仏教と実業 (第26回一隅会より)

協和醗酵株式会社 会長
社団法人在家仏教協会 会長
加藤弁三郎氏 (当時の役職)

1972年8月19日、第26回一隅会においてご講演いただきました一隅会速記録をもとに、一部編集をしてお伝えいたします。
本講演内容は、ご自身の仏教とのかかわりをはじめ、仏念や在家仏教協会に関わる内容まで、実業と仏教のかかわりについて深い示唆を与えていただく講演内容です。

【第7回】1.伝教大師と山家学生式 - (7)

 それでは、その次どういうことを言っておるかと申しますと、「古哲又た云く」むかしの偉い人はこうも言っておるんだ。「能く言ひて行ふこと能はざるは、国の師なり」さきほどは国の宝、国宝でありますが、こんどは国の師、国師であります。国の師というのはどういう人かというと、能く言ひて行ふこと能はず、ちょっと皮肉にとれますけれども、おそらく皮肉ではないと私は思うのであります。言うことはなかなか達者だ。なんでも知らないことはない。とてもよく言う。言うことならなんでも言う。よく言うが、しかし行なうことができない。口では言うけれども、そのとおり行うことはできない。そういうものが国の師だ。取り方によりますと非常に皮肉になるように思うのですが、伝教大師は皮肉で言っておられるのではない。やはりこういう人も必要である。こういう方がたくさんおられたのでしょう。しかしそれはそれで師と仰ぐにはけっこうだけれど、おそらく私は、暗に奈良のお偉方に対して、これ、言っていらっしゃるのではなかろうかとも思います。私の想像であります。奈良の和尚さん方は国の師である。自分はそういう国の師を考えているんじゃなくて、国の宝を養おうと考えておる、それが言いたいのだろうと思うのであります。