FOODEX JAPAN 2022 / 第47回 国際食品・飲料総合展示会

業界注目ゾーン | 出展のご案内 FOODEX TECH
〜食の生産性向上・流通合理化展〜


食品業界における生産・開発・流通担当者を積極誘致し、
食品製造と流通における課題解決を図ります!

FOODEX TECH

食品製造・流通の課題解決と
食の付加価値向上を提案

12使う責任、13具体的な対策を、14守ろう、15守ろう
私たちは、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

フードテック(食×テクノロジー)
注目されています。

世界的な人口増加によるタンパク質不足/日本国内の人口減少/人手不足/食の多様化/食の安全性への関心の高まり

食産業にイノベーションを 課題解決をサポートする商材・付加価値を
向上させる商材が求められています

現在、食品生産~流通~店舗~消費にいたるまでのあらゆる場面で、課題を解決するための新たな技術やサービスが求められています。

  • 食産業のイノベーションの図
  • 世界のフードテックへの年間投資額2兆円超え!!

圧倒的な出展者数と来場者数

国際的な食の商談展示会として世界中から認知されているFOODEXJAPANの中で行います。

  • FOODEXの実績の図
  • 来場者の声:このような社会情勢なので出展者が少なくなったのは
仕方がありませんが、それでも一日では回りきれませんでした。

食の総合展示会だからこそ、
食に携わる各部門のプロが
集います

食品そのものを調達するバイヤーのみならず、生産現場の省人化、職場環境改善、物流の最適化、店舗運営の効率化を求めて、生産・物流・資材担当者が多く来場しています。
また、SDGsに関連した包装資材を求めるバイヤーも増えています。

  • 食の総合展示会だからこそ、食に携わる各部門のプロが集います。だから食品業界へ新規参入したい企業様のニーズ調査の出展にもおすすめです。

重点出展ゾーンであるフローズンフーズ
出展との連動や
食品メーカーの
生産・開発・流通担当者を対象とした
カンファレンス実施による来場強化!

FOODEX JAPAN2021ではフードテックセミナーを開催!大反響をいただきました。

満員御礼4日間で16セッション557名聴講

セミナーの様子
主催:フードテックラボ制作委員会
前回出展者インタビュー
FOODEX TECH
来場者だけでなくFOODEX JAPANの出展者様もブースに来てくださりました。食品メーカー様からは今後に繋がるお話をいただけました。

省人化・無人化機器、
IT・AI技術、食の付加価値を
提供するサービス

出展対象
  • 食品加工機械・システム
  • ドローン
  • 冷凍技術・サービス
  • 宅配ロボット
  • IoT
  • 調理ロボット
  • AI技術・ディープラーニング
  • VR・AR
  • フードデリバリーシステム
  • 長期保存技術
  • クラウドキッチン
  • 決済システム
  • スマート調理機器
  • 在庫管理システム
  • 自動運転キッチンカー

環境配慮型パッケージ・包装機械、長期保存技術

出展対象
  • 環境配慮型食品容器
  • 脱プラ包装資材・製品
  • フードロス・リサイクル関連テクノロジー
  • 長期保存
  • 鮮度モニタリングシステム

ブース仕様

出展のお問い合せ・資料請求

来場者の会社・所属部署などもご覧いただけます。

資料請求・お問い合せ

FOODEX TECHセミナー含めた15種のセミナーを無料視聴できます。

トレンドセミナー動画一括ダウンロード

食品安全対策展

  • 食品安全マネジメント
  • GFSI
  • フードテロ
  • 食品偽装
  • フードディフェンス
  • フードフラウド
  • 食品防御
  • 異物混入

出展対象

「食の安全・安心」に関する課題解決のための経営管理ツールや技術、 衛生・殺菌・洗浄装置、防虫防鼠資材、
異物検出・除去装置、入退室管理システム、警備システム、HACCP 関連サービスなど

食品メーカーの生産・流通・衛生担当者や、
物流・運輸、設備・機器メーカーの来場も多数!

来場者一覧はこちら