INCHEM TOKYO 2021

2021年11月17日(水)19日(金) 10:00~17:00

東京ビッグサイト 南展示棟交通アクセス

講演者・講演テーマ、講演順が変更となる場合がございます。

INCHEM TOKYO 2021 特別講演会

11月17日(水)

(敬称略)

A会場
化学プラントにおけるDXの現状と今後
10:45~11:30 【基調講演】
スマート保安の重要性と政策動向
経済産業省 産業保安グループ保安課 課長補佐 高橋 興道 スマート保安の重要性と政策動向について、経済産業省の取組みを中心にお話しします。
11:50~12:30 化学プラントのDXの現状と提言 東京農工大学 教授
(化学工学会AI・IoT委員長)
山下 善之
化学プラントにおけるDXの現状と今後に向けた提言について、化学工学会のAI・IoT委員会の調査結果を中心に最新の動向を交えてお話しします。
13:00~13:40 化学プラントのDX活用のための人材育成 合同会社コンサランス
代表
高安 篤史
化学プラントのDXは、人材育成が成否を分けるといわれている。当講演では、「プラント運転・保安IoT/AI人材育成講座」の開発者であり、DXコンサルタントを実施している講師が実践的な人材育成のノウハウをお話しする。
14:00~15:40 パネルディスカッション「化学プラントにおけるDXの現状と今後」 14:00~15:00 各企業から話題提供
15:00~15:40 パネルディスカッション

    パネリスト:

  • 三菱ケミカル株式会社 生産技術部DX推進グループGM 青山 貴征
  • 住友化学株式会社 生産技術部 担当部長 平石 康晃
  • 三井化学株式会社 生産技術高度化推進室室長 江崎 宣雄
  • 株式会社カネカ 常務執行役員 IoT Solutions Center長 鷲見 泰弘
  • 合同会社コンサランス 代表 高安 篤史

    モデレーター:

  • 山下 善之(東京農工大、化学工学会AI・IoT委員長)
B会場
各業界における低炭素化動向
10:45~11:25 カーボンニュートラルの実現に向けた化学産業の責務と貢献 住友化学株式会社
理事 カーボンニュートラル戦略審議会事務局長 技術・研究企画部長
辻 純平
化学産業には自らが生産活動の中で排出するGHGを削減する「責務」と、LCAの観点でCNに資するソリューションを開発・提供する「貢献」の両者に取り組む必要がある。直面する諸課題と業界が取り組む事例を紹介する。
11:50~12:30 「JERA ゼロエミッション2050 」への挑戦について 株式会社JERA
経営企画本部 上席推進役
高橋 賢司
低炭素社会の実現を積極的にリードしていくため当社は、2050年時点で排出されるCO2の実質ゼロに挑戦する「JERAゼロエミッション2050」を掲げた。本講演では電気事業の低炭素化の動向と共に当社の取り組みについて紹介する。
13:00~13:40 鉄鋼業および日本製鉄のカーボンニュートラルへの取り組み 日本製鉄株式会社
環境部 部長代理
堂野前 等
鉄鋼材料は用途が広く大量に生産される為、鉄鋼業からのCO2発生も多量である。しかし世界の鉄鋼業は、カーボンニュートラル実現に向けて生産技術の革新に動き始めた。当社の取り組みを中心にその内容を紹介する。
14:00~14:40 船舶業界における低炭素化の取り組み 日本郵船株式会社
グリーンビジネスグループ グループ長
横山 勉
国際海運から排出される CO2 排出量は約7億トンに及ぶと言われており、世界全体の排出量の約 2.1%を占めています。本講演では、日本郵船が挑む脱炭素化の実現に関して、具体的な取り組みと課題についてご紹介します。
15:00~15:40 サントリーグループのGHG排出実質ゼロに向けた取組み サントリーホールディングス株式会社
サステナビリティ経営推進本部 サステナビリティ推進部 部長
内藤 寛
総合酒類食品メーカーとして国内ならびにグローバルで事業を展開しているサントリーグループの脱炭素に向けた取組みを紹介する。
C会場
低炭素社会に求められる燃焼技術
10:45~11:30 【基調講演】
CO2フリー アンモニア直接燃焼
東北大学
流体科学研究所 教授
小林 秀昭
2050年カーボンニュートラルに向けて、火力発電等の有力な候補燃料とされるアンモニアの直接燃焼技術を燃焼科学に基づく基礎燃焼特性と共に紹介する。
11:50~12:30 工業炉の脱炭素化への取り組みについて 中外炉工業株式会社
商品開発部 部長
友澤 健一
我が国における工業炉からの CO2排出量は、国内排出量の約 17%を占め、その脱炭素化に取り組む意義は大きい。本講演では、工業炉の脱炭素技術として、水素/アンモニア燃焼、電化について技術開発・導入事例を紹介する。
13:00~13:40 燃料アンモニア利用による石炭火力・ガスタービンのゼロエミッション化 株式会社IHI
戦略技術統括本部 戦略技術プロジェクト部 主幹
須田 俊之
石炭火力,ガスタービンにおけるアンモニア利用技術開発の状況について発表する。
14:00~14:40 ガスタービンにおける水素燃焼技術の紹介 川崎重工業株式会社
エネルギーソリューション&マリンカンパニー 理事
辰巳 康治
温室効果ガス削減が求められる中、弊社はCO2フリー水素チェーンの構築を目指しており、水素ガスタービンもその一角を担います。本講演では、弊社の水素ガスタービンの特徴、開発状況について説明いたします。
15:00~15:40 カーボンフリー発電の実用化に向けて -ガスタービンにおける水素・アンモニアの利用 - 三菱重工業株式会社
ガスタービン技術部 技監・技師長
谷村 聡
三菱重工業(株)における脱炭素社会に向けた取り組みと水素・アンモニアを燃料とする発電用ガスタービンの開発状況を紹介する。

page top