温室効果ガス排出量検証

HOME > 温室効果ガス排出量検証|サプライチェーン(スコープ1, 2, 3)のGHG排出量検証

サプライチェーン(スコープ1, 2, 3)のGHG排出量検証

JMAのサプライチェーン(スコープ1, 2, 3)のGHG排出量検証

最近、国内外で、サプライチェーンの温室効果ガス(GHG)排出量を把握・公表する流れが出てきています。

GHG排出量の効果的な情報開示は、企業の信頼性向上につながります。
日本能率協会(JMA)では、GHG排出量の検証を実施します。
また、一般社団法人日本能率協会(JMA)は、CDPの気候変動の第三者検証パートナー(Verification partner)として認定されました。第三者の立場として、より公平性を保ちつつ、貴社と共に排出量の透明性に努めたいと存じます。

詳細はこちら
CDPロゴ

CDP認定第三者検証パートナー
(CDP Verification Partner)

GHG 排出量の算定及び報告の原則と検証

GHG プロトコル※によると、GHG 排出量の算定及び報告は下記の原則があると定められています。

※GHG 算定の国際的な枠組み https://ghgprotocol.org/

  • 妥当性(Relevance)・・・算定範囲を定義すること

    近年グループ会社等、算定範囲が拡大し、算定担当者が「どこまでが算定範囲」か分からなくなってくる場合があります。
    算定範囲と検証範囲が異なる場合も出ていますので、まずはそこから整理する必要があります。

  • 完全性(Completeness)・・・算定範囲内においてあらゆるGHG の排出源及び関連する

    活動を説明すること
    何を例外とするのか、明確でない場合があります。
    例えばA工場では算定範囲としている排出源がB工場では対象外となっている等。算定手順書などを用いて、完全性について、ルール化することが重要です。

  • 一貫性(Consistency)・・・継続的な比較を可能とすること

    スコープ3 の算定の場合、取引先のスコープ1,2 を活用するなど、今後複雑化していく可能性があります。
    〇〇年はどのような算定方法によってGHG排出量を算定したのか、算定手順書などを整理し、明確にする必要があります。

  • 透明性(Transparency)・・・重要な仮説や利用した参照資料は公開すること

    単位発熱量、排出係数、スコープ3 の原単位等々、毎年参照が変わる可能性があります。
    過去の算定を振り返る機会も増えることが予想されることから、〇〇年の原単位、もしくはバージョンを明記する必要があります。

  • 正確性(Accuracy)・・・GHG 排出量算定が正確性を満たしていることを確実にすること

    人のミスは必ず起こるものです。
    今後IT化が進むと想像されますが、どこかで人の手が介在します。
    ダブルチェックの方法を定めてミスが起きない体制づくりが求められています。

検証の方法

上記の原則と留意点を考慮しながら、算定プロセスの確認、根拠資料の確認、現地検証(オンラインにて実施する場合があります)、算定担当者もしくは責任者の方への聞き取り等により検証を進めて行きます。
まずはお問い合わせをいただくところからスタートです。 下記に全体フローと詳細フローを付します。

サプライチェーン(スコープ1, 2, 3)のGHG排出量検証のプロセス

お問い合わせ 検証内容についてはこちらにお問い合わせください。
 
事前お打合せ・仕様の確認 検証内容の説明をさせていただきます。また、見積作成が必要な場合は仕様の確認をいたします。
 
見積書作成 見積時に保証の水準:合理的保証、限定的保証を明記し、合意を図ります。
見積内容で不明な点がございましたらご連絡ください。※見積書作成までは費用は発生しません。
ご契約 見積書・仕様書の情報をもとに契約締結いたします。
 
検証チームの決定/検証計画作成 担当させていただく検証チームを編成し、併せて検証全体のスケジュールを確認します。
 
算定報告書・関連資料のご提供 算定報告書及び関連する資料を事前にご提供いただきます。
 
文書審査 算定報告書の内容について、ガイドライン*に基づいて算定プロセス・算定体制、排出源の確認等を行います。審査結果は審査項目ごとにチェックリスト形式でご提示、ご説明します。*既存制度のガイドラインあるいは事業者様が用いているガイドライン
現地審査 事業者様を訪問させていただき、資料確認及びインタビューを行います。また、検証時に発見された問題について、修正依頼をします。※オンラインにて実施する場合があります。
 
