出展のメリット

販路開拓の絶好の場!!Sales channel

  • POINT01

    商品やサービス導入(購入)の決定権がある来場者が多い

  • POINT02

    特別講演会で多くの聴講者を来場訴求!

来場者関与割合
来場者の役職グラフ

※前回 文教と公共の施設フェア2017 来場登録者分析より

多数の専門家を動員!特別講演会

文化財保存・復元技術展/ミュージアム設備機器展
特別講演会
2017開催実績 聴講者数約1,300名参加

プログラム
  • 博物館における文化財の保存と公開
    東京国立博物館 館長 銭谷 眞美
  • 文化財活用・理解促進戦略プログラム2020について
    文化庁 文化財部 伝統文化課 企画係長 大村 祐大
  • 「駿府城坤櫓の復元工事」の事例発表
    清水建設株式会社 東京支店 社寺建築・住宅部 高山 和弘
  • 伝統建築におけるBIMの活用について
    株式会社竹中工務店 設計本部 アドバンストデザイン部
    伝統建築グループ 博士(工学) 上田 忠司
  • 「歴史的建造物」の何が「地域再生」の機動力となり得るか
    博物館明治村 館長 早稲田大学 名誉教授 中川 武
  • 国立西洋美術館の歩み
    国立西洋美術館 総務課 専門職員 福田 京
  • 京都国立博物館 明治古都館と平成知新館の
    コンセプトについて
    京都国立博物館 館長 佐々木 丞平
  • 可能性としてのミュージアム
    森美術館 館長 南條 史生
  • 国宝正倉院正倉の平成修理について
    公益財団法人文化財建造物保存技術協会
    事業部 史跡整備課長 春日井 道彦
  • 建造物における修理技術の現状と課題
    ―伝統技術を継承・保存するための技術開発―
    公益財団法人文化財建造物保存技術協会
    常務理事 安田 一男
  • 文化財資源を活用した観光需要創出の可能性
    株式会社JTB総合研究所
    コンサルティング事業部 主任研究員 河野 まゆ子
  • 観光の視点からみた文化財
    公益財団法人日本交通公社
    観光地域研究部 研究員 門脇 茉海

PAGE TOP

出展者アンケートSurvey

  • POINT01

    目的を達成し、次回以降の出展を検討する企業が多い

  • POINT02
    商談や新規顧客の開拓が増加しています!
    商談や新規顧客の開拓を成果として実感する出展者が増えています。
次回出展に関して
次回出展に関してグラフ
出展された目的は?
出展された目的は?グラフ

※前回 文教と公共の施設フェア2017 出展者分析より

PAGE TOP