メールマガジン

2016/01/20 研修やりっ放しでは?効果の測れる研修を組み立てるテクニックとは[日本能率協会]

研修効果はどのように測れば良いのか?

多くの企業の教育・育成担当者の方がそう言います。
経営戦略において、人材の育成・活性化を大きな課題としている企業が増えています。
効果的な人材育成が求められるようになっていますが、それには、
ニーズに基づいた教育活動を行い、現場へのインパクトや変化を評価する、
人材育成のトータルマネジメントが必要です。

そこで有効となるのが、インストラクショナルデザインによる教育ニーズの分析・
研修設計・実施・評価を連動させるしくみです。

研修の効果が測定できないと、報告もできません。
ADDIEモデルに沿って研修の効果測定を考えましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 1.インストラクショナルデザインによる
   研修設計と効果測定セミナー  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インストラクショナルデザインとは、「効果的な研修設計」のための
科学的な理論です。 この理論を用いて、研修で期待される成果を明確にし、
提示された課題に対して最大の効果をあげる研修方法を見極めます。
ニーズ分析から有効な効果測定までを総合的に見据えた、戦略的な研修
を本セミナーで考えていきましょう。

是非この機会に、自社の企画、評価方法を見直してみてはいかがでしょうか?

本セミナーでは・・・
・研修の効果を測っていくために必要な情報、評価の指標、
 測定方法について学びます。
・事業ニーズ・現場ニーズにマッチした研修設計の手法を修得できます。
・インストラクショナルデザインの理論を活用し、研修を経営施策、
 人事戦略、現場ニーズ、組織風土などのあらゆる側面から考える視点を養います。

□会期:2016年2月10日(水) 【1日集中!】

■対象:
・企業内で人材育成、研修企画を担当されている方
・教育企画・効果のトータルマネジメント手法を学びたい方
・研修の効果測定に関する基礎を学びたい方

パンフレットはこちらからご覧ください。
http:///hrd-jma.com/seminar/brochure/ID.pdf

↓↓↓ プログラムのその他日程・お申込みはこちらから ↓↓↓
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=2483&mmgn=5664


---------------------------------------------------------------------
==ダイバーシティ情報コラムは本メールの下部をご覧ください==
★★「人材開発・組織開発セミナー特選ガイド」を無料でお配りしております。
詳細はメール下部にて★★

★━━━━━★
 INDEX
★━━━━━★


1.【人気のためお急ぎください】
   年に何回も行う研修。その効果は測れていますか?
   そもそも、効果が測れる研修を行っていますか?
   新年度前に見直しましょう。

  『インストラクショナルデザインによる
                研修設計と効果測定セミナー』

---------------------------------------------------------------------

2. 新年度の研修を控えている講師の方々、今のうちにたくさん
  ロールプレイングしておきましょう!

   『企業内研修インストラクター基本コース』

---------------------------------------------------------------------

3.人事に異動が決まっている方、今年度人事に異動してきて1年の振り返り
  をしたい方、必見。
   
   『新任人事・労務スタッフ入門セミナー』

---------------------------------------------------------------------

4.<<新聞でも取り上げられる話題!>>「怒り」をマネジメント??
  第1回目も盛況でした。新任管理職には必須としている企業も。

   『上司⇔部下への接し方が変わる「アンガーマネジメント」セミナー』

---------------------------------------------------------------------

5.合理的配慮の提供義務についても必須の最新情報を解説
  
  『障がい者と共に働く職場づくりセミナー』


--------------------------------------------------------------
新入社員研修をご担当の方にぴったり。
業務スキルと教えるスキルはまったく別物です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
 2.企業内研修インストラクター基本コース

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 学習効果の高い研修にするにはどうしたらいいのでしょうか。
 立ち居振る舞いや話し方といった"実技"面ばかりが気にされがちですが、
 参加者との関係性の構築、扱うコンテンツや資料づくりがないがしろ
 では、効果の高い研修とは言えません。

 本セミナーでは、
 参加者へのアプローチを学ぶインストラクターの在り方、
 研修のための情報を整理するインストラクターの仕込み、
 そして、伝えるスキルを学ぶインストラクターの実技、
 の3つを学びます。
 
 本当に効果の高い研修を提供したい!と思っている方、お待ちしています。

□会 期:2016年2月23日(火)〜25日(木) 【3日間】

■対 象:
・社内で研修講師をしている方
・研修講師として基本的な知識や技術を身につけたい方
・効果的なインストラクションスキルを習得したい方

VTR撮影で自身を振り返り、回りからのフィードバックももらえます。
詳細はパンフレットをご覧ください。
http://school.jma.or.jp/picture_disp.php?oid=1129634&mime_type=application/pdf

↓↓↓ プログラムのその他日程・お申込みはこちらから ↓↓↓
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=40&mmgn=5664


--------------------------------------------------------------
忙しい貴社の代わりに、JMAがみっちり人事労務の基礎、現在の潮流
を研修いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 3.新任人事・労務スタッフ入門セミナー  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 何事も「土台」を押さえていないと、ただ目の前の業務をこなすだけで、
 そこからの発展、改革は進められません。

 土台づくりは知識の詰め込みではなく、演習を繰り返し、
 実際にやってみることで固い基盤となります。
 また、他社参加者の意見も重要なスパイスとなり、自社を違う視点で
 捉えることができるでしょう。
 ぜひ、貴方の土台をつくってください。

 労働組合の方で、人事労務の基本を学びたい方にもおすすめです。

□会 期:2016年2月2日(火)〜2月4日(木) 【3日間】

■対 象:
・人事異動で人事・労務部門に新たに配属された方々
・新しく組合の担当になった方々
・人事・労務の基本を学びたい方々
 
■会 場:東京・港区・芝公園 日本能率協会 研修室

「人事労務を総合的に」とは何を学ぶのか?
詳しくはパンフレットをご覧ください。
http://school.jma.or.jp/picture_disp.php?oid=1124741&mime_type=application/pdf