算定報告書の記載内容訂正等のご対応 文書審査、現地審査での指摘事項へのご対応状況を確認します。
 
第三者検証報告書の発行 第三者検証報告書を発行します。

検証のお問い合わせはこちら

検証の進め方詳細

実際の検証では下記のフローで進めていきます。

※検証にて確認する資料リスト: 現地検証時に確認する内容、確認する資料をリスト化し、事前に送付します。 (検証全体のプロセスを効率的に進めます)

1.事前に送付いただく資料について

(1)以下の資料はインタビュー、及び、現地検証実施前にご提出ください。

  1. 算定報告書
  2. 算定方法等が記載された算定手順書
  3. 各事業所の算定報告書、及び各月のエネルギー使用量がわかる集計表

(2)全体算定取りまとめの方(算定担当者)へのインタビュー実施

上記1~3をもとにインタビューを実施します。また、可能であれば、当方が指定した事業所の使用量が分か る購買伝票等を事前に送付願います。※サンプリングで行う場合があります

算定報告書例(画像は横スクロールにてご覧いただけます)

2.現地検証の実施

※上記1~3をもとにサンプリングで現地検証を実施します。事前に当日のスケジュールやご用意いただき たい資料のリストを送付いたします。

(1)確認する資料の一例
  • 敷地境界
    公的機関に提出している平面図や、竣工図に添付された位置図
  • 設備の配置図
    主な設備が分かる配置図
  • モニタリングポイント
    単線結線図やガス配管図
  • 単位変換資料の確認
    購買伝票の使用量から単位変換を行っている場合は、その根拠資料を確認します。場合によっては本社で事前に伺います。
  • 単位発熱量、排出係数の確認
    CO2排出量算定の際に使用した単位発熱量や排出係数の根拠資料を確認します。場合によっては、本社で事前に伺います。
(2)現地検証のスケジュール(案)

現地検証当日のスケジュールの概要は下記の通りです。

  • 10:00~10:15:初回会議

    検証の進め方等をご説明します。

  • 10:15~12:00:基本情報、敷地境界確認の確認
    1. 算定手順の確認
      貴社の定めた算定手順を事前に送付していただき、その通りに算定が進められたか、確認します。
    2. 排出源、モニタリングポイントをご用意いただいた資料をもとに確認します。
    3. 算定体制の確認
  • 13:00~14:00:現場視察(敷地境界、排出源、モニタリングポイントの確認)

    算定範囲(敷地境界)の確認や、主な排出源、モニタリングポイントの確認を行います。

  • 14:00~16:00:算定値確認

    購買伝票や、メータの読み値等の根拠資料と算定報告書の数値の突合せを行います。

  • 16:00~16:45:残件の確認、及び、検証とりまとめ
  • 16:45~17:00:現地検証報告会議
(3)当会から送付する資料

現地検証の際に、ご用意していただきたい資料のリストと当日のスケジュールを事前にご連絡いたします。また、現地検証の結果、修正していただきたい内容がある場合は、「記録」等の用紙にまとめ、ご提出いたします。

(4)修正の依頼

現地検証の結果や事前の生類確認によって、修正をお願いします。修正版を改めて確認し、場合によっては追加で資料を送付いただきながら、検証を進めます。

(5)内部のレビュー(テクニカルレビュー)

修正対応が終了した時点で、検証報告書のドラフトを作成します。そのうえで、今回検証に加わらなかった者が改めて貴社の算定報告書、検証チームが作成した検証報告書をレビューします。レビューの結果、修正をお願いする場合がありますので、ご了承ください。

(6)検証報告書の発行

レビュー後、検証報告書を発行いたします。

検証報告書に記載する意見表明については、下記で実施いたします。

  • 無限定適正意見:不確実性、或いは誤りが重要性の基準値未満の場合。
  • 限定付適正意見:不確実性、或いは誤りが重要性の基準値未満であるが、重要な情報の表示が、合意した手順、ルール等に準拠していない場合。
  • 不適正意見:不確実性、或いは誤りが重要性の基準値以上の場合。
  • 意見不表明:重要性の基準値以上の温室効果ガス排出源の排出量について手続の制約があった場合。
    例:根拠資料の焼失)

なお、保証レベルに応じた検証意見の表記となります。


検証のお問い合わせはこちら

JMAが選ばれる理由

  1. 70年間に亘って培ってきた、マネジメント技術・改善ノウハウをバックグラウンドとした、質の高い監査を提供できます。
  2. ISOの認定(温室効果ガス)と、国連の指定運営組織(DOE)の認定に基づいた、グローバルに通用する信頼性の高い監査を提供できます。
  3. いずれの利害関係者からも独立した、真に公正・中立な第三者評価を提供できます。

検証のお問い合わせ・お見積りはこちら

検証審査員募集

PAGETOP