仏教と実業 (第26回一隅会より)

協和醗酵株式会社 会長
社団法人在家仏教協会 会長
加藤弁三郎氏 (当時の役職)

1972年8月19日、第26回一隅会においてご講演いただきました一隅会速記録をもとに、一部編集をしてお伝えいたします。
本講演内容は、ご自身の仏教とのかかわりをはじめ、仏念や在家仏教協会に関わる内容まで、実業と仏教のかかわりについて深い示唆を与えていただく講演内容です。

【第8回】1.伝教大師と山家学生式 - (8)

 そうしてその次にこんどは、「能く行ひて言ふこと能はざるは、国の用なり」お役に立つ必要な人でございます。こういう人は大衆なんだろうと思いますが、これはどういう連中かというと、これはよく行なう、ほんとによく働く。だが言うことを知らぬ。言うことはできないんだ。言うことはできないが、やることはやるという、これは国の用なり、国用、とこういうことをおっしゃっておられます。そしてこんどは「能く行ひ能く言ふは国の宝なり」言うこともよく言い、そしてそのとおりよく行なう。よく言い、よく行なう。これが国の宝だ。それが一隅を照す人なんです。一隅を照らす人は、よく言い、よく行なう人、これはなかなか得がたいことで、それはほんとに国の宝でしょうな。今日、まあおたがいにそういう人を探しても、なかなかそう満点の方というのは少ないように見えますね。とてもようおっしゃる方が、なかなかそれほどおっしゃるとおりには行ないなさらんように見える。一方にはまた黙々としてやっている連中もございます。だまって働いておる。それらに対してよく言い、よく行なうというのは、これは田中さんに聞かしたら、おそらく喜ばれるでしょうなあ。色紙にでも書かれるかもしれません。とにかく、よく言い、よく行なうは国の宝なり、だからそれが一隅を照らす人なんです。