma.or.jp/membership/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


中止・配信ジャンルの変更・e-mailアドレス変更について
--------------------------------------------------------------
今後、Eメール配信ジャンルを変更したい場合、
Eメール配信を中止したい場合は、
http://school.jma.or.jp/mailmag/user.php?mladdress=XXXXXX
にアクセスしてください。

e-mailアドレス変更の場合は、
http://school.jma.or.jp/mailmag/user.php?mladdress=XXXXXX
で一旦古いe-mailアドレスを削除していただき、
新たにe-mailアドレスを
http://school.jma.or.jp/mailmag/mail_entry/form.php
でご登録ください。


--------------------------------------------------------------
【個人情報のお取り扱いについて】
小会の個人情報保護方針をご覧下さい。
http://www.jma.or.jp/privacy/
--------------------------------------------------------------
問い合わせ先 一般社団法人 日本能率協会
KAIKAカンファレンス事務局

東京都港区芝公園3-1-22 〒105-8522
Tel: 03-3434-1955 Fax: 03-3434-5505
WEB:http://kaika-conf.hrd-jma.com/