説明会・イベント

人を活かす経営のためにモティベーション測定で組織の健康診断!

開催趣旨

コミュニケーションツールとしての「従業員意識調査」の活用

近年、経営環境が激変するなか、採用・育成・多様化への対応など「人材の強化」が経営課題として重要度を増してきています(*)。また企業が持続的に生産性を向上させていくためには、従業員一人ひとりのコンプライアンス意識や、働きがい、エンゲージメントを高めるような働き方改革が求められるでしょう。

人を活かす経営の実現には、定期的な組織の健康診断(従業員意識調査)が有効です。本説明会では、集団の意識や行動のメカニズムを専門に扱う社会心理学の知見から、働く人のやる気・やりがいを“ワーク・モティベーション”という切り口で捉え、従業員の意識を正しく測定するためのポイントを解説します。

既に意識調査を導入されている企業様では、
「調査結果をKPIや管理職の評価に使っている」
「○○に不満と回答が出たから不満を解消する策を打つ」

といった間違いをしていないでしょうか。

説明会では、調査の導入から結果の活用まで、調査を会社と従業員のコミュニケーションツールとすることの重要性、またその活用方法についてもご説明します。

* 第40回「当面する企業経営課題に関する調査」(2019年7・8月 日本能率協会)によると、現在の課題として「人材の強化」(41.0%)が「収益性向上」(44.4%)に続いており、その重要度が年々高まってきている(詳細はコチラから )。

開催概要

日時 2020年5月26日(火) 14時30分〜16時30分
形式 オンライン形式(ZOOM使用予定)
対象 経営幹部、経営企画、人事部門、CS部門、事業部門の責任者クラスの方々 
※1社2名まで
講師 公益社団法人 国際経済労働研究所 専務理事兼統括研究員
株式会社 応用社会心理学研究所 研究顧問
八木 隆一郎氏
費用 無料
定員 40名
プログラム
(予定)
  • 働き方改革による成果と課題〜ES(従業員満足度)調査からワーク・モティベーションへの転換
  • ワーク・モティベーション(WM)とは〜理論的背景に基づいた“やる気”の測り方
  • 品質問題と従業員の意識の関係〜健全な職場風土による品質問題の「予防」
  • WMは企業業績を予測する〜業績につながるモティベーションの状態
  • SRCのための意識調査〜コミュニケーションツールとしての活用法
  • 質疑応答

お申込みやお問い合せはこちらまで。

終了しました

TEL
06-4797-2050
FAX
06-4797-2051