KAIKA

Event

現在募集中のイベント

Pre Event

地方創生のトップランナー西粟倉村に学ぶ
SDGs時代の事業創出
~次世代イノベーター育成プログラム~

林業の再生から、起業支援、うなぎの養殖まで、次々と挑戦が生まれる人口1500人の村。全国から注目を集める地方創生の成功事例を視察する。

2050年には日本の人口は約1億人を切ると予想されています。

少子高齢化社会である日本の人口構造は大きく変化をし、経済市場の縮小や、 マーケットの変化、労働人口減少により求められる新しい働き方など、企業に大きな影響を与えます。

このような不確実性の高い社会の中で生き残るためには、どのように向き合っていく必要があるのでしょうか。

岡山県西粟倉村は既に、このような社会課題に向き合い、トップランナーとして挑戦を生み続けています。

ここでは、民間企業が強力なリーダーシップを発揮し、行政と協力しながら、 林業の再生を中心にバイオマスボイラーの活用、建築・不動産業、雇用創出、起業支援など、 新しい発想で持続可能な事業・地域づくりを実践しています。

西粟倉村からの学びは、高齢者マーケットの変化・国内市場縮小への向き合い方や、 SDGs起点のビジネス創造についてはもちろん、国内で事業を進める手がかりになります。

社会課題の現場に飛び込み、取り組みや熱量を体全体で感じることが、新たな事業創造の一歩を確信に繋げます。

イメージ写真
日程:
2020年3月11日(水) 13:30集合~3月13日(金) 15:00終了予定
視察先:
岡山県西粟倉村

集合・解散場所:
大原駅(智頭急行)大阪駅~岡山県大原駅まで電車で約1時間50分
ご宿泊先:
「国民宿舎・あわくら荘」
プログラム詳細:
  • 開催日:3月11日(水)
  • 開催場所:エーゼロ株式会社 企業訪問/講演
  • ◆人口減少と過疎化が進む地域での持続可能なビジネス創造
  • 西粟倉村で地域づくり/事業づくりを行なっており、キーパーソンでもある牧大介氏の講演。
    人口減少が進む地域で見出すビジネスの可能性や、人・地域・森を活かした地方創生の事業創造について学ぶ。

    スピーカー:株式会社西粟倉・森の学校/エーゼロ株式会社 
    代表取締役 牧 大介氏

  • 開催日:3月11日(水)
  • 開催場所:村役場職員レクチャー
  • ◆地方創生のトップランナー官民連携の仕組み
  • 西粟倉村のビジョン、取組み、起業支援、SDGs、サステナブルな事業事例等について紹介。
    行政と民間が協働して取り組む地域づくりの仕組みや政策、人々の暮らしとは?

    スピーカー:西粟倉村役場産業観光課 担当者

  • 開催日:3月11日(水)
  • 開催場所:夕食・懇親会
  • ◆地域の方を交えた懇親会
  • 地域の皆さんと話を交わしながら、交流を深める。

  • 開催日:3月12日(木)
  • 開催場所:西粟倉・森の学校(製作所)訪問
  • ◆持続可能性とビジネスの両立に挑む、森林ビジネスの現場訪問
  • 年商3億円の製材工場。
    地域の間伐材を有効活用し、タイルカーペットのように使い勝手のよい個人向け商品として開発した「ユカハリ・タイル」は年間3万枚売れている。
    木材産業・林業での生き残り方、サステナブルなエネルギー活用、村内の雇用創出、地域再生ビジネスを実施する工夫、裏側を紹介。

  • 開催日:3月12日(木)
  • 開催場所:旧影石小学校視察
  • ◆持続可能性とビジネスの両立に挑む、森林ビジネスの現場訪問
  • 旧影石小学校は平成11年に廃校となり、今ではローカルベンチャーの事務所やお店、障がい者就労継続支援施設の作業所として、有効活用されている。
    また、製材工場から出た端材をバイオマスボイラーの燃料として利用し、体育館でサステナブルなうなぎの養殖に取り組んでいる。
    うなぎは都内の有名店に出荷され、高級品として取引されている。養殖ビジネスを始めた経緯、発想のきっかけ、エネルギーの活用法とは?
    また森のうなぎを実食し、つながりを体感する。

  • 開催日:3月12日(木)
  • 開催場所:ローカルベンチャーヒアリング
  • ◆過疎地での新規ビジネス創出の実際
  • 西粟倉村はここ10年間で30以上のローカルベンチャー(地域を拠点に置くベンチャー)が生まれている。
    地域を活性化させる実践者に西粟倉に移住、起業した経緯を聞く。
    また、行政との連携や、地域のリソースや特徴を活かしたイノベーションの源泉に触れる。

    スピーカー:西粟倉村の起業家2名を予定。

  • 開催日:3月13日(金)
  • 振り返り
  • ◆日本全国に広がる地域×企業の新規事業の可能性とダイアログ
  • 西粟倉村と同じように、全国でも地方の高齢化・人口減少に立ち向かう様々な挑戦が実施されている。
    その中には、地域と企業が連携し、地域課題解決を目指す事業も多く出現してきた。
    全国の様々な事例を紹介しながら、日本と企業の未来を考え、対話する。

    スピーカー:NPO法人ETIC. 事業統括ディレクター 山内 幸治氏

  • 開催日:3月13日(金)
  • 振り返り
  • ◆自社内でのアクションプラン検討
  • 西粟倉村のキーパーソンと参加者同士の対話を交えながら、学びを仕事にどう活かすかを考える。

■主な講師陣

  • 株式会社西粟倉・森の学校/
    エーゼロ株式会社 代表取締役
    牧 大介 氏

  • NPO法人ETIC. 事業統括ディレクター
    山内 幸治 氏
      

参加対象:
  • ◆経営企画部門や事業企画部門で新規事業開発を担当している方
  • ◆少子高齢化によるマーケットの変化に対応するビジネスを考えている方
  • ◆地域のリソースを活用した持続可能なビジネスを考えている方
  • ◆SDGsや社会課題と企業の取り組みやビジネスについて興味のある方 など
募集人数:
24名 ※定員になり次第受付終了 
参加料:
会員区分 【早割】
(2020年1月31日(金)まで)
【通常価格】
日本能率協会・ETIC.会員 180,000円(税別) 210,000円(税別)
会員外 200,000円(税別) 230,000円(税別)

※上記は予定のため変更となる可能性があります。

まずは以下より事務局までご連絡ください。

お問い合せ先