INCHEM TOKYO 2021

2021年11月17日(水)19日(金) 10:00~17:00

東京ビッグサイト 南展示棟交通アクセス

出展者インタビュー

関西化学機械製作株式会社Interview

関西化学機械製作
株式会社

    代表取締役社長

    工学博士

    野田 秀夫 氏

※INCHEM TOKYO 2019 プラントショー出展

私たちの技術をまだご存知ない方に、どのように知っていただくか

自社だけではく、様々な会社にもお声がけし、新しい情報を伝えやすくなるように
事務局
今回ご出展いただいている内容や特長についてご紹介をお願いします。
野田氏
私どもは、蒸留、蒸発、抽出とか分離技術のエンジニアリング・メーカーです。
新製品の新型短工程蒸留装置「SPDムートン」、非接触式 多段薄膜蒸発装置「WWムートン」、蒸発の最初から最後まで伝熱面積を100%有効利用できる「ウォール ウェッター」など、私たちの製品を説明し、使っていただけるようにお客様にアピールしたいというのが目的です。
事務局
今お持ちの課題について、差しさわりない範囲でお聞かせください。
野田氏
私たちの技術をまだご存知ない方にアピールできたらと思います。例えば、北陸へ行った際に、「えっ、こんなものがあるのですか」と言われたことがあります。そういう状況をどうしたらいいかと考えています。東京圏で出展しているだけではダメなのかなと思うこともあります。インターネットでも、いろんな情報を出していますけど、なかなか思うようにはいきません
事務局
まだ会期の途中ですが、ご出展のご感想をいただけますか。
野田氏
ご来場者様は更に増えていただきたいと思いますが、私たちのブースに来られた方は、前回に比べ、少し多いですね。名刺の数をカウントしていますので把握しています。
事務局
今後に向けて一言メッセージをいただけますか。
野田氏

私たちの製品は、溶媒回収したり、精製したり、環境的な問題も解決します。また、酵素法で例えば廃液を有益なものに変えるといったプロセスも展示しています。このようにSDGsへの貢献も考えております

またの関東の展示会では、どうしても西日本からご来場される方が少ない印象です。プラントショーOSAKA(2020年大阪開催)で、大阪近辺の方の来場者様が増えることを期待しています。そのために、自社だけではなく、様々な会社様の支援・協力を依頼し、西日本のユーザー様にも新しい情報を伝えやすくなるようにと考えております。

事務局
どうもありがとうございました。
出展者インタビュー一覧に戻る

page top