メールマガジン

2012/02/26 【R&D部門研修】 「モノづくり」から「コトづくり」へ〜これからの商品開発の考え方を学ぶ!


いつもお世話になっております。日本能率協会(JMA)です。

◎ 技術者のための“顧客価値商品”開発セミナー(3/15-16)【NEW】
◎ 2012年度 日本能率協会 MOTコースのご案内


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 ◎技術者のための“顧客価値商品”開発セミナー

売れる商品にはワケがある!「技術」×「マーケティング」×「機能」

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

●日程:2012年3月15日(木)〜16日(金) 
    
●会場:日本能率協会 研修室(東京都港区芝公園)

顧客・生活スタイル・消費者ニーズが多様化し、また提供されるサービス・
商品・情報も多様化しているなか、顧客を夢中にさせ、利益を生み出す新商品を
作り出すことは大変難しくなっているといえます。

「ものづくり」から「ことづくり」へ
経済同友会でも上記視点で提言を発信しています。
http://www.doyukai.or.jp/policyproposals/articles/2011/110624a.html

商品を開発する開発者・技術者であっても顧客価値を考え・理解し、顧客価値ある機能
に落とし込んで、自社の技術を活かす商品作りの考え方が必要であると考えます。

本セミナーでは、講義はもちろんのこと、参加者各位の製品も演習に落とし込みながら、
具体的な商品開発事例講演も交えて基礎と実践から学んでいただきます。
“柔軟な技術の活用”ができる開発・技術者の育成を目指し開催いたしますので、
商品開発に困っている皆様のご参加をお待ちいたしております。

●講師: NTテクノ企画 代表 中川 義弘 氏

●事例講演:「おどり炊き・GOPAN開発秘話 〜発想力がヒット商品につながる〜」
      元 三洋電機コンシューマエレクトロニクス(株)
      下澤 理如 氏 

※参加料・詳細プログラムなどは下記ホームページをご覧ください。↓
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=2179&mmgn=3222


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 「事業力」「創造力」のある技術リーダーを育成する!

  ●2012年度 日本能率協会 MOTコースのご案内

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

企業のグローバル化や国際競争の激化、価値観や働き方の多様化、
新興国市場の伸張、原料の高騰、自然災害など、企業を取り巻く
社会・経済の環境は急速に変化しつづけています。

今、このような変化にとんだ企業環境のなか、日本のもの創りの強みを支える
“開発・技術人材”はさらに活躍が期待されると同時に、グローバル視点、
顧客・現場視点がより重視されてくると考えています。

日本能率協会(JMA)のMOTコースは、これら社会変化を
取り入れ・反映した生きたMOTを学んでいただくべく、学識者・企業家・
コンサルタントを講師陣として招聘しております。

また研修においては、座学のみならず、グループディスカッションや演習を通じ、
他者(社)理解や気づきを得ること、他流試合を狙いとしてまいります。

次の開発・技術リーダーの経営・事業視点、グローバル視点、顧客・現場視点の
醸成を図る場として、是非2012年度のJMA MOT研修への参加をご検討ください
ますよう、お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------
■開発・技術・もの創り(MOT)プロフェッショナル・コース■

〜「創造開発力」を備え、経営・ビジネスの視点で物事をみることのできる
              研究・開発・技術者の育成を図る!〜
-------------------------------------------------------------------

MOT学習に関するテーマをほぼ網羅した長期コースで、
全体的なMOTを学ぶことが出来ます。
2012年度は特にどの項目に関しても、グローバル視点、顧客視点を盛り込む
講義とグループ演習を盛り込み、相互ディスカッションにおける気づきを
得ていただくプログラム構成を考えています。

◎日程:2012年7月〜11月 全12日間(合宿あり)

