仏教と実業 (第26回一隅会より)

協和醗酵株式会社 会長
社団法人在家仏教協会 会長
加藤弁三郎氏 (当時の役職)

1972年8月19日、第26回一隅会においてご講演いただきました一隅会速記録をもとに、一部編集をしてお伝えいたします。
本講演内容は、ご自身の仏教とのかかわりをはじめ、仏念や在家仏教協会に関わる内容まで、実業と仏教のかかわりについて深い示唆を与えていただく講演内容です。

【第41回】10.在家仏教協会について - (6)

 ところが、いま私どもが言っている在家仏教会は、必ずしもそうだからこうしたというのでなしに、仏教雑誌でいまいちばんたくさん売れて、ポピュラーになっているのが『大法輪』という雑誌でございますが、この『大法輪』で、渡辺照宏先生とか増谷文雄先生とかという先生方が、日本の仏教を、このままではいかん、寺院仏教とか、葬式仏教だとか悪口ばかり言われて、そしてなにかしら、仏教は次第に先細りに衰えていくような感じがしてならないんだ。ここで活を入れて、もう一発仏教を盛大にさせたいと、それにはやはり在家者が中心になる、中心になるというとおかしいんですが、在家者が立ち上がって、そうして在家仏教というひとつのグループをつくって、人さまのほうから布施をもらうとかなんとか、そういうことを言わないで、みずから稼いで、みずから勉強して、そして自分は仏教を深く味わうんだと、こういうようなことを世の中に知っていただく。そういうやり方が、仏教をもう一回復元する、あるいは盛大にするのには有力な方法だというような趣旨のことを、さかんに論陣を張っておられたのであります。