〜収益を生む施設、面白空間への転換をめざして〜 劇場・ミュージアム総合展

劇場・ミュージアム総合展とはAbout

  • 劇場・ミュージアム総合展とはどんな展示会ですか?
    劇場・ミュージアム総合展は集客で 劇場・ミュージアムに関する設備・演出・サービスに特化した展示会です。
    施設運営上の課題解決を目的に、経営力強化、地域観光振興、街づくり基盤としての新たなミュージアムの在り方を提案する場として本展を開催いたします。

    持続可能な社会の為に
  • どのような製品・サービスが出展しますか?
    集客アップツール(AR/VRコンテンツ制作、プロジェクションマッピングなど)、空間演出ゾーン(LED照明、演出/イルミネーション照明など)、建築・設備エンジニアリング(舞台設備、映像・音響装置、空調、免震/耐震技術製品など)などに関する製品やサービスが出展します。 出展対象の詳細はこちら
  • 出展のメリットは何ですか?
    博物館、美術館、資料館、図書館、歴史館、科学館、水族館、文化ホール、劇場、演芸場、コンサートホール、映画館などの所有者、施設管理者、指定管理者、学芸員、建築設計デザイン・ゼネコンの施工関係者など質の高い方々が多数来場します。
    貴社ならではの品質と技術・サービスを求める来場者と中身の濃い商談ができます。
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ

PAGE TOP

会場の様子(過去開催時の動画)Movie

PAGE TOP

開催概要Outline

名 称
第3回 劇場・ミュージアム総合展
会 期
2019年7月24日(水)〜26日(金)の3日間 10:00〜17:00
会 場
東京ビッグサイト 南展示場
(東京国際展示場)
主 催
一般社団法人日本能率協会
特別協賛・協賛・後援一覧
2018年度の一覧を見る(6団体)
協賛
  • 公益財団法人日本博物館協会
  • 全日本博物館学会
  • 全国美術館会議
  • 株式会社文化財保存計画協会
  • 特定非営利活動法人文化財保存支援機構
  • 文化財建造物保存修理研究会
展示予定規模
60社/120ブース

※文教と公共の施設フェア全体

来場登録予定者数
40,000名

※同時開催展含む

入場登録料
(予定)
3,000円(税込)

※招待状持参者、事前登録者、官庁・地方公共団体、学生は登録無料

PAGE TOP

出展対象・来場対象Target

出展対象

  • 集客アップツールゾーン
    • AR/VRコンテンツ制作
    • ARアプリ開発
    • ARメガネ
    • AR/VR管理システム
    • AR/VR関連製品
    • プロジェクションマッピング
    • 3DCGアプリケーション
    • モーションキャプチャ
    • 3DCG作成ツール
    • シミュレーション制作
  • 空間演出ゾーン
    • LED照明
    • 照明制御システム
    • スマート照明器具
    • 演出/イルミネーション照明
    • インテリア照明
    • デザイナーズ照明
    • エクステリア照明
    • その他照明関連製品
  • 舞台設備・映像・音響装置
    • 空調/給排水/電気設備
    • 免震/耐震技術製品
    • 防災/防犯/セキュリティ設備
    • 受付案内システム
    • 客席設備
    • ホール設備
    • 情報通信設備
    • 家具
    • その他建築技術製品
  • その他ソリューション
    • 清掃メンテナンス
    • 集客支援/販売促進支援ツール
    • 空間演出ソリューション
    • その他ソリューション
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ

来場対象

  • 博物館
  • 美術館
  • 資料館
  • 図書館
  • 歴史館
  • 科学館
  • 水族館
  • 文化ホール
  • 劇場
  • 演芸場
  • コンサートホール
  • 映画館などの所有者
  • 施設管理者
  • 指定管理者
  • 学芸員他
  •  
  • 建築設計デザイン・ゼネコン・内外装など施工関係者
  •  
  • その他文化施設関係者
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ
  • 出展対象イメージ

PAGE TOP

2018年開催時の主催セミナー実績Performance

特別講演会

7月18日(水)
テーマ 講演者
改正文化財保護法に基づく文化財の
総合的な保存と活用の推進
文化庁 文化財部 伝統文化課 企画係長
中川 若菜 氏
近現代美術作品の保存修復
〜美術館の現場から〜
兵庫県立美術館 企画・学芸部門
保存・修復グループ 学芸員
相澤 邦彦 氏
穴八幡宮境内整備工事ー古図からの再建 清水建設株式会社 設計本部 集合住宅・社寺設計部
福本 敦子 氏
重要文化財 称念寺本堂の耐震診断及び
耐震補強設計について
株式会社竹中工務店 大阪本店 設計部 構造部門
構造12グループ 課長
増田 寛之 氏
国立大学法人 奈良女子大学 生活環境学部 住環境学科 講師
瀧野 敦夫 氏
7月19日(木)
テーマ 講演者
災害と文化財保存 国立民族学博物館 准教授
日 真吾 氏
世界遺産を核とした観光まちづくり 平泉町 まちづくり推進課 課長
八重樫 忠郎 氏
歴史的建築物の最新保存技術と活用事例 学校法人 工学院大学 理事長
後藤 治 氏
キトラ古墳壁画の複製と
大塚国際美術館の環境展示の事例について
大塚オーミ陶業株式会社 代表取締役社長
大杉 栄嗣 氏
7月20日(金)
テーマ 講演者
姫路城大天守の修理を終えて 公益財団法人 文化財建造物保存技術協会
大阪監理事務所 所長
加藤 修治 氏
東京都下の民家の保存修理について 公益財団法人 文化財建造物保存技術協会
重要文化財千葉家住宅主屋ほか6棟設計監理事務所
工事主任
鈴木 誠 氏
文化財の観光活用における地域課題と今後の展望 株式会社JTB総合研究所 コンサルティング事業部
コンサルティング第一部 主席研究員
河野 まゆ子 氏
MOA美術館における文化財保存と空間演出について
〜リニューアルオープンを終えて〜
MOA美術館 学芸部 次長
矢代 勝也 氏
PAGE TOP