「FOODEX美食女子」美食女子Award2019

MENU

美食女子Awardとは

女性目線での商品開発と販路開拓を応援「FOODEX美食女子」Awardとは

女性たちが「買いたい!」「食べたい!」と思う食品・飲料を選ぶ“食”の一大イベント「FOODEX 美食女子」グランプリは、このたび「FOODEX 美食女子」Awardとして生まれ変わりました!食に精通する「美食女子」や商品を売る側であるバイヤーが審査員となり、消費者目線と売り手側目線の厳しい目で優れた商品を選びます。グランプリの発表は、アジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN」の会場にて行います!「FOODEX 美食女子」Awardは、食の最新トレンドが発信される注目の舞台で、ヒット商品の誕生をサポートいたします。

メディアも注目!様々な媒体で紹介されました!

食品・流通の業界新聞・雑誌をはじめ、大手ニュースサイト、女性向けサイトなど様々な媒体で紹介されました。

インターネットメディア
  • 東洋経済 ONLINE
  • 日テレNEWS24
  • PRESIDENT ONLINE
  • MSNニュース
  • YOMIURI ONLINE
  • 産経ニュース
  • 時事ドットコム
  • 47NEWS
  • Yahoo! BEAUTY
  • dメニュー
  • フーズチャネル
  • ママスタジアム☆
  • モデルプレス
  • 楽天 woman
  • @DIME
  • CREA WEB
  • JJnet
  • ORICON NEWS
  • イザ!
  • ウレぴあ総研
  • えん食べ
  • グノシー
  • woman.excite
  • ippin
  • 暮らしニスタ
  • @nifty ニュース
  • BIGLOBE ニュース
  • excite.ニュース
  • goo グルメ&料理
  • mixiニュース
  • ニコニコニュース
  • 読めるモ
  • @nifty ビジネス
  • Mapionニュース
  • MarkeZine
  • minkabu ニュース
  • ジョルダンニュース!
  • とれまがニュース
  • ダイヤモンド・オンライン
  • マイナビニュース
  • So-netニュース
新聞・雑誌
  • DIAMOND Chain Store
  • 日刊食品通信
  • 食品産業新聞
  • 酒類飲料日報
  • 菓子食品新聞
  • 食品新聞
  • フードウィークリー
  • 生協流通新聞
  • 食料醸界新聞
  • 毎日新聞
  • 日本食糧新聞
  • 東京新聞
  • 西日本新聞
  • 日本海新聞
  • 日刊速報
    冷食タイムス
  • 中國新聞
  • 長崎新聞
  • 山形新聞
  • 財経新聞
  • 高知新聞
  • 京都新聞
  • 富山新聞
  • 朝日新聞(栃木)
  • 読売新聞(佐賀)
  • 琉球新報
  • 北日本新聞
  • 日刊工業新聞(東京)
  • 徳島新聞 夕刊
  • 東京新聞
  • 大分合同新聞
  • 生協流通新聞
  • 室蘭民報 夕刊
  • 産経フォト
  • 山陽新聞
  • 現代ビジネス
  • 宮崎日日新聞
  • 岐阜新聞
  • 河北新報
    オンラインニュース
  • 沖縄タイムス
  • 伊豆新聞
  • デーリー東北新聞社

事務局把握分:2018年4月1日現在/順不同・一部掲載

  • 2018年グランプリ受賞商品
  • スイーツ部門 グランプリ
  • ドリンク部門 グランプリ
  • ミール部門 グランプリ
  • ママの愛部門 グランプリ
他の受賞商品を見る

審査員紹介

「FOODEX 美食女子」とは?

