仏教と実業 (第26回一隅会より)

協和醗酵株式会社 会長
社団法人在家仏教協会 会長
加藤弁三郎氏 (当時の役職)

1972年8月19日、第26回一隅会においてご講演いただきました一隅会速記録をもとに、一部編集をしてお伝えいたします。
本講演内容は、ご自身の仏教とのかかわりをはじめ、仏念や在家仏教協会に関わる内容まで、実業と仏教のかかわりについて深い示唆を与えていただく講演内容です。

【第24回】6.念仏は無我道である - (1)

 そうしてそれこそがほんとうに宗教体験というものでございましょうし、またそれからあと念仏を唱えつつ、念仏の中において仕事をさせてもらう、そういうのが宗教的実生活だと、このように私自身は感じとっておるのでございます。これも、自分がそう考えてそう思うというのではございません。そのように教えられておりますので、その教えをそのまま、いかにもごもっともである、そのとおりでございますと、このように頭をさげておる次第でございます。
 これはしかしたいへんなことなので、ここではじめて、なにか人生というものが、ほのかにしか知りませんけれども、わからしていただいた。それよりもなによりもいちばん大事なことは、自分というものがなにものであるかということが、はじめて、これもまあおぼろげながらでございましょうけれども、わかったものでございます。知らしていただいたわけですね。それが、伝教大師が、さきほど申しあげたようにおっしゃっておるとおり、愚が中の極愚、ほんとにそうなんですな。だから伝教大師はうそをおっしゃっているんではないんだということが実によくわかるんです。ほんとに愚が中の愚、それはもう如来を仰ぐ人は、伝教様であろうが、親鸞様であろうが、法然様であろうが、ないしは私であろうが、こういう点だけは共通だと思うのです。