サービス業向け次世代技術EXPOについて

次世代技術を導入して業務効率アップ

サービス産業の課題を次世代技術で解決

次世代技術EXPO キャッシュレスTech

現在日本の国内総生産(GDP)の約7割を占めるサービス業は、消費者ニーズにきめ細やかに応え世界品質を誇っています。しかし「労働生産性」においては、米国の約6割程度とされ、自動化が進む製造業に比べても低水準。従業員スキルに頼らざるをえない現状です。こうしたサービス業界が抱える課題を、2020年に向けて期待されるビッグデータやAI等の次世代技術で解決すべく本企画を実施します。

次世代技術

ホテル・旅館など宿泊関連、外食・給食をはじめとしたサービス業の
有力バイヤーが新規導入のために来場します。

グラフ

いま求められているサービス産業の課題を、
次世代技術で解決すべく開催します。

サービス産業

GDPの1/3を占めるホテル・外食・給食等のサービス産業に
に貴社の技術・サービスをアプローチ可能!

来場者6万人を超える規模を誇るHCJでの出展
次世代技術に特化した特別企画だから注目度抜群!

会場構成予定図

サービス産業で求められている次世代技術の導入例

次世代技術の例

社会全体で自動化・効率化がすすむ現在。 サービス業界では、幅広い業種で 次世代技術へのニーズがありながらも、 これまで技術系企業との接点が少なく 導入が遅れているサービス関連企業が 多いことが想定されています。 ぜひこの機会に、意思決定者との直接商談で ビジネスチャンスを掴んでください。

出展対象

サービス業の人手不足を解決するロボット、AI、IoT、VR、自動運転等の実用化された次世代技術
 

清掃ロボット、AI・ロボットによるインフォメーションサービス、ARによる情報提供技術、自動翻訳システム・端末、フリーキャッシュ決済システム、越境EC関連ほか

(例)フロント:顧客接点

翻訳ロボット

多言語ロボットが対応!
英語圏外の外国人対応で四苦八苦しないで済みます。

ファシリティマネジメント関連、食品工場の建て替え・修復・設計設備 (HACCP対応含む)、物流・配送システム

厨房用ロボット搬送システム、自動運転技術搭載物流、就労外国人向け教育ツール、スタッフの勤怠シフト管理システムほか
 

(例)バックヤード

調理ロボット

厨房内でロボットが活躍!
厨房内を自動化・ロボット化して、省力化&ホールでおもてなし。

 

スペシャル企画 キャッシュレスTechも開催

キャッシュレスTech

 

現在、サービス産業が抱える効率化・人手不足問題、2020年に向けたインバウンド対応等の課題解決に期待を集めているキャッシュレス化技術。世界では、現金を使わないキャッシュレス決済が急速に拡大し、約2200兆円を超える現金以外での決済が行われています(2016年国際決済銀行調べ)。 その成長を支えているのは、ICT技術やスマホ端末、フィンテック等のテクノロジー。小売・サービス業においては「新たな顧客体験」「現金取扱のコスト減」「売上の増加」「顧客情報管理」等のメリットにより導入を歓迎する大きな潮流があります。しかし消費者は手軽に決済できる利便性により増加傾向にありながらも、未だ安全性(個人情報流出リスク等)への不安が払拭できておらず、日本は諸外国に遅れをとっている現状です。そこで、社会・経済の発展に向けてキャッシュレス社会の実現を支援するため、その関連技術・サービスが一堂に集まる専門展示会を開催します。

詳細はこちら


HCJ 2020 開催概要

会期
2020年2月18日(火)~21日(金)
10:00~17:00(最終日は16:30まで)
会場
幕張メッセ 国際展示場1~8ホール
展示規模
約2,600ブース
来場登録者数
68,000名(同時開催展含む)予定
入場料
¥3,000(税込)
(招待状持参者、事前登録者は無料)
同時開催

オリジナル商品開発WEEK

インバウンドマーケットEXPO 2020

ご不明点はお問い合わせください

ブース施工や広告オプション、出展エリアのご相談などお気軽にお問い合わせください。

HCJ三展合同事務局

一般社団法人 日本能率協会 産業振興センター内
〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22

お電話でのお問い合わせ先

TEL: 03-3434-1377