モデルやフードコーディネーター、栄養士など、食に対する意識の高い20代~40代の女性たち約80名で構成されるFOODEX JAPANの公式組織です。
消費・トレンドを牽引するメンバーが“女性目線”で商品開発や商品PRを支援します。
「美食女子」Awardの審査は約50名の美食女子(「FOODEX 美食女子」TEAM-A・B・C)たちが、「ママの愛部門」の審査は小学生以下の子どもを持つ美食女子(「FOODEX 美食女子」TEAM-B・C・ママの愛)たち約30名が行います。

「食」をキーワードにして集結した多様な女性層で構成され、食品・飲料メーカー様の商品開発と販売力強化に協力いたします。

審査会の様子

消費者目線とバイヤー目線両者の厳しい目でジャッジ

美食女子たちの消費者目線と、バイヤーによう売り手目線という厳しい目で、消費者が欲しいと思うだけではなく、市場適正に優れた商品が選ばれます。Award発表後の商談・販促においても、自信をもってPRいただけます。

バイヤー審査員一覧(過去実績)

(株)プリンスホテル、(株)東急ストア、(株)帝国ホテル、(株)髙山、(株)髙島屋、(株)JP三越マーチャンダイジング、イオンリテール(株)、(株)サザビーリーグ アイビーカンパニー、(株)ワンダーテーブル、三菱食品(株)、(株)三越伊勢丹フードサービス、アマゾンジャパン合同会社、(株)世界文化社、セコム(株)、大丸松坂屋百貨店、(株)成城石井、(株)ヤオコー、(株)エスエルディー、(株)ローソン、伊藤忠食糧(株)、タイヘイ(株)、小田急商事(株)(社名50音順)

総勢約80名で構成!「FOODEX美食女子」の属性

  • TEAM-A

    食に対する意識の高いモデル・タレントや、SNS等での発信力・共感力を持ち、食に関する資格を持ち合わせた女性を組織化したプロジェクトです。

  • TEAM-B

    食に関心の高い一般消費者(20 代~ 40代)を毎年、書類審査と面接を行い公募しています。セミプロ目線に消費者目線が加わるプロジェクトです。

  • TEAM-C

    流通目線での評価も加えるために小売・外食などで食関連の購買に携わっているバイヤーも参加します。あなたの商品が必ずバイヤーの目にとまり、試食されることになります。

  • TEAM-ママの愛

    小学生以下のお子様を持つ食に関する有資格者と食育イベント・料理教室等の主催者や参加者を中心としたママプロジェクト。子供も審査員に加わります。

4つのカテゴリー

「スイーツ」「ドリンク」「ミール」&「ママの愛」、アワードは4部門

ターゲットを絞ったエントリー部門で、専門バイヤーにアピール!

FOODEX美食女子」Awardは、「スイ一ツ」部門、「ドリンク」部門、「ミール」部門という食品・飲料カテゴリーと、母親目線で選ぶ「ママの愛」部門の合計4部門からエントリ一をお選びいただけます。各部門にグランプリを設定しており、より専門バイヤーヘ訴求がしやすくなっています。今回、「ママの愛」部門の応募対象に「子どもに食べさせたい」食品・飲料に加え、「親子で食べたい」・「ママが食べたい」食品・飲料を追加しました。忙しいママを“食”で応援できる商品を募集しています!

各部門ごとにバイヤー特別賞
も選出されました!

  • スイーツ部門

    SUNAOバニラソフト

    SUNAOバニラソフト

    江崎グリコ(株)

  • ドリンク部門

    KEEP IN MY BOTTLE シリアルティー7袋

    KEEP IN MY BOTTLE
    シリアルティー7袋

    (株)伊藤園

  • ミール部門

    きざみ青じそ

    きざみ青じそ

    エスビー食品(株)

  • ママの愛部門

    OSMICトマトジュース

    OSMICトマトジュース

    (株)オーガニックソイル

女性自身が買いたい、食べたい食品・飲料を選ぶ

消費の鍵を握る20~40代の女性たちが選ぶグランプリです。3つの部門で、女性バイヤーも加わった審査員が、単なる“おいしい”だけではなく、ビジュアルや口コミ適性など、8つの選考方法を設定しています。

