FOODEX JAPAN 2021 / 第46回 国際食品・飲料展

注目の企画 | 出展のご案内 輸⼊⾷品

輸⼊⾷品で⽇本の⾷卓を豊かに!
輸⼊品を求めるバイヤーが多数来場!

⽇欧EPA・TPP発効でバイヤーの注⽬度⼤! 期待される輸⼊⾷品

2019年2月1日に発効された「日本・EU経済連携協定(EPA)」は、世界の国内総生産(GDP)の30%と、世界貿易の40%を占める巨大な自由市場を創出しました。
こうした背景や、日本におけるワイン・肉類・スウィーツなどの高級品志向の高まりも追い風になり、EU各国からの日本への食品輸出は今後も増大することが期待されます。
日本の輸入会社にとっても絶好の機会といえます。

EUから日本への食品輸出状況 グラフ

環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(TPP11)が、2018年12月30日に発効されました。
参加国は日本の他、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムの11カ国。これにより世界の国内総生産(GDP)の13%を占める巨大な自由貿易圏が誕生しました。

TPP発効で1,885品目の農林水産物の変化 イメージ

日欧EPA発効で注目の市場

ワイン

日本のワイン輸入量においてEUは第二位であり、またこの度のEPA発効により、EU各国の輸入会社は日本のワイン市場において更に拡販のチャンスです。

果実酒の課税輸出量 グラフ

TPP発効で注目の市場

鶏肉

食肉(豚肉、牛肉、鶏肉)の中でもっとも消費量が大きいのが鶏肉です。より健康的でヘルシーなライフスタイルへの志向の高まりが、背景にあると考えられます。

鶏肉の需給の変化 グラフ

輸⼊品を⽬当てに多数のバイヤーが来場 前回は締切前に完売の⼈気エリア!

成果の上がる輸入食品

輸入食品展 展示規模推移 グラフ

2019年 輸入食品出展企業

  • Anest
  • FTI JAPAN
  • GH3ルーマニア
  • Glad
  • Harawii
  • JKCRAFT / JKC GLOBAL
  • KOREA GYEONGSANGNAM-DO
  • M&H
  • MAX
  • MIE PROJECT
  • MOSTLAB
  • Perfect Earth
  • TreeNutJapan
  • uni合同会社
  • USOUQ
  • アールエス カー グラス
  • アイ・ジー・エム
  • アイランドフーズ
  • アガイ商事
  • アサヒグラント
  • アシストバルール
  • アスク
  • アストレード/リチャード
  • アタトレーディング
  • アプレヴ・トレーディング
  • アリサン
  • アンディ
  • インターフレッシュ
  • インドフード
  • ヴィボン
  • ウイングエース
  • ヴォークス・トレーディング
  • エスエルジャパン
  • オーガニックス
  • オーバーシーズ
  • オーブ/ヘリテージジャパン
  • オールラウンドティーカンパニー
  • カ・フォルム ジャパン
  • キタノ商事
  • グローバル
  • グローバル・チーズ
  • コスタオーラトレーディング
  • コルフレッシュ・トレーディング
  • シーエフシージャパン
  • ジェイピートレーディング
  • シックスコーポレーション
  • ダーボン・オーガニック・ジャパン
  • ツインピークスジャパン グッドマンズ・カフェ
  • テルヴィス
  • トライ・インターナショナル
  • ドラコ
  • トリプルワン
  • ナイルインターナショナル
  • ニダフジャパン
  • ニュージーランド フードアンドビバレッジ
  • ノブレッサ デル スル
  • パナバック
  • ハワイアンホースト・ジャパン
  • ハワイ州農務省
  • ビオグスト
  • フーズ マーケティング インターナショナル
  • フードトラベル
  • フードライナー
  • ブルーストーンジャパン
  • ブルーレモン
  • ブレスドフーズジャパン
  • ベルナール・マグレ ジャパン/湘南貿易
  • ボーアンドボン
  • マック・フーズ
  • マンゴーズ
  • ヤマオカ
  • ヨネチク南北行
  • ル ブルターニュ
  • ローヤルオブジャパン
  • ワールドリンクス
  • ワインハウスゲアハルト
  • 丸成商事
  • 久田/KOTOBUKIフーズ/KENインターナショナル
  • 協同インターナショナル
  • 協同食品
  • 三益商事
  • 志立
  • 勝美ジャパン
  • 匠食品
  • 承恩食品企業股份有限公司/ムーンガイア
  • 昭和交易
  • 松竹圓
  • 上総フーズ
  • 新興貿易
  • 世界チーズ商会
  • 対日貿易投資交流促進協会(ミプロ)
  • 大塚オリーブファーム
  • 朝日食品
  • 唐山長利食品 / 大信実業
  • 東西産業貿易
  • 南洋元
  • 二宮(NINO ハラールフード)
  • 日本通商
  • 宝商事
  • 芳屋
  • 鈴商/A Gardner Resources Corporation

※順不同

2019年 来場者アンケート

他の食関連のイベントに比べて、FODEX JAPANの良いと思える点をお聞かせください。

職種ごとの来場登録者グラフ 全体来場登録者数:80,426名
FODEX JAPANの良いと思える点グラフ 輸入食品が多い:19%

2019年 主な来場企業

  • ウェルカム ディーンアンド デルーカ事業部
  • キャメル珈琲
  • 紀ノ國屋
  • 神戸物産
  • シェルガーデン
  • 信濃屋
  • ジュピターコーヒー
  • 成城石井
  • スタイリングライフ・ホールディングス
  • TATSUMI
  • 富澤商店
  • ナショナル物産
  • ナチュラルハウス
  • 日進畜産工業
  • 明治屋
  • リバティーフィール

など(※⼀部抜粋)

2019年 出展者の声

出展者アンケート(輸⼊⾷品出展86社)

会期中の成果はいかがでしたか?

会期中の成果 グラフ 商談金額(平均):756.3万円/受注見込み金額(平均):642.3万円

出展者インタビュー

大塚オリーブファーム イメージ図

名刺800枚以上!普段たどり着けない営業先! 普段の営業活動では、面談にたどり着けない場合がほとんどです。FOODEXでは、様々な国内外のバイヤー様、商社、卸、小売り、飲食等から来場され、試食は2000セット以上、名刺は800枚以上交換できました(日常の営業では一年あっても難しいです)。会期内で、既に30件以上の多くの商談が成功しており、全体的な売上も20%ほどアップしております。出展して大正解でした。次回も出展を考えております。

大塚オリーブファーム

出展カテゴリー:輸入食品

代表取締役社長
大塚 天馬 氏

出展対象

  • 世界各国食材(チーズ・生ハム・牛肉・調味料・ベーカリー製品・冷凍野菜等)
  • 輸入菓子(チョコレート・ビスケット・スナックなど)
  • ワイン・ビール・スピリッツ、紅茶・コーヒー・ソフトドリンク など

ブース仕様

出展のお問い合せ