参加者の声

企業ご担当者の声

東洋アルミニウム株式会社様【前編】

東洋アルミニウム株式会社
執行役員 人事部長 田中 明氏

世界で活躍するアルミニウム製品メーカー、
東洋アルミニウム株式会社。

2005年から日本能率協会の「階層別研修」にご参加いただいています。

JMAの研修に参加するきっかけから現在の課題まで、東洋アルミニウム株式会社 執行役員 人事部長 田中 明氏にお話を伺いました。

前編は「階層別研修」を導入したきっかけをお伺いしました。

「組織のフラット化」

JMA階層別の研修を導入したきっかけは?

田中氏一番大きな理由は「組織のフラット化」ですね。
その昔、私が営業をしていた頃は、わからないことがあると上司や先輩が全て教えてくれました。部下の育成が出来ていたんですね。それが、ある時期から組織がフラットになってしまった。管理職といっても担当としての仕事を持つようになっていったわけです。

JMA「階層」が無くなってしまったということですか?

田中氏そうです。
昇進しても、仕事の内容はそのまま変わらずだったわけです。
役職は上がっても、実際はプレーヤーとしての仕事を継続している。それでいきなり「管理職になったので部下を育成しろ」といっても無理なんです。それが当時の課題でした。

JMA研修の必要性が認識された理由は?

田中氏会社の中で「要(かなめ)になるのはどこだろうか」という話が持ち上がったときに、「やっぱり管理職だろう」という意見になりました。「マネジメント能力が必要だ」と。仕事ができる人材はいても、部下の育成が充分ではなかったんですね。
「部下の育成はちょっと…。方法も知らないし。」という感じで。

JMA研修を通じて「部下の教育」の方法を習得してほしいということが狙いだったのですね。

田中氏管理職の仕事は、当然、業績を上げることです。しかし、部下を育成することも重要です。管理職にその意識を持たせなければいけないというところが、研修を導入した一番大きな理由だったと思います。

研修・セミナー情報「階層別研修」

効果的な研修・セミナーをお求めの企業の皆様へ
JMA関西オフィスにお任せください。

TEL
06-4797-2050
FAX
06-4797-2051
資料請求・お問い合せ