スイーツ部門

応募対象商品例

スイーツ部門
  • 菓子・デザート
  • 洋菓子
  • 和菓子
  • 製菓材料
  • 果物 等

ドリンク部門

応募対象商品例

ドリンク部門
  • コーヒー、お茶
  • ソフトドリンク
  • ミネラルウォーター
  • ドリンクベース
  • アルコール飲料 等

ミール部門

応募対象商品例

  • 調味料・香辛料・原料・素材
  • 穀類・野菜・果実
  • 乳・卵製品
  • 加工食品
  • 畜産物・水産物
  • パン・麺類・パスタ
  • 惣菜・冷凍食品
  • 機能性食品・健康志向食品
  • 環境配慮型食品・有機(オーガニック)食品 等

審査員

「FOODEX 美食女子」TEAM-A・B・C

審査項目

  1. 食べやすさ
  2. パッケージ・ビジュアル
  3. オリジナリティ
  4. 売価・コストパフォーマンス
  5. ボリュームの適性
  6. 口コミ・つぶやきの適性
  7. 市場適性(バイヤーのみ審査)

変わりました!「子どもに食べさせたい」「親子で食べたい」「ママが食べたい」食品・飲料を選ぶ

小学生以下の子どもを持つ「FOODEX 美食女子」が、ママならではの目線で審査します。今回より、「子どもに食べさせたい」だけでなく、「親子で食べたい」「ママが食べたい」食品・飲料にエントリーの幅を広げ募集します。

ママの愛部門

ママの愛部門

応募対象商品例

  • 菓子・デザート
  • ソフトドリンク
  • 製菓材料
  • 砂糖・スプレッド類
  • 健康志向食品 等

審査員

「FOODEX 美食女子」TEAM-A・C・ママの愛

審査項目

  1. 売価・コストパフォーマンス
  2. 安全性・栄養価
  3. ボリュームの適性
  4. 容器・パッケージ
  5. 簡便性・時短
  6. 共感力・口コミ適性
  7. 市場適性(バイヤーのみ審査)

商品のコンセプトに合わせ、エントリー部門は自由に選べます!
例えば、ココアの場合、「ドリンク」や「スイーツ」部門でも、子ども向けなら「ママの愛」でもエントリーは選べます。

エントリー方法はこちら

受賞商品は各メディアやイベントで紹介、販促効果は絶大!

FOODEX 会期前・中・後
小売・卸・外食バイヤーとの商談促進

FOODEX JAPAN 2019 会期中、ステージでの受賞式や美食女子とのパネルディスカッション、 特設コーナーでの展示など、バイヤーを誘引し、商談を促進します。

  • 事前の Web 等での告知、ノミネート発表リリース
  • 会期中特別ディスプレイコーナーでの展示
  • 会期中受賞商品ガイドブックの販売

会期前バイヤーへの先行紹介も実施!

受賞発表後すぐに拡販いただくために公式バイヤーを募集。先行して受賞製品を公表しました。

「FOODEX 美食女子」公式バイヤー一覧(過去実績)

アマゾンジャパン、(株)いちい、GLADD(株)、(株)三王商会、(株)サンユー、(株)神明、(株)世界文化社、(株)仙台三越、(株)そごうマート、(株)CHAYAマクロビフーズ、(株)東急ストア、日本流通産業(株)、ハウステンボス(株)、三菱食品(株)
(社名五十音順)

会期中『美食女子×バイヤーズミーティング』を実施!

