仏教と実業 (第26回一隅会より)

協和醗酵株式会社 会長
社団法人在家仏教協会 会長
加藤弁三郎氏 (当時の役職)

1972年8月19日、第26回一隅会においてご講演いただきました一隅会速記録をもとに、一部編集をしてお伝えいたします。
本講演内容は、ご自身の仏教とのかかわりをはじめ、仏念や在家仏教協会に関わる内容まで、実業と仏教のかかわりについて深い示唆を与えていただく講演内容です。

【第9回】1.伝教大師と山家学生式 - (9)

 その次にまたもう一つ出るんですが「三品の内、唯言ふこと能はず、行ふこと能はざるを、国の賊と為すと」これはまた最低ですな。言うこともできぬが、やることもやらぬ。このごろ、ややそれに近いのかちょいちょいと出るのではありませんか。言うことも言わない、行なうことも行なわない、そういうのは国の賊である。こういう言葉をお使いになるところに、やはり非常な強さがあるんですよね。一方では非常に謙虚であり、謙譲でいますけれども、道を求める道心にいたっては一歩も仮借しない、そういう強さがある。そうでなければ十九歳にして比叡山へあがって、それから単身、道を開こうというような、こういう元気は、よほどのしっかりした人でなければできるわけではないんです。それをおやりになったわけです。