メールマガジン

2012/04/18 【CPP】速報:海外サプライヤー活用セミナー開催のご案内


■海外サプライヤー活用セミナー■
〜実体験に基づく
グローバルサプライヤの開拓・評価・認定・育成・管理のありかたと実例〜

●開催趣旨:ものづくりが新興国へ移り、超円高の中、更なるコストダウンを求めて、
      優秀な海外サプライヤーの活用が求められています。
      いかに良いサプライヤーを探し出すか、またどのようなポイントで評価を
      しながら育成を行っていくか、海外調達の経験者より実例を基に
      その進め方を学ぶことを目的として本セミナーを開催いたします。

講師:伊藤千秋 技術コンサルタント
元オムロン 品質保障部 部品技術部 部長 韓国オムロン電装 理事(役員)

実施ポイント:海外拠点での品質保証業務と海外サプライヤーの育成の豊富な経験より、
1. 現地サプライヤーの探索・評価・育成の進め方の実際を学ぶ
2. 中国サプライヤーの実際の評価法を具体的なデータで説明
3. タイ・韓国など新興国でのサプライヤー育成事例の紹介
生データに基づく講義により具体的な進め方を習得していただきます。

参加対象:海外サプライヤーからの調達を進める担当者

開催日程:2012年7月24日(火)10:00〜17:00
開催会場:日本能率協会 研修室

プログラム:海外サプライヤー活用事例と具体的な進め方
      1.部品の種類と選定の方向付けの考え方
       電子部品と加工部品の区分けとそれぞれの特徴に合わせた選択・育成の
       しかた。電子部品と加工部品の採用における選択ないしは育成のポイント
      2.現地サプライヤーの開拓のしかた
       サプライヤー開拓の組織・拠点づくりと人材、
       サプライヤーの開拓のポイント
      3.認定サプライヤーの登録と管理
       サプライヤー認定制度のしくみ、認定サプライヤーリスト機能と
       配布のしくみと実例、登録サプライヤーリストの現場巡回と維持管理
      4.サプライヤーの選定・評価・認定のしくみ
       評価の分野・項目・着眼のポイント、企業力とライン力の評価のポイント
       と実例、 物の評価のポイントと実例
      5.サプライヤーからの物品の受け入れ管理
       現地での物品の受け入れ管理のありかた、工場での物品の受け入れ管理と
       現地への情報フィードバックのしかた
      6.サプライヤーの評価の人材の体系と育成
       監査員・養成員の階層の構成と組織化、人材教育の体系と実例

▼プログラムの申し込み・お問合せはこちら
海外サプライヤー活用セミナー事務局 担当:岡野
TEL:03−3434−1930
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=2199&mmgn=3293


┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
┃1┃CPP・B級試験直前対策セミナー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
○本セミナーのポイント
CPP・B級試験の合格を目指す方のためのセミナーです。
認定テキスト掲載ページとリンクしたプログラムで自己学習しやすい構成と
なっております。

○会期:2012年5月16・17日(水・木)
○会場:日本能率協会 研修室(東京港区)
○対象:CPP・B級の受験者

▼プログラムの詳細・お申込はこちら
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?url=http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?url=http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=1621&mmgn=3259&mmgn=3261&mmgn=3293


┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
┃2┃継続的に成果をあげる 戦略的交渉力セミナー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
○本セミナーのポイント
組織におけるビジネス目標を実現するためには、交渉スキルの開発を継続
して行うことが必要です。
自分の主張を明確に相手に伝え、さらに合意を得ることは、とても難しい
ことです。しかし、訓練次第で、交渉スキルを向上させていくことはできます。
本セミナーでは、特に購買・調達部門向けに開発したケースを用いて、
実践的な交渉力を体得していただけます。

・交渉技術と自分の交渉力に対する自信を高める
・交渉における新たなスキルを実践的に習得し、成果をあげる
・今後さらに学習を続けて、交渉力を磨き続ける意欲を高める

○会期:2012年5月22・23日(火・水)
○会場:日本能率協会 研修室(東京港区)
○対象:・購買・調達部門のマネジャー、スタッフ
・交渉力を向上させ、自社の競争力を高めたい方
・交渉の理論、プロセスを習得したい方

▼プログラムの詳細・お申込はこちら
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?url=http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?url=http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=839&mmgn=3259&mmgn=3261&mmgn=3293


┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
┃3┃新任バイヤー早期戦力化セミナー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
○本セミナーのポイント
調達部門は、会社を代表する立場で、重い権限を委譲されて業務を行います。
また、「取引=契約」において、コンプライアンス(法令遵守)は企業に
とって絶対的な条件です。
新入社員や他部門から新規に着任した部課長や新任担当者を対象に、
調達業務に必要な基礎知識を、演習を通じて習得し、即戦力として活躍いた
だけるよう調達基礎知識を中心に集中講義で徹底的に学んでいただけます。

○会期:2012年5月28・29日(月・火)
○会場:日本能率協会 研修室(東京港区)
○対象:・調達部門に配属された新入社員のスタッフ
・異動などで調達部門に新規配属となった部課長、担当者の方
・調達の基礎知識を身につけたい方

▼プログラムの詳細・お申込はこちら
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?url=http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?url=http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=624&mmgn=3259&mmgn=3261&mmgn=3293


┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
┃4┃サプライヤー評価システム策定セミナー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
○本セミナーのポイント
・自社の購買・調達部門総合力を再認識していただきます。
・真のWin-Winパートナーシップのあり方を理解していただきます。
・「サプライヤー評価基準書」にもとづき、サプライヤー評価の実際を
体感・習得していただきます。

○会期:2012年6月18日(月)
○会場:日本能率協会 研修室(東京港区)
○対象:・購買・調達部門のマネジャーおよびスタッフ
・経営戦略・事業戦略を立案されている方々
・取引先評価プロジェクトを推進されているプロジェクトリーダー

▼プログラムの詳細・お申込はこちら
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?url=http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?url=http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=739&mmgn=3259&mmgn=3261&mmgn=3293


----------------------------------------------------------------------
■法人会員入会のおすすめ
小会のセミナー・大会・シンポジウムの参加申込みには、
・年間まとめ参加(1コース5名以上の正式申込)
・早期割引
・カフェテリア方式でのセミナー受講
など、セミナーをより有効にご利用いただくサービスがございます。
これらのサービスは、小会法人会員にご入会いただくとさらにお得になります。
この機会に小会法人会員へのご入会を是非ご検討ください。
詳細は:http://www.jma.or.jp/membership/
----------------------------------------------------------------------
中止・配信ジャンルの変更・e-mailアドレス変更について
----------------------------------------------------------------------
今後、Eメール配信ジャンルを変更したい場合、
Eメール配信を中止したい場合は、
http://school.jma.or.jp/mailmag/user.php?mladdress=XXXXXX
にアクセスしてください。

e-mailアドレス変更の場合は、
http://school.jma.or.jp/mailmag/user.php?mladdress=XXXXXX
で一旦古いe-mailアドレスを削除していただき、
新たにe-mailアドレスを
http://school.jma.or.jp/mailmag/mail_entry/form.php
でご登録ください。

----------------------------------------------------------------------
▼個人情報のお取り扱いについて
http://www.jma.or.jp/privacy/

----------------------------------------------------------------------
問い合わせ先 日本能率協会 ものづくりユニット
技術・生産グループ 生産・購買チーム 
東京都港区芝公園3-1-22 〒105-8522
Tel: 03-3434-1930 Fax: 03-3434-6447