プロセス産業向け設備・システム ASEAN販路拡大支援事業inインドネシア
事業説明会を開催
定員70名を大幅に上回る97社115名が参加申込!

 去る、2016年10月27日(木)東京ビッグサイト(東京都江東区)スマートエンジニアリングTOKYO2016展示会場内において、「プロセス産業向け設備・システムASEAN販路拡大事業inインドネシア」の事業概要説明会を実施しました。

本説明会は、シンガポール・タイに続き3年目となる今回、インドネシアにおいて実施する「プロセス産業向け設備・システム ASEAN販路拡大支援パッケージプログラムinインドネシア」(トップページにリンク)の説明および参加募集を目的に開催。当初、本説明会は定員70名で実施予定でしたが、定員を大幅に上回る115名から参加申込があり、本企画に対する期待の高さが伺えました。

» プロセス産業向け設備・システム ASEAN 販路拡大支援パッケージプログラムin インドネシア 説明資料

» 当日の参加申込企業一覧

事務局からは、今回のプログラムに関して詳細を説明させていただきました。今回のプログラムには、インドネシア共和国大使館・インドネシア大学の共催が決定しており、現地大手石油化学企業であるプルタミナ、チャンドラ・アスリ、国営肥料会社のププク・カルティムなど多くの企業から既にご協力をいただく予定となっている旨をご紹介しました。(詳細は説明資料をご覧ください

説明会終了後のアンケートでは、多くの参加者の方から「インドネシアプログラムにぜひ参加したい」「参加を検討したいので詳細説明に来社してほしい」といった回答をいただき、本プログラムに対する期待の高さがうかがえる結果となりました。

前回参加企業からこれまでの成果発表とインドネシア事業への意気込みも発表!

また本事業説明会では、前回までのシンガポール、タイとご参加いただいている株式会社一ノ瀬 常務取締役 一瀬知史様をお招きし、これまでの成果と今回のインドネシア事業への意気込みをご発表いただきました。一瀬様からは、前回までの参加により、現地ローカルの大手化学会社からの引き合いを得ていることが発表されました。

» 株式会社一ノ瀬様 ご発表資料

» 株式会社重化学工業通信社 丸田様 ご発表資料

「プロセス産業向け設備・システムASEAN販路拡大支援パッケージプログラムinインドネシア」の参加募集は12月初旬までとなり申込先着制ですので、ぜひ参加検討中の方は先着15社限定の企画となりますので、お申込をお急ぎください。

当日のプログラム

1)委員長挨拶

東京工業大学 名誉教授(元理事・副学長) 小川 浩平

2)全体概要およびインドネシア事業のご紹介

一般社団法人日本能率協会 アジア共・進化センター 上沖 典保
株式会社事業革新パートナーズ ラクスミ クスマワルダニ

3)前回参加企業による成果発表と事業紹介

株式会社一ノ瀬 常務取締役 一瀬 知史

4)インドネシアにおける化学・エンジニアリング産業の業界動向

株式会社重化学工業通信社 ENN編集長 丸田 敬

5)アドバイザー挨拶

東京農工大学 准教授 工学研究院 応用化学部門
工学部 化学システム工学科 ウレッド・レンゴロ

【お問合わせ】

一般社団法人日本能率協会 アジア共・進化センター 担当:上沖
TEL: 03-3434-0998
» インターネットからの問い合わせはコチラ

ページトップ