仏教と実業 (第26回一隅会より)

協和醗酵株式会社 会長
社団法人在家仏教協会 会長
加藤弁三郎氏 (当時の役職)

1972年8月19日、第26回一隅会においてご講演いただきました一隅会速記録をもとに、一部編集をしてお伝えいたします。
本講演内容は、ご自身の仏教とのかかわりをはじめ、仏念や在家仏教協会に関わる内容まで、実業と仏教のかかわりについて深い示唆を与えていただく講演内容です。

【第25回】6.念仏は無我道である - (2)

 如来の前に出たら、如来の中においてはまったく平等で、愚が中の愚、狂が中の狂、下の中のまた下、このようなことだと思うのです。いやしくも伝教大師とおまえと同じだとはなにごとだと、こうおしかりをうけると思うんですが、それは伝数大師の学問とか頭のよさとか、りっぱな文章をお書きになるとか、そういうこと、これはもう比較にもなんにもなりません。これは比較しようともこっちは思いません。しかし如来からそういう信心を賜わる、これが『歎異鈔』によく出ておりますが、如来から賜わった信心という、如来から廻向されたところの信心、こういうとり方をする場合は、まったく平等ですね。それだからこそ伝教大師、衆生とともに、衆生と同じく妙覚を得んと思うとおっしゃるのはそのことなんです。これがもし、学問しなければのぼれんとか、あるいは道徳堅固にしなければのぼれんとか、商売なんかしておってはのぼれんというような教えであれば、これは私どもは救われません。なんとしても、これはやけのかんぱちで、自暴自棄におちいるほかないわけですが、そうではないんです、信心の世界というものは。この愚の中の愚、狂が中の狂、それこそがむしろいっそう目当てでありまして、それをともどもに悟りの世界に導こう、こういうわけなんです。それが念仏なんですね、浄土門の教えでは。これは浄土門ではそうなんで、禅はただ座るということです。