↓↓↓ プログラムのその他日程・お申込みはこちらから ↓↓↓
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=2471&mmgn=5664


--------------------------------------------------------------
"アンガーマネジメント診断"付き!自分の感情もコントロールできない
人が、マネジメントなんてできません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 4.上司⇔部下への接し方が変わる
   「アンガーマネジメント」セミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 自身の「怒り」の感情をうまくコントロールできないと、
 ビジネスに直結した影響が出ることになります。

 本セミナーは、不必要に怒ることを避けるため(怒ってもいいんです!)、
 「怒り」の発生メカニズムを科学的に理解し、対処法を習得します。
 
 イラっとしてたとはいえ、何であんなこと言ってしまったんだろう…、
 何でみんなこんな当たり前のことができないんだろう!?(ムカッ)
 といった感情を経験したことのある方、不必要に怒っていると体調にも
 良くないですよ。ぜひご受講ください。

□会 期:2016年3月14日(月) 【1日集中!】

■対 象:
・感情的な判断によって社内外の信頼を失いたくない方
・関係性を気にして、うまく叱ることができずに悩まれている方
・上司、同僚、部下との感情による不要な軋轢や衝突を避けたい方
 
■会 場:東京・港区・芝公園 日本能率協会 研修室

新聞にもよく取り上げられている話題のアンガーマネジメント。
その内容は?詳しくはパンフレットをご覧ください。
http://school.jma.or.jp/picture_disp.php?oid=1189010&mime_type=application/pdf

↓↓↓ プログラムのその他日程・お申込みはこちらから ↓↓↓
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=2701&mmgn=5664


--------------------------------------------------------------
4月から施行だが、よくわからない合理的配慮の提供義務、
差別禁止、詳しく解説しながら自社にあった雇用を考えます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
 5.障がい者と共に働く職場づくりセミナー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2016年4月より「改正障害者雇用促進法」が施行となります。

 「合理的配慮の提供義務化」、「障がいを理由にした差別の禁止」
 等が加わり、企業側には知識と具体的対応策が求められます。

 法律内容は把握しても、"実際"の対応はどうすればいいのか、
 おわかりでしょうか。
 
 本セミナーでは、法の内容を理解するとともに、ケーススタディを
 通して、実務に則した具体的対応を学びます。
 障がい者の採用での注意、コミュニケーション、社内やグループ
 企業間での理解醸成等のポイントを押さえ、自社にあった障がい者
 雇用を共に考えていきましょう。

□会 期:2016年3月22日(火)〜23日(水) 【2日間】

■対 象:
・障がい者雇用または雇用促進を検討している企業の人事部門、
 担当事業部の方
・ダイバーシティ推進部門の方

詳細はパンフレットをご覧ください。
http://hrd-jma.com/seminar/brochure/handicapped.pdf

↓↓↓ プログラムのその他日程・お申込みはこちらから ↓↓↓
https://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=2608&mmgn=5664


--------------------------------------------------------------
★★JMA人材開発・組織開発セミナー特選ガイドを無料配布中★★
「人材スキル」および「人事課題」から貴社にあった研修をお選びいただけます。
ご請求は下記より承っております。
http://event.jma-communication.com/LP=118
※なくなり次第終了させていただきます。



---------------------------------------------------------------------
新コラム掲載開始!
★★ダイバーシティ推進がどのように取り組まれているのか知りたい方★★

日本能率協会ではこの度、ダイバーシティ専用サイトをオープンしました。
現在、第一生命株式会社様ほかより、ダイバーシティ&インクルージョンについて
お話いただいたコラムを掲載をしています。
ダイバーシティについて知識が欲しい方、必見です。

↓↓↓コラムはこちらから↓↓↓
http://diversity.hrd-jma.com/column.html?utm_source=shcool&utm_medium=email&utm_campaign=20150113


★☆ *:..:*::★☆*:..:*::★☆*:..:*::★☆*:..:*::★☆*★☆*:..:*::

■法人会員入会のおすすめ
小会のセミナー・大会・シンポジウムの参加申込みには、
・年間まとめ参加(1コース5名以上の正式申込)
・早期割引
・カフェテリア方式でのセミナー受講
など、セミナーをより有効にご利用いただくサービスがございます。
これらのサービスは、小会法人会員にご入会いただくとさらにお得になります。
この機会に小会法人会員へのご入会を是非ご検討ください。
詳細は:http://www.jma.or.jp/membership/

★☆ *:..:*::★☆*:..:*::★☆*:..:*::★☆*:..:*::★☆*★☆*:..:*::


中止・配信ジャンルの変更・e-mailアドレス変更について
--------------------------------------------------------------
今後、Eメール配信ジャンルを変更したい場合、
Eメール配信を中止したい場合は、
http://school.jma.or.jp/mailmag/user.php?mladdress=XXXXXX
にアクセスしてください。

e-mailアドレス変更の場合は、
http://school.jma.or.jp/mailmag/user.php?mladdress=XXXXXX
で一旦古いe-mailアドレスを削除していただき、
新たにe-mailアドレスを
http://school.jma.or.jp/mailmag/mail_entry/form.php
でご登録ください。


--------------------------------------------------------------
【個人情報のお取り扱いについて】
小会の個人情報保護方針をご覧下さい。
http://www.jma.or.jp/privacy/
--------------------------------------------------------------
問い合わせ先 一般社団法人 日本能率協会
経営・人材センター 担当:橋本 
東京都港区芝公園3-1-22 〒105-8522
Tel: 03-3434-1955 Fax: 03-3434-6387