医療・福祉施設のための設備・機器の総合展示会

院内物流のスマート化+
自動化ワーキンググループ

開催にあたってWorking Group

医療・福祉・介護施設のための総合展示会であるHOSPEX Japanは、設備機器・ソリューションを通して医療従事者が本来業務に専念できる環境づくりを目指す「院内物流のスマート化+自動化ワーキンググループ」を立ち上げました。

WGでは、「スマート化」に関する課題を病院・メーカーが双方向で議論する場を設け、さらに日本医療福祉設備学会よりアカデミーの知見を加え、「病院のスマート化」「院内物流のスマート化+自動化」を考え、10月の会期には企画展示として空間を再現し、短期(すぐに実現)・中期(各社のソリューションを組み合わせて実現)・長期(建築・設計も加味して実現)で分け、今後の病院の「望ましい姿」を提示します。毎月実施する会合の様子を、発信してまいります。

PAGE TOP

開催レポートReport

PAGE TOP

ワーキンググループの流れFlow

  • 2022年4月
    1)現状把握

    ○病院の現状・課題共有

    ○企業のソリューション共有

  • 2022年5〜6月
    2)仮説構築

    ○課題深堀

    ○実現可能なソリューションのアイデア出し

  • 2022年7月
    3)検証

    ○病院見学

    ○現場の生の声収集

    ○実証実験

  • 2022年8〜9月
    4)ソリューション検討・効果推定

    ○病院見学・検証を踏まえてのソリューション検討

    ○中・長期的に考えられるソリューション検討

  • 2022年10月
    5)成果発表

    ○展示会場での企画展示、セミナーによる発表

PAGE TOP

PAGE TOP
来場事前登録はこちら