HRX2022
会期
2022.10.26(Wed.)10.28(Fri.)
会場

東京ビッグサイト 西展示棟ACCESS

SEMINAR セミナープログラム

JMA80周年記念
~アスリートの"失敗"から学ぶ~
「経営マネジメント特別フォーラム」

※法人格、敬称略、発表者・講演日時が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

10月26日(水)
13:30

14:20

チームマネジメントの要諦

チームのパフォーマンスを最大限にする要諦はなにか?
リーダーに必要な能力とチームマネジメントを成功させるポイントについて議論する
アスリート
中村 憲剛 氏

サッカー元日本代表/
サッカー指導者・解説者
中村 憲剛

経営者
平松 浩樹 氏

富士通
執行役員 EVP CHRO
平松 浩樹

1980年10月31日生まれ。東京都出身。
中央大学卒業後、2003年に川崎フロンターレに入団し、同年Jリーグ初出場。
以降、現役生活18年をすべて川崎で過ごし、Jリーグ通算546試合出場83得点を記録。
司令塔として3度のJ1優勝に貢献し、Jリーグベストイレブンに8度選出、16年にはJリーグ最優秀選手賞を受賞した。
日本代表では68試合出場6得点。2010年南アフリカワールドカップ出場。
20年限りで現役を引退後は、サッカー指導や解説業など多分野で活躍をしている。

1989年富士通株式会社に入社。
2009年より役員人事の担当部長として、役員人事・グローバル役員報酬の制度企画・指名報酬委員会の立上げ等に参画。
2018年より人事本部人事部長としてタレントマネジメント、幹部社員人事制度企画・ジョブ型人事制度の企画を主導。
2020年4月より執行役員常務として、ジョブ型人事制度、ニューノーマル時代の働き方・オフィス改革に取り組んでいる。
2021年より現職。

15:00

15:50

人材育成の不易流行

レガシースポーツの象徴である大相撲における人材育成。
時代の転換により指導方法も変わりつつある。
その中でも、いつまでも変化しない本質的なもの、
新しく変化を重ねているものをも取り入れていくものを整理し、
ビジネスにおける人材育成との共通項を探る。
アスリート
二所ノ関親方

日本相撲協会
二所ノ関親方

経営者
杉原 章郎氏

ぐるなび 代表取締役社長
楽天野球団 取締役
楽天ヴィッセル神戸 取締役
杉原 章郎

第72代横綱 稀勢の里
茨城県牛久市出身
昭和61年7月3日生
平成14年 中学校卒業後角界入門
平成16年5月場所 新十両昇進
平成16年11月場所 新入幕
平成24年1月場所 大関昇進
平成29年3月場所 横綱昇進
平成31年1月場所 現役引退
令和3年3月 早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了
生涯戦歴 800勝496敗97休(101場所)
幕内戦歴 714勝453敗97休(85場所)

■生年月日:1969年8月26日
■出身地:広島県
■最終学歴:慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科修士課程修了
■略歴
1996年3月 インターネットサービス会社起業
1997年2月 株式会社エム・ディー・エム(現 楽天グループ株式会社)の共同創業者として参画
1999年11月 楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社) 取締役新規事業開発部部⾧
2000年10月 楽天ブックス株式会社(現 楽天グループ株式会社)代表取締役社⾧
2003年3月 楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社) 取締役 執行役員
2006年4月 楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社) 取締役 常務執行役員EC事業カンパニー 第二EC事業本部本部⾧
2007年7月 楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社)取締役 常務執行役員CPO (Chief Produce Officer)開発編成統括本部本部⾧
2012年4月 楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社) 取締役 常務執行役員人事総務担当役員
2016年3月 楽天株式会社 (現 楽天グループ株式会社)常務執行役員
2018年10月 楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社) 常務執行役員 オペレーションディビジョン CHO (Chief Health Officer) シニアディレクター(Operation Division)
2019年6月 株式会社ぐるなび 代表取締役社⾧(現任)

10月27日(木)
11:00

11:50

個の力が活きる組織

強い個が集まっても、必ずしも強い組織になるとは限らない。
強い個が組織の中でも高いパフォーマンスを発揮できるようにする秘訣を探る
アスリート
水谷 隼氏

元プロ卓球選手
水谷 隼

経営者

大手企業人事責任者登壇予定

1989年6月9日生まれ、静岡県磐田市出身のプロ卓球選手。
両親の影響で5歳から卓球をはじめる。天性のボールセンスで注目を集め、
中学2年時よりドイツ・ブンデスリーガに卓球留学し、才能を磨いた。
2005年に行われた世界選手権個人戦では、当時史上最年少の15歳10ヶ月で出場し、
当時世界ランキング8位の荘智淵(チャイニ ズタイペイ)を破る。
同年のアジア選手権でも、当時世界ランク2位、アテネオリンピック銀メダリストの王皓(中国)を破るなど
日本の若きエースとして頭角を現す。
2007年全日本卓球選手権では、当時史上最年少の17歳7ヶ月で優勝。
この優勝から2011年まで史上初の男子シングルス5連覇を達成。
2019年全日本卓球選手権において前人未到の通算10回目の優勝を成し遂げた。

2008年北京オリンピック、2012年ロンドンオリンピック出場。
2016年リオデジャネイロオリンピックでは、男子団体銀メダル、男子シングルスでは男女を通じて日本人初のメダルを獲得した。

