環境・エネルギー対策の最新動向をチェック!
無料ウェビナーのご案内
日時:4月20日(火)14:00~16:00

こんなお悩みはありませんか?

・最近「脱炭素」「低炭素」「カーボンニュートラル」などの単語を聞くが、いまいちよく分からない
・単語の意味は分かるが自社としてどのように取り組めばいいか分からない
・日本や世界の市場動向を知りたい
・技術開発の動向について知りたい
・水素を用いた脱炭素について知りたい

⇒本ウェビナーですべてお伝えいたします!!

 2019年度の温室効果ガスの総排出量(速報値)はCO2 換算で12億1,300万トンにのぼり、中でも産業部門では総排出量の1/4以上にあたる3億8,600万トンを排出しています。 このような状況の中でカーボンニュートラル、脱炭素社会、循環型社会の構築はますます注目を集めることとなるでしょう。
 公益社団法人化学工学会および一般社団法人日本能率協会では2021年11月にINCHEM TOKYO 2021の構成展示会として「製造業向け 環境・エネルギー対策展(ECO-MAnufacture)」を開催します。
 ですが、企業はどのようにしてカーボンニュートラルや脱炭素に取り組んでいけばよいのでしょうか。また、現在の市場の動向や技術開発はどういったものなのでしょうか。
 11月の製造業向け 環境・エネルギー対策展開催に先立ち、より皆様に本展示会をご活用いただくための開催概要オンライン説明会を開催いたします。 ここでしか聞けない講演もご用意いたしましたので、皆様のご参加を心よりお待ちしております!

プログラム

製造業向け 環境・エネルギー対策展開催概要説明と本展示会の活用方法
特別講演 脱炭素社会へ向けた水素社会の今後(世界及び日本の最新市場動向と技術トレンド)
特別講演 工業用水/排水向けの課題やグローバル市場

株式会社グローバルインフォメーション 白熊 智之 氏

・脱炭素社会における世界の最新トレンド
・水素技術における世界の最新技術トレンド、特許動向及び市場動向
・水素技術における日本企業の取り組み
・脱炭素、サステナビリティをテーマにしたその他関連トピック
・世界の工業用水及び排水(医薬品製造、鉱業、マイクロエレクトロニクス、食品/飲料)における最新市場トレンド ~最も成長が期待される産業は?

特別講演 低炭素社会の実現に向けた技術開発の動向

株式会社IHI 久保田 伸彦 氏

2050年にカーボンニュートラルを達成するためには複数の技術/設備を組み合わせる必要があります。 この組み合わせは各産業により異なり、長期に渡る段階的な計画も必要になります。これらの技術の最新動向についてご紹介します。

開催概要

日 時 2021年 4月20日(火)14:00~16:00(予定)
参加方法 オンライン(Zoomウェビナー)
参加料 無料(先着順・事前登録が必要です)
定 員 50名 100名(好評につき、定員を引き上げました)
申込はこちら

page top