◎会場: 日本能率協会 研修室(東京都港区)ほか

◎参加対象: 開発・設計・技術担当のプロジェクトリーダー、
中堅スタッフまたは候補者
【年齢】30歳〜45歳程度を想定

◎参加料(予定・プログラムなど改定中につき変更あり):
 【会員】 約75万円/名  【会員外】約80万円/名

<プログラムテーマ(案)> ★合宿・ゲスト講演あり
・企業戦略、事業戦略、技術戦略の関係性
・MOTマーケティング戦略
・ビジネスモデル志向のものづくり
・企業活動と特許戦略
・コア技術戦略
・国際製品開発戦略・グローバル生産戦略
・計数管理とコストマネジメント
・プロジェクトマネジメント・チームマネジメント

※プログラム・参加料など決定次第、下記ホームページでご案内いたします。↓
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=622&mmgn=3222


-------------------------------------------------------------------
■未来志向のMOTイノベーション・コース
-------------------------------------------------------------------

MOTのなかでも“イノベーション理解”に特化したコースで、
中長期的な未来を志向しテーマ設定できる人材育成を目指します。

◎日程: 2013年1月〜2月の間で全5日間

◎会場: 日本能率協会 研修室(東京都港区)

◎参加対象:開発・設計・技術担当のプロジェクトリーダー、中堅スタッフ
      【年齢】35歳〜45歳程度を想定

◎参加料(予定・プログラムなど改定中につき変更あり):
 【会員】 約30万円/名  【会員外】約33万円/名
 
<プログラムテーマ(案)>
・未来志向のイノベーション〜イノベーションの本質を理解する〜
・価値創造と未来構想法
・新しい価値を創造する未来シナリオ
・未来シナリオから技術課題へ
・未来志向の事業化へ

※プログラム・参加料など決定次第、下記ホームページでご案内いたします。↓
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?code=780&mmgn=3222


----------------------------------------------------------------
★JMAでは、来年度「若手開発・技術者向けの基礎研修 年間会員」(1回半日)
システム・研修形態を検討しております。
「報連相」「プレゼンテーション」「技術文書」「ロジカルシンキング」などの
基礎講座をご用意。会員企業であれば、期間中開催の研修を何度でも受けて
いただける形態です。

次年度の若手開発・技術者の基礎研修の一環として、是非ご検討ください。

詳細は、別途ご案内いたします。ご質問については、下記問い合わせ先まで
ご連絡ください。
-------------------------------------------------------------------


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●研修・セミナーの参加申込方法に関するお問い合わせ先
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社団法人 日本能率協会 JMAマネジメントスクール 
東京都港区芝公園3-1-22 〒105-8522
Tel: 03-3434-6271 Fax: 03-3434-5505

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●上記研修プログラム・研修内容などに関するお問い合わせ先
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(社)日本能率協会 ものづくり支援事業ユニット 技術・開発推進チーム
TEL:03-3434-1410 FAX:03-3434-3593 メール: imd@jma.or.jp
http://school.jma.or.jp/mailmag/jump.php?url=http://imd.jma.or.jp&mmgn=3222


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●各種ご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社団法人日本能率協会は公益法人として会員組織を基盤としています。
法人会員の皆様には、各種調査・研究報告の無料情報提供はもとより、
教育・研修、専門展示会への参加料金割引や、経営・教育無料相談など
幅広いサービスを提供しています。会員外企業の皆様は是非この機会に
ご入会を検討ください。
会員制度の詳細につきましてはこちらをご覧下さい。
http://www.jma.or.jp/membership/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●中止・配信ジャンルの変更・e-mailアドレス変更について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今後、Eメール配信ジャンルを変更したい場合、Eメール配信を中止したい場合は、
http://school.jma.or.jp/mailmag/user.php?mladdress=XXXXXX
にアクセスしてください。

e-mailアドレス変更の場合は、
http://school.jma.or.jp/mailmag/user.php?mladdress=XXXXXX
で一旦古いe-mailアドレスを削除していただき、
新たにe-mailアドレスを
http://school.jma.or.jp/mailmag/mail_entry/form.php
でご登録ください。
--------------------------------------------------------------
【個人情報のお取り扱いについて】小会の個人情報保護方針をご覧下さい。
(http://www.jma.or.jp/privacy/)