美食女子と今回審査員を務めたバイヤーが受賞商品について語りました。

審査員バイヤー

  • イオンリテール(株) デリカ商品部 商品開発兼カミサリーG アナリスト 亀田 誠 氏
  • (株)成城石井 商品本部商品部 菓子課主任 西嶋 友紀 氏
  • (株)東急ストアデリカ商品部 デリカ食品バイヤー 長谷川 郁恵 氏

B to B to C圧倒的な女性へのリーチ力! インターネットとリアルの両方向 PR

月間1.4億PV、UU数2400万を誇る日本最大級の女性向けエンタメ・ライフスタイルニュースサイト「モデルプレス」に定期的に記事を掲載。多くの女性たちの注目が集まります。
また、FOODEX美食女子グランプリ2018では一部の商品がイオンリテール、イオンリテールストア(東京、神奈川、千葉、山梨エリア)の77店舗において取り扱われ(2018年3月7日~11日の期間)、津田沼店においては、特設コーナーも設置されました。インターネットとリアルの両方向から消費者へアプローチするチャンスがあります。

日経ウーマノミクスとのコラボイベントも開催!

モデルプレスとは ?

最先端のトレンドに敏感な女性向け
エンタメ・ライフスタイルニュースサイ卜

モデルプレスは報道機関として速報性・信頼性のある独自の女性向けエンタメニュース、ライフスタイル情報を発信しています。キュレーションサイトではなく、オリジナル取材執筆メディアです。

イオンリテール、イオンリテールストアの一部店舗にて お取り扱いいただきました!

B to Bバイヤー注目度抜群の専門誌にて紹介

小売・流通関係者必見の業界誌に、特集記事で紹介!

評価フィードバックシート

参加企業には貴重なマーケティングデータを提供

商品開発に役立つ「評価フィードバックシート」

エントリーされた企業様には、各審査項目の結果が点数化された総合評価グラフと、美食女子による商品に関する詳細なコメントや改善すべき点、レシピ提案などが含まれた「評価フィードバックシート」をご提供。商品の強みと弱みが一目で分かり、さらなる商品開発の貴重なデータになります。美食女子達のコメントは二次使用可能ですので、POPやWebサイト、営業用資料にもお使いいただけます。
※評価フィードバックは 2 商品目以降はオプションとなります。

受賞者の声

「FOODEX 美食女子」グランプリ 2018 参加企業・受賞者からの声

受賞で商談数が増え、市場も拡大。社員の意欲も高まり、多くの波及効果が。 受賞企業様からは「多くの PR 効果があり、社員のモチベーションアップにもなった」との声をいただいています。 アンケートや皆様の声を参考に、参加企業皆様の商品開発に役立つグランプリ開催を今後もめざします。

「FOODEX 美食女子」グランプリ2018 受賞者からの喜びの声

Q.エントリーした目的を教えてください(複数回答可)
Q.受賞後の商談状況について教えてください(複数回答可)
Q.今回の成果をどのように活用されていますか?(複数回答可)
Q.評価フィードバックシートで役に立った・参考 になったコメントを教えてください。
  • パッケージに商品説明がもっとほしいという意見
  • 商品の感覚的価格感
  • 想定していなかった食べ方の提案や意図していない部分で認めてもらった部分が多々あり、客観的な情報を得られた。
  • 商品の容量に関する意見(小さいサイズがほしい等)
  • パッケージのヴィジュアル評価
Q.想定外の反響や、受賞結果の活用方法などを教えてください。
  • 受賞によって、女性向けの商品であることが訴求でき、よりターゲットを明確にできることから、商談に活用できました。
  • 地元新聞各社が取材に来ていただき、さらなる商品PRができました。海外からの問い合わせが急激に増えました。
  • 自社従業員の自社製品への関心が高まりました。
  • トレンドセッターの方からのリアルな商品評価が聞けて、商品に対する自信を深める事が出来ました。
  • 今後の新商品開発のヒントが得られました。
  • 社内のモチベーションが上がりました。また、商品の改良点もわかりました。
  • 受賞後、社内の関係者のモチベーションが上がりました。企画を前向きに捉える人が増えました。
  • 商品案内に活用、ロゴにインパクトがありました。
  • 社内で再度、売込みをかけようという気運が盛り上がりました。
  • 開発、リニューアル構想に対しての仮説が検証できました。

※「FOODEX 美食女子」グランプリ2018受賞者アンケートより

エントリー方法はこちら