併催企画のご案内

文化財建造物保存修理研究会主催ワークショップ
〜修理技術の現状と課題〜
Workshop

開催日時
7月20日(金) 13:30〜16:00
会場
東京ビッグサイト会議棟6F 605号室

歴史的建造物の修理は、厳密に言えば、建造物が建立された際の技術がそのまま敬称されているのではなく、修理時点で可能となる技術と、その時々の状況に応じた資材が用いられてきており、それは人間環境をとりまく事象の影響を受けて今日に建造物が存在していることを示しています。

歴史的建造物の通常の改修や維持修理にみる、いわゆる今日にいう伝統技術は、後世の修理の経験による蓄積や、その際に発見された技術などから学び得た知見によって成り立ってきており、現代の保存修理においても、それらの伝統技術とともに当代の最新技術が応用されています。

今回は、伝統技術を継承もしくは保存するための、現代における修理技術を取り上げ、その考え方と方法について広く討論の場とすることを目的に開催します。

参加費用
1,000円(予定)
参加対象
文化財建造物保存修理研究会会員及び
文化財保存・復元技術点のご来場者
主催
文化財建造物保存修理研究会
  • 参加費:1,000円
  • 定員100名
  • 会場:会議棟6F
  • 605号室
7月20日(金)
13:30

16:00
平成29年度『石垣研修』実施報告
公益財団法人文化財建造物保存技術協会 技術職員
佐藤 明生 氏
歴史的建造物における屋根瓦の調査とその成果
総持寺 寺史編纂調査研究員
芦田 淳一 氏
重要文化財小川家住宅(二条陣屋)修復工事―色土壁修復における材料選定のこだわり
有限会社京壁井筒屋佐藤 代表
佐藤 ひろゆき 氏
畳の修復方法を探る 〜知恩院本堂を事例として〜
菱屋畳 佐竹商店 代表
佐竹 真彰 氏

※プログラムは変更になる場合がございます。

PAGE TOP

PAGE TOP