仏教と実業 (第26回一隅会より)

協和醗酵株式会社 会長
社団法人在家仏教協会 会長
加藤弁三郎氏 (当時の役職)

1972年8月19日、第26回一隅会においてご講演いただきました一隅会速記録をもとに、一部編集をしてお伝えいたします。
本講演内容は、ご自身の仏教とのかかわりをはじめ、仏念や在家仏教協会に関わる内容まで、実業と仏教のかかわりについて深い示唆を与えていただく講演内容です。

【第26回】6.念仏は無我道である - (3)

 あるいはまた法華経を信ずる方は南無妙法蓮華経、こういうことでございますが、それらはみなそういうことから宗派が違っておりますけれども、しかし実際、如来のふところにとけ込む、あるいは如来を仰ぐ、こういう境地に立たされた人は、必ず自分を下が中の下、このように感じとっておるにちがいない。そうでなければ、私は如来を仰ぐといったって、口先だけのことだと思うのであります。なんか自分に少し値打ちが残っておって、百点じゃないが、まあ三十点ぐらいもらえるんじゃないかぐらいのことは、みな思っているんじゃないかと思いますが、そういうような、三十点でなくて三点であっても、なにか自分に点があると思えば、これは口先だけでありまして、ただ言辞を弄しておるだけだと私は思うのであります。真に如来を仰ぐ場合には、もはや自分に点などはつけられない。そこが無我の境地。でございますから、念仏はりっぱな無我道である。口先でない、ほんとに自分自身が無我の境地に入らせていただけるその道、それが念仏である。私の場合にはそのように教えられて、その教えを、そのとおりでございますなと、こう信じておる次第でございます。