国際ドローン展

ドローンの最新テクノロジーが一堂に!Introduction

ドローンの最新テクノロジーを一堂に集めた ショー(展示会)&カンファレンス(特別講演会)!!

日本ドローンコンソーシアムと日本能率協会の2団体主催のもと、2022年7月東京ビッグサイト東展示棟にて「第8回国際ドローン展」を開催して参ります。
ご存知のとおり、ドローンはさまざまな場での利活用が進み、次の新たなステージを迎えようとしております。
みなさまには本展を積極的にご活用いただけたら幸いです。
みなさまのご出展をお待ちしております。

一般社団法人日本ドローンコンソーシアム会長 千葉大学名誉教授 野波 健蔵
一般社団法人
日本ドローンコンソーシアム
会長
千葉大学名誉教授
野波 健蔵

第8回 国際ドローン展とはAbout

  • 国際ドローン展とはどんな展示会ですか?
    ~ドローンの最新テクノロジーを一堂に集めた ショー(展示会)&カンファレンス(特別講演会)!!~
    測量、インフラ点検、建築、農業、物流などさまざまな分野で、ドローン導入が加速度的に進んでいます。ドローン開発の第一人者 野波健蔵氏の発案で生まれた国内“さきがけ”の展示会『国際ドローン展』は、ドローンの開発・製造から各ソリューションと最新のテクノロジーを一堂に紹介する専門展示会です。
    前回の大阪開催から、日本ドローンコンソーシアムと日本能率協会がタッグを組み、2団体主催のもと、ドローンビジネスのさまざまな最新情報がご関係者へ向けて発信されました。
    毎年開催される「特別講演会・出展者セミナー」は関係者から高くご評価いただいております。
    会場内においても、ブース内での実機の展示・デモ実演に加え、一度に多数の専門企業に質問ができ、次につながるドローンビジネスの場として、活発な商談が行われております。
    ぜひ、技術課題や産業活用の糸口につながる情報発信の場としてお役立てください。
    みなさまのご出展をお待ちいたしております。
  • どのような製品・サービスが出展しますか?
    ドローン(無人航空機)、ドローンのデモ飛行、ドローン飛行技術、ドローン機体構成部品・機器や関連技術、ドローン活用ソリューションサービスに関する製品やサービスが出展します。

PAGE TOP

開催概要Outline

名 称
第8回 国際ドローン展
会 期
2022年7月20日(水)~22日(金) 10:00~17:00
会 場
東京ビッグサイト 東展示棟
主 催
一般社団法人日本ドローンコンソーシアム 一般社団法人日本能率協会
展示予定規模
500社/1,000ブース

※同時開催展含む

来場予定者数
30,000名

※同時開催展含む

入場方法
完全事前登録制(予定)

PAGE TOP

出展対象・来場対象Target

出展対象

  • ドローン活用ソリューションサービス
    • 測量
    • 農業
    • 物流
    • 点検・メンテナンス
    • 災害対策
    • セキュリティ
    • 撮影
    • その他
  • トータルソリューション
    • ドローン活用トータルソリューション
    • ドローン(無人航空機)
    • ドローンスクール、操縦訓練・シミュレーション
  • パーツソリューション
    • バッテリ
    • モータ
    • 無線技術
    • 充電・給電技術
    • プロペラ
    • サーモグラフィ
    • データ通信技術
    • センサ
    • 操縦機
    • 組込技術
    • 搭載カメラ
    • 画像処理技術 他
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ

来場対象

  • ドローンの開発・設計者
  • ドローンを活用したサービスのエンドユーザ(事業者)
  • ドローンを活用したい事業者
    • 政府機関
    • 自治体
    • 研究機関
    • 農業
    • 警備
    • インフラ・メンテナンス関連
    • 物流
    • 放送・撮影
    • サービス
    • ホビー など

販路開拓の絶好の場!!Sales channel

  • POINT01

    質の高い来場者が多いことが本展示会最大の特長です!!

第5回 国際ドローン展 業種別 / 職種別来場登録者数
業種別分類グラフ 職種別分類グラフ
  • POINT02

    実績あり!!