2021年開催の東京オリンピックでは、新種目として追加された混合ダブルスに出場し、
日本卓球史上初の金メダルを獲得。
また男子団体では銅メダルを獲得し、2大会連続のメダル獲得となった。

15:00

15:50

グローバルで活躍するリーダーの思考と行動

異なる文化を有するメンバーが集まる組織をどうマネジメントするか?
グローバルで活躍するリーダーの在り方について議論する。
アスリート
太田 雄貴氏

元フェンシング選手
太田 雄貴

経営者
ハロルド・ジョージ・メイ 氏

ハロルド・ジョージ・メイ

国際オリンピック委員会 アスリート委員
国際フェンシング連盟 理事
1985年11月25日生、滋賀県出身
平安中学・平安高校(現:龍谷大学付属平安中学・高校)、同志社大学出身。
小学校3年生からフェンシングを始め、小学、中学、高校と全国大会を連覇。
2008年 北京オリンピック 個人銀メダル獲得。
2012年 ロンドンオリンピック 団体銀メダル獲得。
2016年 リオデジャネイロオリンピックにも出場。
日本人で初めてとなる国際フェンシング連盟 理事に就任し同年に現役引退。
2016年11月 国際フェンシング連盟 理事に就任。
2017年6月 公益社団法人 日本フェンシング協会理事に就任。
2017年8月 公益社団法人 日本フェンシング協会会長に就任。(2021/6/19退任)
2018年12月  国際フェンシング連盟 副会長に就任。(2021/11/28退任)
2021年8月 国際オリンピック委員会 アスリート委員に就任。
※IOCアスリート委員会は81年発足(当初は会長指名選出)
 96年から選挙制となり日本人としては初当選
 日本人就任は長崎宏子さん、小谷実可子さん以来3人目

10月28日(金)
13:30

14:20

世代融合型の組織が生む新たな価値

世代交代のタイミングの重要性や、ステークホルダーに対する説明責任、
退任・昇格者に対するフォローなど、決断を下してきたリーダーの経験から学ぶ。
アスリート
西野 朗 氏

サッカー指導者
西野 朗

経営者
宮部 義幸氏

パナソニックホールディングス
取締役/副社長執行役員
宮部 義幸

1955年埼玉県生まれ、埼玉県立浦和西高等学校を経て、早稲田大学に入学。
在学中に日本代表に選出される。
1978年に日立製作所へ入社し、1985年に日本サッカーリーグタイ記録の8試合連続得点をあげ
ベストイレブンにも選出された。
1990年に現役を引退。その後指導者としてJリーグの監督を歴任。
J1リーグでの監督通算270勝は歴代1位。前サッカー日本代表監督。
2019年7月から2021年7月までサッカータイ代表およびU-23代表監督を務めた。

15:00

15:50

自律型人材をどう育てるか?

アスリート
井端 弘和氏

元プロ野球選手
井端 弘和

アスリート
飯塚 智弘氏

NTT東日本
野球部前監督
飯塚 智弘

アスリート
若山 裕晃氏

四日市大学
総合政策学部 教授
若山 裕晃

経営者
杉原 章郎氏

ぐるなび 代表取締役社長
楽天野球団 取締役
楽天ヴィッセル神戸 取締役
杉原 章郎

1968年7月16日生まれ。愛知県出身。
中京高校(現中京大学附属中京高校)、明治大学、東海理化の各野球部に在籍。
競技引退後、中京大学大学院体育学研究科へ進学、博士(体育学)取得。
中京大学大学院体育学研究科助手を経て、現在は四日市大学総合政策学部教授を務める。
メンタルトレーナーとして、三菱ふそう川崎野球部、ホッケー男子日本代表、
トヨタ自動車硬式野球部、NTT東日本野球部、明治大学硬式野球部などを指導。
著書『野球メンタル強化メソッド』(実業之日本社)

■生年月日:1969年8月26日
■出身地:広島県
■最終学歴:慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究科修士課程修了
■略歴
1996年3月 インターネットサービス会社起業
1997年2月 株式会社エム・ディー・エム(現 楽天グループ株式会社)の共同創業者として参画
1999年11月 楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社) 取締役新規事業開発部部⾧
2000年10月 楽天ブックス株式会社(現 楽天グループ株式会社)代表取締役社⾧
2003年3月 楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社) 取締役 執行役員
2006年4月 楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社) 取締役 常務執行役員EC事業カンパニー 第二EC事業本部本部⾧
2007年7月 楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社)取締役 常務執行役員CPO (Chief Produce Officer)開発編成統括本部本部⾧
2012年4月 楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社) 取締役 常務執行役員人事総務担当役員
2016年3月 楽天株式会社 (現 楽天グループ株式会社)常務執行役員
2018年10月 楽天株式会社(現 楽天グループ株式会社) 常務執行役員 オペレーションディビジョン CHO (Chief Health Officer) シニアディレクター(Operation Division)
2019年6月 株式会社ぐるなび 代表取締役社⾧(現任)

司会・進行
田中 大貴 氏

インフライト
田中 大貴

1980年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。
大学時代は体育会野球部に所属し、東京六大学でプレーする。
2003年~フジテレビに入社し「とくダネ」「すぽると」「HERO’S」、スポーツ中継等を担当。
バンクーバー五輪、リ五輪現地キャスター等、MC、実況者を歴任。
2018年~独立。スポーツアンカー、経営者として活動中。東京五輪ではIOCベニューMCを務めた。
番組MC、実況、執筆連載などメディア出演の他にInflight.co.,Ltdを立ちあげ、幅広くスポーツビジネスを展開している。