Japan Home & Building Show 2022

会期
2022.10.2610.28
会場

東京ビッグサイト東展示棟ACCESS

講演会・セミナーを毎日開催!
みらいのたね賞ツアーのご案内
来場事前登録受付中
WEBガイドはこちらから
  • 九州ホームショー
  • 今年の目玉企画をご紹介!
  • 出展残り枠数
  • トイレシンポジウムのご案内
  • 次回開催のご案内
  • 企画展日本の快適なトイレ
  • 商業空間・オフィスの未来を考える展示会
  • デザインファーストコミュニケーションPROJECT
  • おもてなしの心を伝え続ける八芳園が考える、お茶の場コミュニティ

展示会来場をおすすめ
する3つの理由!

  • 展示会開催期間中には700社/1,500ブースが出展 ※2022年8月4日現在 同時開催展含む
    新製品やデモ実演多数!あなたの「困った」を解決する商材がすぐ見つかる!
  • 講演会・セミナーは3日間で60セッション100名以上の方々が登壇予定!
    東京ビッグサイト展示会場内講演会場のリアルな場で、ここでしか聞くことができない貴重なお話をお聞きすることができます。全セッション聴講無料です!
  • 初開催の注目企画が多数!
    学生やアーティスト、異業種コラボ、快適なトイレ etc…
    ここでしか見ることができない展示が多数ございます。

STRUCTURE構成展示会

INFORMATION

Japan Home &Building Showとは

すまいから、ビル、まちまで建築に関する
情報・技術・製品を、プロに提案できる専門展示会
「Japan Home & Building Show」は、建材やインテリア製品、構造材・部材、設備、サービスなど住宅から商業施設、まちづくりにおける建築に関する幅広い製品が出展する展示会です。
工務店、ハウスメーカーおよび設計・デザイン事務所のほか、建設会社、デベロッパ一、リフォーム会社など建築に関わるプロ約20,000名以上が来場する日本最大級の建築に関する専門展示会です。新製品探しや新商品・技術・サービスのPR、新規顧客の獲得・販路開拓、マーケティングの場として、この機会を積極的に是非ご活用ください。 Japan Home & Building Showとは

このような悩みは
ありませんか?

  • 業務課題解決のために新製品を導入したいが、どの製品が良いのかわからない。悩む人
  • 製品導入をしたいが、不安点や疑問点もある。直接担当者に話を聞きたいが、話を聞く場所がない。悩む人
  • 製品を比較検討したいが、製品パンフレットで比較検討するのは大変!悩む人
  • 最新トレンドを知りたいが、HP検索では限界がある悩む人

上記のようなお悩みをお持ちの方
全てが来場対象です!

講演会・セミナーSEMINAR

注目テーマを扱う講演会を毎日開催!

プラチナセミナー

10月26日(水) 10:30〜11:20
「仮の住まい派」と「終の住まい派」
内藤 廣 氏

建築家/東京大学名誉教授 内藤 廣

住宅には二つの傾向がある。所詮、世の中は当てにならないのだから短い時間でも楽しめる方がいいと考える人たち。
一方で、覚悟を決めてその場所を最後の居所と考える人たち。
この違いが、建築家が設計する住宅の姿形に現れる。さて、あなたは「仮の住まい派」、「終の住まい派」、どちらですか。

10月27日(木) 10:30〜11:20
旅の居場所
東 利恵 氏

建築家/東 環境・建築研究所 代表取締役 東 利恵

旅のスタイルが多様化する中で、ハード側ではどのような提案を行っているか、実作を通して紹介いたします。

10月28日(金) 10:30〜11:20
住宅・建築物の省エネルギー対策を巡る最新動向

国土交通省 住宅局参事官(建築企画担当)付 課長補佐 野口 雄史

本年改正された建築物省エネ法の内容や省エネに取り組む住宅・建築物への支援措置など、
住宅・建築物の省エネルギー対策を巡る最新動向を説明します。

ディスカバリーセミナー

10月26日(水) 10:30〜11:20
次世代の空間と仕事のデザイン手法
谷尻 誠 氏、山本 想太郎氏

SUPPOSE DESIGN OFFICE 代表 建築家・起業家 谷尻 誠 (商業空間・オフィスの未来を考えるワーキングメンバー) 【聞き役】山本想太郎設計アトリエ 代表 山本 想太郎

建築家・起業家 谷尻 誠氏は多くの建築・空間設計をしながら、既存の枠組みを超えた様々な事業を手がけられ、注目を集めています。
オフィスと共存する食堂である「社食堂」、設計という視点から観察することで敷地のポテンシャルを引き出す不動産会社「絶景不動産」、空間デザイン検索サービス「TECTURE」といった多様な活動展開の背景にある、
これからの建築、空間、仕事に対する独自のヴィジョン、そしてデザイン手法について、ジャパンホーム&ビルディングショーの実行委員でもある建築家 山本想太郎氏が聞き手となってお話を伺います。

10月27日(木) 10:10〜11:10
文教大学東京あだちキャンパスの開設にあたって
~施主・CM・設計・FFEの各々観点から~

文教大学学園 常務理事・法人事務局長 本田 勝浩 山下PMC 事業創造推進本部 プロジェクトマネージャー 三岡 裕和 日本設計 第1建築設計群 チーフアーキテクト 生木 仁志 パワープレス 教育・公共ソーシャルデザイン部 部長 小山 誠之

少子高齢化が加速しマーケットの縮小が現実化している中、東京23区内に約東京ドーム1個分の大規模なキャンパスを開設する背景を施主である文教大学学園が、
そして今、建設業界で需要が高まっているCM(コンストラクション・マネジメント)がどのように機能したのか、
施主の並々ならぬ想いを設計やFFE設計がどのように具現化しデザインしたのか、一連の建築工事から4者各々の視点で語ります。

10月28日(金) 10:10〜11:10
なぜ Ginza Sony Park はユニークなのか?
~余白を活用したブランドアクティベーション~
城ケ野 修啓 氏、山本 想太郎氏

ソニーグループ シニアアート ディレクター 城ケ野 修啓 (商業空間・オフィスの未来を考えるワーキングメンバー) 【聞き役】山本想太郎設計アトリエ 代表 山本 想太郎

2018年8月に銀座に誕生したGinza Sony Park。なぜソニーが公園を作るのか?Ginza Sony Park が与えた影響とは?Ginza Sony Park 誕生から現在までの変遷を探ります。2024年の完成を目指し建設工事中の新しいGinza Sony Parkに向けた新たな実験的活動の一部をご紹介します。後半には、事前に聴講者に募集をした質問にもご回答頂きます。

目玉企画EVENT

Japan Home & Building Show 2022では多彩なイベントをご用意しています。

公式ソーシャルメディアSNS

出展者インタビューINTERVIEW

プレスリリースのご紹介

PRESS RELEASE

関連展示会OTHERS