日本能率協会は、社会インフラ・土木分野、物流、農業分野など、年間約40本の展示会を主催しております。
小会が保有する顧客情報をフル活用して動員をはかります!!

  • POINT03

    展示会場内特別講演会も充実

  • POINT04

    同時開催展との相乗効果も!

メンテナンス、生産性向上、防災・減災、安全・衛生、リサイクルに特化した「メンテナンスレジリエンスTOKYO 2022」、メカトロニクス、エレクトロニクス及びそれらに関連する専門領域の最新技術と製品が展示され、各領域に対応した技術シンポジウムが開催されるアジア最大級の専門「TECHNO-FRONTIER」等と東展示棟内で同時開催されます。

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2022 TECHNO-FRONTIER2022/INDUSTRY FRONTIER2022
会場風景

PAGE TOP

第7回 国際ドローン展 JDCフォーラム/特別講演会
(2021年度実績 会場:東京ビッグサイト)
Special lecture

※2021年11月講演会プログラムです。(敬称略)

11月24日(水)
10:40

11:20
準天頂衛星システム『みちびき』の概要と最新利活用事例
内閣府宇宙開発戦略推進事務局
準天頂衛星システム戦略室 角田 大輔
11:50

12:30
小型ドローンを用いた建設現場のDX
株式会社Liberaware
代表取締役CEO 閔 弘圭
13:30

14:10
日の丸ドローンメーカーACSLの挑戦
株式会社ACSL
取締役会長
太田裕朗
14:40

15:20
建築物点検調査の動向と社会実装
一般社団法人日本建築ドローン協会
副会長 宮内 博之
宮内 博之 氏
15:50

16:30
地域特性を活かした官民協議会の取組
-社会実装に向けた自治体の広域連携-
東三河ドローン・リバー構想推進協議会事務局
(豊川市役所 企画政策課 課長補佐) 岩本 好生
岩本 好生 氏
11月25日(木)
10:40

12:30
農業セッション
スマート農業におけるドローンセンシング&空中作業の役割と課題
東京大学大学院 特任研究員 井上 吉雄
井上 吉雄 氏
果樹受粉ビジネスの実用化に向けた取り組みについて
東光鉄工株式会社 UAV事業部技術アドバイザー 鳥潟 與明
鳥潟 與明 氏
NTT e-Drone Technologyの取組みについて
株式会社NTT e-Drone Technology
代表取締役  山崎 顕
井上 吉雄 氏
農業用ドローンの普及拡大に向けて
農林水産省
農産局技術普及課 生産専門官
嶋津 光辰
13:30

14:10
空飛ぶクルマ(仮)
空飛ぶクルマ(eVTOL)の最新動向と日本での展望
テトラアビエーション
代表取締役社長 中井 佑
14:40

15:20
測量分野におけるドローンの利活用
株式会社パスコ
経営戦略本部 災害対策部 部長 下村 博之
15:50

16:30
レベル4の実現、さらにその先へ
内閣官房
小型無人機等対策推進室 内閣参事官 小熊 弘明
11月26日(金)
10:40

12:30
国際セッション
Matternet社におけるドローン物流の現状と将来展望(仮)
Matternet社
Wing社におけるドローン物流の現状と将来展望(仮)
Wing社
日米のドローン業界比較および利活用動向
Aerial Innovation, LLC 小池 良次
13:30

15:20
都市部でのドローン物流の取組
座長:WorldLink&Company 執行役員
技術統合化室 室長 渡辺 一生
ドローン物流事業の社会実装に向けた課題と事例紹介
ANAホールディングス株式会社デジタルデザインラボ
ドローンプロジェクトディレクター 信田 光寿
信田 光寿 氏
ドローン物流の実用化に向けて
楽天G ロジスティクス事業 ドローン・UGV事業部
ジェネラルマネージャー 向井 秀明
東京湾縦断飛行の取組と将来展望
先端ロボティクス財団 理事長 野波 健蔵
野波 健蔵 氏
15:50

16:30
災害対応もできるドローンのフェイズフリーな活用を考える
防災科学技術研究所
先端的研究施設利活用センター 副センター長 酒井 直樹
酒井 直樹 氏

PAGE TOP

PAGE TOP